2018年04月15日

ある男の日課

テーマ:ブログ

こんばんは

今日僕が書く男は

耕せの卒業生

そして

2年前の東京での相談会

そこで出会った男です




名前はカズ
耕せでは
わがやん
というあだ名の男




何かの拍子で落ち込むと
いつもいつもこれでもか!というくらい
自分を責めて


苦しくなると
その環境から逃げ出したくなる



そんな事を繰り返して来た男です



去年は熊本に連れていき
一度
30発くらい殴った事もあります


彼が
なぜそんなに自分を責めるのか?


それは彼の育った環境に原因があります


自衛隊のお父さんが
彼に対してした教育は



全ての評価をお父さんが決める



そんな教育方針でした

彼に聞くと
そのお父さんに
心から認められた事
そんな記憶は一つもないそうです



何をやっても
減点方式で評価され

認めてもらう事が一度もない



そんな彼は
次第に自分を信じる事が出来なくなり


その結果
耕せに行くことになりました。



耕せの卒業を迎え
僕と会ったのは
相談会



その場でも
自分へのダメ出し
そのオンパレードでした



僕はその場で

師匠がよく言う

” でも ” を ” こそ ”
に変える


これをなん度も彼に繰り返しました


そのわずかな時間の中の
小さな積み重ねで
彼は表情が明るくなり
僕は


” 何かあったらいつでも電話してこいよ ”



そう伝え彼とは別れました



それから数ヶ月後
知らない番号がなり
電話に出ると
その相手は彼でした



内容は氷室建設で働きたい

理由は


” 氷室社長から学びたい ”


そんな理由でした


うちに来てから約一年


先週
内勤当番だった彼とミーティングで話をしてた時
あるルールを決めました



そのルールを決めた理由は


彼が酒を飲んでクダを巻く
それをまだ繰り返していると知ったから



彼は前から酒を飲むと
シラフの彼ではとてもじゃないけど
言えない様な事を言う癖がありました



翌日
彼にその事を言っても



” そんな事僕言ってません! ”



記憶にないんです

しかも
そんなひどい事を言うわけがない
そう思ってる



でも聞いてる側は
そんな言葉を何度も聞いてる


それを熊本から先週まで繰り返していた



彼に記憶はないけど
少なくとも
彼の中で出したいけど出せない
言いたいけど言えない



そんな物があいも変わらず
溜まってるんだと知り



カズに言いました。



” お前が酒を飲んで言ってる事は お前が思ってる事なんだぞ ”



” お前が言っちゃいけないと思ってる事は 必ずしも相手が傷付くとは限らないんだぞ ”



” 迷惑かけちゃいけない 不快な思いをさせちゃいけない そう教えられたからと言って お前が苦しんでるんでは 意味ねーだろ ”



彼は
お父さんからの呪縛から
未だ抜け出せないでいました



だから
さっきの様に伝えた



それがルールを決めた理由です



そして決めたルールとはなにか?




” 1日1回俺に罵声を浴びせろ! ”




”いやいやいやいや!そんなん無理です! ”




即答でしたけど
問答無用です。



” いいか?かず お前が思ってるほど 人は受け皿小さくねーぞ お前が思ってる以上にお前や事思ってくれてるんだぞ ”



” それは お前が体感しなわからんから これから毎日 仕事終わって部屋に帰ったら 俺に罵声の電話してこい ”




結果
今日で5日目



言う前に毎回


” 本当に無いんですよ ”

優しいあいつは必ず前置きを付けてますが
今日まで続いてます




1日目
バカヤロー



2日目
社長はスーパーブラックですね



3日目
玉ねぎ頭



4日目
テポドン



5日目
大うつけ

{97035842-0533-4626-AE30-95C89BA07C78}



この中で一番面白かったのが
テポドンでした



何故なら 毎回その言葉の理由を聞くんですけどど

なんでテポドンなの?

と聞いたら




五秒くらいだまり

小さな声で言いました







” 脅威 ”
だからです。





彼にとって僕は脅威らしいです

当然そんなもんは
爆笑して終わりましたけど



今日彼と話をしていたら
彼はとても大切なことに気付きました



それは


” 僕は人にではなくて 環境で浮き沈みがあるんだとわかりました ”



これはとても大きな事です



自分でもわからなかった
凹む理由が
わかった。




病気と一緒



原因がわかれば対処もわかる



これからは
カズが自分で気づいた



” 自分は環境をどう見てるのか? ”



” 自分が安心できる環境とはどんなものなのか? ”


そんな事を
話し合いながら
罵声を浴び続けたいと思います




耕せを卒業したからといって
完全に自立できるわけではない



これが事実です



だからこそ
愛知校では

僕がOKしない限り
自立させて欲しくないんです




何故か
僕にはわかるんです



” あっ こいつもう大丈夫だ ”



って瞬間が


今後もし
僕に預けようかと考えている方がいたら
さっきも書いた様に



僕に預ける以上

預け切る!



という覚悟を持って預けてくださいね

これまでの何十年を
わずか一年やそこらで変えるのは

いうほど簡単ではないです



それなりの覚悟と努力は当然必要ですし
なによりも

預け切る!

という
強い気持ちが必要です



なので
そういう方がいれば

この記事は頭の中に置いといてください



今日もありがとうございました。







耕せにっぽん!愛知校
➿0120-02-0640

氷室 日向(優)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。