scopeさんのサイドカトラリー | モノとコト

モノとコト

シンプル&スマートに生きたい願望と物欲との矛盾に苛まれる私の日々のひとりごと
全てはモノとコトで出来ている


テーマ:

 

以前、scopeさんのサイドカトラリーのスプーン×2個を購入したことは記事にしましたが↓


 

その後、当時売り切れてて買えなかったショートピックとミニプーン、及び迷っていたフォークも追加購入しました。

 

こちらはミニスプーン。

 

scopeさんのページにあった通り、粒マスタードや薬味用にぴったりです。

粒マスタードは週の半分ぐらい使うので既に大活躍。

キッチンツールキャニスターの70㎜片口に塩や薬味を入れて使うのにも合いそうです(私は所持していませんが)。

 

こちらはショートピック。

 

ピクルスとかオリーブとか。

 

チーズとか。

 

ショートピックは洋のおつまみ用としてぴったりです。

大体scopeさんの真似だけれども(;^_^A

 

東屋の姫フォークと若干用途が被るかなと思ってちょっと迷いましたが、姫フォークは和のデザート用、ショートピックは洋のおつまみ&デザート用として使い分けられたら良いかな。

やはり柿は東屋の姫フォークで食べたいし、オリーブやピクルス&チーズはプルーフオブギルドデザインのショートピックで食べたいです。

例えモノが増えようとも。

 

 

さて、一方でミディアムのフォークです↓

 

 

元々フォークは使用シーンが思い浮かばず一旦は保留したのですが、同スプーンがあまりに美しかったので(笑)、あればあるで何かしら使うだろうと見切り発車致しましたあせる

事実、この柄の部分の細さやクローム仕上げの艶感等。

唯一無二だと思います。

我が家では御覧のようにウィンナーや、ちょっとしたおかずを取り分ける用として使っています。

別にこれで無くても良いのだけれど、これであれば尚のこと気分が上がるのです。

見た目はスプーンよりも好きだったりする(見た目って…)。

 

 

こちらは最初に購入していたミディアムのスプーン。

 

東屋さんのジューサーに誂えたかのようにピッタリ。

 

ドレッシングやレモンスカッシュ等を作る時に大活躍しています。

カイ・ボイスンのティースプーンでもこの辺りは賄えるのですが(事実こちらを購入するまではカイ・ボイスンを使っていた)、やはりこのサイドカトラリーのスプーンの方が俄然しっくり来ますね。

柄が細いから主張しないのが良いのかな。

とにかくバランスが最適で色々使えますので、クリームやディップを塗る時にも大活躍しています。

 

作るのが大変に難しいらしくて、小さい割にはそれなりのお値段がするサイドカトラリー。

全て新潟県燕市の大泉物産で作られています。

大泉物産と言えばカイ・ボイスンのカトラリーを製造している、かの有名な金属加工メーカー。

我が家のメインカトラリーは全てカイ・ボイスンのミラーで揃えているので、それらと合わせても当然良く合います。

 

良い食器と良いカトラリーは使用後の画もサマになる。

 

最近は服でも何でも、

「長く使える良いものを…」

と選んでおりますが。

服や服飾雑貨は例え素敵なデザインで上質な素材作られていて高価だったとしても。

どんなに大切にしてケアしようとも。

いずれ、数年という単位で消耗しダメになってしまいます。

愛用すればするほどです。

服に一生ものなど無いというのは良く聞く話ですね。

 

でも、カトラリーは一生もの、ともすれば代を跨いで使える数少ない日用品だと思うのです。

食器も丁寧に扱い割れさえしなければ朽ち果てることなく使えますが、カトラリーに比べればやはり破損のリスクが高過ぎるかな。

カトラリーにはジュエリーのような、そんな価値があると勝手に思っております。

もちろん探せば上には上の超ラグジュアリーなカトラリーが存在するのでしょう。

けれどもscopeさんのサイドカトラリーは幸い私のような庶民にも手の届く範囲。

今や100均でもそれなりの見た目のカトラリーが手に入る故、最初はどうしても、

「こんな小さなカトラリーにこの値段?」

って躊躇してしまうかもしれませんが、考えてみれば1本辺りファストファッション1着分(のセール価格)程度なんですよね。

それならば1シーズンで飽きたりダメになったりするファストファッションを何着も買うよりは、こういったカトラリーを何本か揃える方が気分的にもずっと良いなと、最近はすごく思うようになりました。

もちろん価値観は人それぞれですから、あくまで私はなんですけれども。

 

ちなみに現在所持しているサイドカトラリーはこんな感じ↓

 

 

右から、

ミディアムスプーン×2本

ミディアムフォーク×2本

ショートピック×4本

ミニスプーン×2本

です。

我が家は夫婦2人暮らしで来客なぞ滅多にない家ですからあせるこのぐらいで十分かな。

ショートピックのみなんとなく見栄え的に?4本にしましたが実際2本でも足りると思うー。

 

 

ショートピックとミニスプーンは、東屋の姫フォーク同様scopeさんのオリジナルキャニスターに入れております。


 

サイドカトラリーもキャニスターも、同じscope×プルーフオブギルドの共同開発品ですから当然合いますね( *´艸`)

和の時は姫フォークの方を、洋の時はショートピック&ミニスプーンの方を食卓に持って行けばOK。

 

無ければ無いでなんとでもなるサイドカトラリー。

でも、料理や食べ物を盛り付ける際にそれらが最も美味しそうに見える食器を選ぶのと同じように。

カトラリーを選ぶというのもなかなか楽しい過程なんだなと気付きました。

 

 

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

yupuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス