浦和桜花賞トライアルのSⅡユングフラウ賞!今年はハイペースの予感。 | 優奈の馬券日記だよ♪ただいま競馬に夢中★
新型コロナウイルスに関する情報について

優奈の馬券日記だよ♪ただいま競馬に夢中★

毎日やってる地方競馬にハマってます!
中央競馬はときどき参戦です♪

食べたいの押してね

にほんブログ村 競馬ブログへ

 

浦和競馬場で行われる桜花賞のトライアル競走、SⅡユングフラウ賞。

このレースで3着以内に入った馬には、桜花賞への優先出走権が与えられる重要なレースです。

使用されるのは浦和ダート1400m。
第4コーナーの終わり辺りからスタートし、コースを約1周するレイアウト。

コーナーがきつく、内枠の先行馬が有利なイメージがありますが、重賞になると中間緩まずしまったペースになるため、外枠の差し馬が届きやすくなります。

2019年は7番人気のポッドギルが逃げ切り、単勝4750円、3連単317,610円と大波乱の結果になりました。

 


堅く収まったり、大荒れになったりとばらつきのあるレースですが、荒れるときは最内か大外の穴馬が好走してくるケースが多いです。

また、逃げ残りや先行のちょい差し、大外一気など決まり方も様々なので、メンバー関係からどのような展開になるのかもきちんと予想しておきたいところですね。

では、上記のことを踏まえて、好走してくれそうな穴馬を探していこうと思います。

[逃げ馬候補]
・ボンボンショコラ
・レイズアストーム

[差し、追い込み候補]
・レイチェルウーズ
・アクアリーブル

今回は逃げ先行系の馬が多くペースはハイペースが予想されます。

おそらく中央から移籍してきたばかりのボンボンショコラがハナを主張するでしょうが、大外のレイズアストームもそこに競りかけていく並びになるでしょう。

先行集団もごったがえし、外外をまわらされたり、内で窮屈になってしまったりという馬が多い中、展開が向きそうな穴馬はこちらです!


・アクアリーブル
門別でデビューし、早くも今回が13戦目のアクアリーブル。

1000mを中心に使われるも、オープンクラスでは頭打ち。
しかし盛岡の知床賞を勝ち、南関に移籍してからはすべて馬券内に走ってきてくれています。

成績と上がりの脚を比較してみると、門別や大井などのコーナーが広く最後の直線が長めのコースはこの馬にとって不利。

長くいい脚を使うことがまだ難しく、トップスピードのある馬たちに差されてしまいます。

 

 

 

反対に船橋や盛岡など、コーナーがきつく他馬が直線に入ってから加速するようなコースでは◯

直線を向いてからの反応とスピードののりがよく、一歩抜けたパフォーマンスを出してくれます。

レイチェルウーズやアンジュエトワールなど、デビューから無敗の強い馬もいますが、

南関移籍3走目、ここでの善戦も期待したいですね!

 

中央競馬や地方競馬の予想はこちら

↓クリックして追加お願いします。

keiba

 

 

↓先週も絶好調の競馬予想↓

 

http://fm.okawa-god.jp/?action_FrontDesk=true&id=7ae9911af6&ad_code=td00011