毎日35℃の「猛暑」が続くここ秋田県県南。
北海道から出張で来ている担当セールスも、この暑さには辟易しているご様子。
湿気が凄いのでキツいんですよね?(肌はしっとり...ですが^-^;)
何年かすると慣れると思います笑い泣き頑張ってください!

昨日の夕方...
「お父さんが仕事から帰ると直ぐに倒れ込んでしまいました!凄い量の鼻水がダラダラ出て、吐き気がして気持ち悪い!と言ってます。何を飲ませたら良いでしょうか?」と、奥様から電話。頭痛やメマイも手足の痙攣もない。

外と「ガンガン冷房」の仕事場を出入りするそうで「冷房で風邪を引いたのかな?」と、風邪薬を飲ませると、10分後再び電話。
ますます気持ち悪がっている...とのこと。
吐けるなら吐いた方がいいので...とお伝えして、その後「熱中症」の漢方薬を飲ませてもらうことに...

数十分後、ようやく落ち着いて事なきを得ました。
本当にこの時期は難しい!
「風邪(コロナ)か?熱中症か?ワクチンか?」
側にいる人からの情報で判断するしかないので間違いもあり得ますが、10分で効果が無ければ間違っている...と知っているお客様のお陰で、直ぐに薬を変えることができる...ありがたや!

もっと「漢方」をみんなに知って欲しい。普及して欲しい!
そうすれば、発熱したくらいでコロナの検査を受ける必要が無くなる。滝汗

とは言え、これからも永遠に漢方薬は「マイナーな治療法」であり続けるのは確かでしょう。
何故ならそれは「個人技」で、ある意味「職人芸」だからです。
皆が皆、同じ処方を出している訳ではありません。よって、効果にも「バラツキ」があります。
それに「生薬の供給」にも限度があります。ムダ使いはできません。

国民のごく「一部」の人達が「漢方の恩恵」を享受して健康に生きていく...
最近はそれで良いと思うようになりました。
だからこそ「希少価値」があるのです。有名ブランドのバッグと同じですね⁉(笑)デレデレ
皆に飲んで貰いたい...と思うのは辞めました❗
選ばれた貴方だけが飲める「サイコーの健康法」です❗



ベルオンライン漢方相談受付中!
漢方相談スミレ
秋田県大仙市
TEL 0187   62-6415