社労士法人ナデック 山野陽子が贈る経営者のためのビタミンメッセージ

社労士法人ナデック 山野陽子が贈る経営者のためのビタミンメッセージ

三重県のやる気社長の「社長力」アップを支援する
経営人事コンサルタント・山野陽子が綴るBREATHEメッセージ。

 



  
 

令和21128日 土曜日。

 

今年最後の自社開催セミナーが終了しました。

 

コロナ禍、第3波到来、リアルセミナーの是非。

いろいろと悩んだ挙句の愛知県での開催でした。

 

ただ、ご参加いただいた方々の真面目な受講姿勢や

終了後のアンケートを拝見して、開催してよかったと

すこし安堵しています。

ご多用な中、ご参加いただいて、ありがとうございました。

 

2020年もあと1ヶ月となり、

先日から、2021年上半期の営業活動計画を煮詰めていました。

 

理想と現実の間で、このところ悶々としていましたが、

今日、ようやく自分の中で決断ができました。

 

師走目前。

ノンストップで駆け抜けていきたいです。

令和21121日 土曜日。

 

マスクして、

手指消毒して、

検温して、

換気して、

時間短縮して、

ソーシャルディスタンス取って、

昨日、約9ヶ月ぶりのリアルな「セミナー」を

開催することができました。

 

令和3年、派遣法は改正省令・指針が施行されます。

また、同一労働同一賃金の2年目としての「一般賃金」も

公表され、にわかに対応が必要になってきました。

今回のセミナーは、派遣事業をされている会社様、または

派遣業務を受け入れている会社様向けの内容です。

 

実は、この内容については、公的な機関でさえ説明会が

ほぼ開催されていません。

コロナ禍ということもあり、3密を避ける状況だからなの

かもしれません。

 

ただ、昨日、ご参加いただいた方々からは、気安く相談できる

ところがなかったので、この機会はありがたいというお声を

たくさんいただきました。

 

私たちには、お伝えしたいことがたくさんある。

そして、きっとお力になれると思っている。

 

ソーシャルディスタンス。とても歯がゆいですね。

でも、だからこそ、人としてふれあいたいなと思う毎日です。

きっとまた、気軽に握手できる日が来ます。

それまでは、ソーシャルディスタンス!

 

1128日(土)。今年最後のセミナーをやります。

ご関心ある方は、ぜひどうぞ↓

派遣法改正セミナー | 派遣法改正・派遣業許可サポートセンター (hakengyou.com)

 

 

 

令和21114日 土曜日。

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の

3波がやってきていると言ってもいい11月。

年末年始のイベントもまた自粛傾向になるのでしょうか。

 

暗いニュースが多い中で、先日、赤ちゃん本舗さんが

発表された「2020年赤ちゃん命名・お名前ランキング」。

(数の話です。)

 

 

今年もステキな漢字がたくさん並びました。

男の子のランキングでは、「蓮(れん)」ちゃんが5年連続首位。

女の子のランキングでは、「陽葵(ひまり)」ちゃんが2年連続

首位だとか。

 

ちなみに男の子の2位は「陽翔(はると)」ちゃん、

女の子の3位は「陽菜(ひな)」ちゃん。

 

男女問わず、全体の傾向として、太陽や月、光にちなんだお名前が

増えているそうです。

明るさを求めている、世相が色濃く反映しているのでしょうか。

 

願いをこめてつけられたお名前。

それぞれの個性を思いっきり発揮できるといいね。

皆さんの未来に「good luck!!」です。

 

P,S.

私も明るい名前を、ずいぶん前につけていただきました。

「陽子」です。 こちらもよろしくお願いします^^。

令和2117日 土曜日。

 

事業者に実施が義務付けられている健康診断は、

いくつもありますが、1年に1回は実施しなければならないのが

「定期健康診断」。

 

先日、私も、仕事の合間をぬって受けました。

既往歴や業務歴の調査、自覚症状や他覚症状の有無、

身長、体重、腹囲、視力・聴力の検査、血圧測定、心電図検査・・と

いろいろあるわけですが、今年はコロナ禍の影響で、密を避けて

しかも淡々と行われていきました。

 

いつも感じるのが、こんなにサラ~とした検査でいいのかな・・。

もっとじっくりとチェックしないのかな・・。

 

先生の診察もとっても淡泊で、特別に悩みがあるわけでもないのですが

身長が前回に比べて1cm低かったので、そのことを話したら

「今日の数字は、誤差の範囲だよ。大丈夫! 問題なし、以上!」と

言われて終了。

 

会社にお金出してもらって、仕事日の中抜けで受診させてもらってて

こんなに簡単でいいのだろうかと思ったりしました。

 

帰り道、ハッと気づいたのが、「病は気から」という言葉。

先生が「大丈夫! 問題なし」って言って下さったのだから、素直に

そうなんだ。ありがたいなぁ。と思えばいいのだと。

わざわざ心配することはないのだと。

 

年齢が増えるたびに、物事に理由付けをしたがり、

あれこれと要らぬ情報や知識を求めたがる。

知らなければ幸せってこともたくさんあるはずなのに・・・。

 

全ての健康診断結果は、まだまだ先ですが、

少なくとも「気持ちはいつも明るくいよう」と思いました。

きっとうまくいっていると。

 

令和2年1031日 土曜日。

 

「うちも、そろそろ会社の規則を作らなあかんなぁ。

山野ォ、おまえ作れるか?」

そう言って、専務は私に大仕事を投げてきました。

これは、今から30年ほど前に勤めていた、小さな会社での

ある日の出来事です。

 

今でこそ、「会社の規則」いわゆる就業規則を作成するのは

私の仕事のひとつになっていますが、

当時、20代後半にはなっていましたが、労働関係の法律はもとより

規則を作成する技能も関心も全くなくて、徹底的に拒みましたが・・・、

業務命令には勝てませんでした。

 

今でも覚えているのが、第1条に、会社の理念みたいなものを

盛り込んだのですが、あまりにも現実離れしていて、

自分で作成しながら、大笑いしてしまいました。

半分ぐらいまで作成したのですが、途中で辞めました。というか

会社を事情があって辞めました。

 

今となっては、懐かしい思い出ですが、当時作成していた規則案を

専門家として仕事にしている今の立場から読んでみたいと、

叶わぬことではありますが、時折、心によぎったりします。

 

人生の中で、何と何がつながるか、わからない。

誰と誰が引き寄せあうのか、わからない。

だから、すぐに結果を求めないこと。

すぐにあきらめないこと。

人生の意味は、いつ見つかるかもしれないのだから・・。

 

そうですよね?