モノとコト

モノとコト

シンプル&スマートに生きたい願望と物欲との矛盾に苛まれる私の日々のひとりごと
全てはモノとコトで出来ている

以前同じアメブロでコスメブログを書いていましたが、

心機一転して新たにブログ開設することにしました。

特にこれと決めずに書きたいことを書きたいときに書こうと思ってます。

旧ブログの更新が滞ってしまった理由の一つがコメントへの対応がしきれなくなってしまったこともあり、こちらではコメント欄は閉鎖する方向です。

同じ理由で相互読者登録なども行っておりませんのでご了承下さいませ。

何かございましたら直接メッセージ下さい。

アフィリエイト、宣伝、モニター等は一切ありません。


さて。

気付けば大晦日ですね~。

順番でいったら「買って良かったもの~scope除く編~」の記事を書く予定だったのですが、まだ写真も撮っておらず間に合いそうもないので汗急遽番外編でも書いて今年のブログを締めようかなと思います(なんかバタバタ)。

 

「2018年、ショッキングだったこと編」です。

とは言えそんな重い話では無く、うっかりお気に入りを破損させてしまってショックだったランキングです。

大体1年のうちに3つぐらいは大切な食器や雑貨等を割ってしまったり、大事なものを壊してしまったりして落ち込むことがありませんか?私だけ?

2018年はなぜか特にそいういうことが多い年だったように思います。

まぁ、どれもこの程度のことで良かったと思える話ばかりですのでさらりとご紹介~。

 

まずは第3位から~。

 

3 scope 印判鳥獣五画(カッコー) 欠ける

 

過去記事でも書きましたが、食器洗い中にご飯茶碗を落として欠けさせてしまいました。

よりによって五画の中でも最も気に入っているカッコー柄汗

欠けた部分は微々たるものなので金継ぎとかで復活させられないかなと思いましたが、金継ぎ食器は電子レンジが使えない等色々制限があり実用的ではないように感じて結局新たに買い直しました。

五画セットで購入したものでしたが、幸いばら売りもしていたことや、そもそも普通に現在も販売されているものであったことが不幸中の幸いかと思います。

私が愛用している食器の中には既に販売終了となってしまっているものも多いので…。

 

続いて第2位↓

 

2 ドゥーズィエムクラス トリアセジョーゼットペンシルスカート 裂ける

 

大晦日にお見苦しいものを失礼いたします(後ろのゴチャゴチャも何とか出来なかったのかと)。

こちらはまだ紹介したことはありませんが、秋口にセットアップで購入したスカートです。

ドゥーズィエムクラスの定番品らしく、セットアップで冠婚葬祭用としたり、スニーカーやざっくりニットでカジュアルダウンさせて普段使いにしたりと応用が利きそうだなと思って購入しました。

実際に穿いてみるととてもラインが綺麗で速攻でお気に入りになったのですが…。

初めて穿いたその日にがっつりスリットが裂けました…がっかり

 

 

確かに足さばきはあまり良くなく、かなり小股で歩かないといけない感はありました。

でも私、自他ともに認めるがさつな大股歩き。

結局やってしまいましたー。

道理で途中から歩き易くなったと感じたわけです(笑)。

私的には決してお手頃価格というスカートでは無かったのでかなりショックではありましたが、気に入っていたので洋服のお直し屋さんに出してきちんと直してもらいました。

ついでに反対側のスリットも含めて裂け難いよう追加加工もしてもらったのですが。

 

数日後、今度はスリット付近のパイピング部分の糸がほつれるって言う…。

裏側だけだったのでそのまま穿いていますけどね。

結局のところこの辺りにかかる負荷が半端無いのでしょう。

私の足が逞し過ぎるのか、大股歩きがガサツ過ぎるのか。

1サイズ上なら合うのかなとも思いましたが、恐らくそれだとお尻から下は合ってもウエストが緩くなってスカートが回ってしまうパターンになりそうな気がします。

認めたくないけれど要は私の体系にはあまり合わないスカートなのかなぁ。

穿いた時のラインは本当に綺麗でお気に入りなんですけれどね。

 

とにもかくにもおろした初日にスリットを裂くというショッキングさながらも、お直しで復活したという点からなんとか2位にランクインです(!?)。

 

さてさて。

映えある??今年最もショッキングだったことはこちら~↓

 

1 ケーラー ノビリツリー ホワイト S 割れる

 

まぁ写真のまんまなのですが汗

先月購入し紹介したばかりのノビリ(過去記事)を割りました。

しかもめっちゃ派手にがっかり

クリスマスも終わってそろそろ片付けようかと思っていた矢先。

SとMを乗せたトレーごと移動させようとしたら指が引っかかってSサイズのみが宙に舞いまして。

その様は正にスローモーション。

気付いたらリビングにノビリの破片が飛び散っておりました…。

一瞬頭が真白になるというのはこういうことを指すのだなと知りました。

一緒にトレーに乗っていたMサイズは全くの無傷であったこと、宙に舞った割には他に巻き添えを食らったものが無かったのは不幸中の幸いだったかな。

これだけ木っ端微塵ならば何の未練も無く処分出来るってなもんです。

ただこちらはどのサイトでも早々に売り切れてしまっており、現在実質入手不可。

今年もスタンバってようやく手に入れたものだけに、来年買えるのかどうかも不明。

苦労して手に入れ、とても気に入っていたのに僅か1か月で割ってしまったことや、今度いつ購入することが出来るのかも分からないという点等から断トツの1位でございます…。

 

以上が今年ショッキングだったことワースト3でした。

今年最後の記事がこんな終わり方で良いのかしら~?

 

「2018年買って良かったもの~scope除く~」は新年に持ち越します。

何て無計画なんでしょう。

明日からは一週間程帰省するのでブログ再開はその後。

皆さま、良いお年をお過ごしくださいませ。

 

 

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

 

今年もこの季節がやって参りました。

そして今年も、scope編とその他で分けて発表致します。

そうじゃないとscopeさんで購入したもので占領されかねませんので汗

 

まず何と言っても、今年購入したモノの中でNo.1はこちらでした↓

 

1 Bellmanのウイスキーグラス (過去記事

 

これは本当に買って良かった。

過去記事でも紹介したように日本酒にはもちろん、食事中のお茶やお水用としても毎日愛用しています。

ベルマンにはちゃんとワイングラスもあるのだけれど、専用グラスを揃える程ワインを飲まない私はワインもこれで。

口当たりがとても柔らかくて独特で。

本当なら日常のお茶やお水用としてはもう少しお手頃な、割れても涙を飲めるぐらいのものが良いのかもしれませんが。

こちらを知ってしまうと他では物足りないのです。

いずれ買い足そうと思っており、何だったらタンブラーも揃えようと意気込んでいたのですが…。

なんと。

ベルマン自体生産終了とのお知らせが…。

気付いた時にはscopeさんの在庫は無く、現在途方に暮れております…。

こんなに毎日愛用していて万一割ってしまいでもしたら涙を飲むどころか涙さえ出ないです。

でもシャチョウさんの話では、インゲヤード・ローマン氏にとってベルマンは大切な物でして、いずれ別の形ででも生産されるのではないかということでしたので、そちらに期待して今所持しているベルマンを大切にしていくしかないですね。

最も手の届き易いところに常備しているせいか夫が気軽にドリップ済みのドリッパーやティーバッグの一時置きにしたりしており、これまでは黙認していましたが、そろそろ一言呈しようかしら真顔

 

そして第2位はこちら↓

 

2 東屋の急須・茶海・茶筒(過去記事

 

正確には昨年の12月に購入したものですが、昨年の”買って良かったもの”に間に合わなかったので今年に入れちゃいます。

購入以来毎日というわけにはいきませんが、お休みの日は必ずこちらでお茶を淹れています。

当然ですがティーバッグで淹れるお茶とは味も香りも色も全然違うんです。

急須と茶筒は経年変化が楽しみでもあるのですが、1年前と何か変わったかしら??

こちらも万一割ってしまったら必ず同じものをリピートするだろう程気に入っているセットです。

 

続いて第3位は購入したばかりのこちら↓

 

3 ウルティマツーレ キャンドルホルダー(過去記事

 

あまりに入手したばかりなのでちょっと迷ったのだけれど、とにかく気に入ってしまったので。

キャンドルホルダーに目が無い私ですが、最近あまりに増え過ぎてしまった為にこれでも一応自重していました。

とか言ってノビリ買ってたりするんだけど(過去記事)…。

でもこのウルティマツーレはスルー出来なかったよー。

scopeさんの写真が…(以下略)。

今年の 「Fabric of the day」 の ”Polar Byzantine”と併せて使うと本当に素敵で。

kiviとはまた違う静かな重厚感と華やかさを兼ね備えた雰囲気が堪らないです。

なんとなくカステヘルミに似てるのかなと思ってましたが、カステヘルミが女性的ならばウルティマツーレは男性的?

カステヘルミ持ってないのであくまで印象でしかないのですが(おい)。

kiviは様々な色を好みで組み合わせて複数個灯すのが好きですが、ウルティマは何もない所に1個~多くても3個程度を並べて静かに火を灯すのが合う気がします。

ティーライトキャンドルホルダーはkiviだけあれば良いって思ってたけど、これからはウルティマツーレも欠かせません。

 

4位はこちら↓

 

4 scope サイドカトラリー(過去記事

 

多分無ければ無いで何とかなるアイテムではあるのですが。

あったらそれだけでテーブルの雰囲気がグッと格上げされるので、病みつきになるカトラリーです。

先日のクリスマスのテーブルでも大活躍でした。

私はまずミディアムスプーン×2(写真一番右)を購入し、後から、

ショートスプーン×2(写真一番左)

ショートピック×4(写真左から2番目)

ミディアムフォーク×2(写真右から2番目)

を追加購入しました。

ミディアムスプーンは主に手作りドレッシング用かお酒のステア用で、その他はおつまみやマスタード等の薬味用に使うことが多いです。

カトラリーに拘る楽しさを教えてくれたアイテムでこれからも一生使っていくと思うので4位にランクイン。

 

そして第5位はこちら↓

 

5 アラビア ムーミンマグ 2016 冬限定 スノーホース

 

今年(2018年)言っときながら2016年の限定ものな上、そもそも身銭を切って購入したものでもないので迷いましたが。

あまりにも気に入っているのでランクインさせてみました。

こちらは今年8月にscopeさんで買い物した際(過去記事)のomkで入手したものです。

何となくomkで選んだにも関わらず、現在毎日のコーヒーやお茶にと大活躍。

これまではシンプルなティーマのマグを愛用しておりましたが、完全に取って代わりました。

マグって普通の食器と違ってそれ単体で使うことが多いから、こんな風にちょっと絵柄が入っていても使い易いんですよね。

むしろその方が愛着が持てるのかも。

万一割ってしまったらまた同じものを探し出して購入する自信があるほど気に入っています。

 

 

その他にも、パープルパラティッシのティーカップ&ソーサーや、フローラボウル80㎜(クリア)scopeオリジナルハンガー等も候補で今年はなかなかの激戦でした。

そんな中で今回のベスト5に選んだものはほぼ毎日使うアイテムばかり。

その上使う度に気分が上がり、毎日がちょっと良い気持ちで過ごせるというのが共通点でしょうか。

まぁscopeさんで購入するものは基本そういうものばかりなんですけどね。

来年はどんなアイテムと出会えるのか今から楽しみです。

 

次は「買って良かったもの~scope除く~」編をお送り致します。

 

 

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

 

毎年この時期の定番となりつつあるscopeさんからのクリスマスプレゼント、

「Fabric of the day」

のクリスマスバージョン。

昨年初めて購入した”KIRO”があまりにも好き過ぎて(公式)(過去記事)、それで十分満足しきってしまっていた私は今年は購入する予定ではありませんでした。

と言いますか。

我が家にはダイニングテーブルが無く、食事はコタツでしておりますので汗

そもそもテーブルクロス自体使う習慣が無いのです。

時々、コタツに”KIRO”をかけて、

「これは憧れのダイニングテーブルなのだ」

と思い込んで食事を並べたりするだけですので”KIRO”1枚あれば十分。

 

なのに今年の”Polar Byzantine”もなかなかに素敵ではないですか!

ちょっと柄がハッキリしているから使い難いかなぁと思い悩みましたが、案の定scopeさんのテーブルの写真にやられました。

ナニコレ、素敵過ぎる。

特にウルティマツーレとの相性は抜群で(そもそもウルティマツーレと合うようにデザインされたらしい)、その中でも個人的にはキャンドルホルダーを飾った写真にとどめを刺されました。

 

 

というわけで、残り1600枚/5000枚ぐらいのところで購入。

今年は例年より価格設定が上だったこともあってか(それでも十分安いけれど)少し在庫に余裕があるようにも見受けられましたが、買いそびれたら絶対に後悔すると思ったので買えて良かったです。

 

流氷モチーフのクールなファブリックかと思いきや、良~く見たら中央にこんな子が!

 

クラウス・ハーパニエミ氏の遊び心?

最初ペンギンかなと思ってたのですが、実はアザラシらしいです。

可愛い( *´艸`)

 

当然こちらを購入したからにはセットでウルティマツーレのキャンドルホルダーも。

 

左からフロスト・クリア・レインです。

 

手前からクリア・フロスト・レイン

 

kiviぐらいの大きさを想像していたので、第一印象は「意外と大きいな」でした。

 

両手で包んで丁度良いぐらいです。

 

左からレイン・クリア・フロスト

 

ラップランドの氷が溶ける様子にインスピレーションを受けたというウルティマツーレ。

脚の部分は、溶けた氷がツララ状になっているのを模しているそうです。

こうしてキャンドルを灯すとまるで本物のアイスキャンドルのよう。

特にこのぐらいの夕暮れ時等に灯すと本当に綺麗です。

ティーライトキャンドル用のキャンドルホルダーはkiviがあれば十分と思っていましたが、それとはまた違った魅力がありますね。

kiviは色や数を並べて勝負といったところですが、ウルティマツーレは3つぐらいをまとめて置けばそれだけで十二分の存在感があります。

今年のクリスマスのテーブル(コタツ)は、”Polar Byzantine”と”ウルティマツーレのキャンドルホルダー”の組み合わせで行きたいと思います。

 

 

ウルティマツーレが思っていた以上に素敵過ぎて、グラスや食器にも興味が湧いてきてしまいました…。

これ以上増やしたら収納場所が…汗

このグラスでお酒飲んだら美味しいだろうなぁ( *´艸`)

 

そして当初予定には無かったのですが、scopeさんの予告ページを見てどうしても欲しくなってしまったこちら↓

 

 

イッタラのオーナメントボール5個セットです。

ケーキみたいな箱に入っていて開けた瞬間テンション上がる。

 

以前より素敵ブロガー様達がこぞって紹介されており気にはなっていたのですが…。

ガラスのオーナメントは割る自信があるから避けていた上、直径80㎜のオーナメントボールは我が家の150㎝ツリーには少々大き過ぎる。

そんな理由から争奪戦(になると予想されていた)に参加してまでは…と思っておりました。

なのに相変わらずscopeさんの購買意欲をそそる紹介文や写真はズル過ぎる。

どうしても欲しくなってしまい急遽争奪戦に参戦することにしました。

前もってログインを済ませ、販売開始時刻の22時ぴったりにカートにイン。

以前シャチョウさんがどこかで、

「代金引換にすると決済に余計な時間がかからなくて早い(=有利)」

とおっしゃっていたので代引きにし、omkも諦めて速攻注文致しました。

ちなみに楽天店はスーパーセールやらポイントアップやらで(その辺全く詳しくないので良く分からないけど)より競争率高そうだったので本店一択。

最後の注文のボタンを押してから画面が切り替わるまでかなりの時間を要したのでドキドキしましたが、おかげで何とか購入出来ました。

こんなにもスタンバって争奪戦に参加したのは以前の東屋のジューサーの時以来です。

予想通りかなりの争奪戦だったようですので、買えたのは本当にラッキーだったのだと思い大切にしたいと思います。

 

 

実物は意外と大きく、ちょっと落としたぐらいでは割れなさそうなしっかりした作りです。

一つ一つマウスブローで作られていますので、ならではの濃淡があってそれがまた綺麗。

 

 

でも実はまだ良い飾り方が見つからず…。

我が家のツリーにはやはり少々大きかったのと重みがあって上手く飾れませんでした。

本当は窓辺に吊るしたかったのだけれど、我が家には丁度良い窓が無いんですよね。

なので暫定的にこんな感じで適当に転がしています。

枝ツリーとかに飾ったら綺麗かなぁ。

 

 

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村