ネガティブへの道 6 | 大阪・東京 ハイパータロット タロット講座 タロット占い タロット1日講座 タロット教室 タロットレッスン

大阪・東京 ハイパータロット タロット講座 タロット占い タロット1日講座 タロット教室 タロットレッスン

ハイパータロットは、初心者の方からプロ志向の方まで、満足していただけるタロット占い講座を用意しております。セッションでは、リピートを意識しないで、一発でお客様の悩みを解決します。鑑定は対面・電話・スカイプ・メール鑑定を用意しております。当たる占いをどうぞ!


テーマ:

ハイパータロットの祐飛です。

 

愛も変わらず、独学の日々です。

 

が、焦りを感じる今日この頃なのです。

 

元々、「真剣にやったら、三ヵ月から六カ月

 

でものなる自信がある」と言う意気込みで始

 

めた独学です。

 

がね、なんせね、

 

「真剣になれる自信がない」

 

と言うのも心の底どころか、てっ辺にありま

 

すねん。

 

連載初期の頃、東京ハイパーのプロ2名と、

 

LINEでのレッスンみたいなことや討論を

 

してました。

 

勿論、プロならポジティブ展開をします。

 

このレイアウト、

 

「独学どうなるの?」

 

 

ワタシは、当初よりネガティブ展開気味に読ん

 

でました。

 

お客が嫌がるので、ネガティブ読みしないの

 

はOKです。

 

But、お互いプロ同士、ネガティブ読みを

 

しておくべきなのです。

 

根拠は、

 

レイアウト向かって左辺と底辺をボトムゾー

 

ンと、ハイパーでは言うとります。

 

ここがネガティブなんすよ。

 

P4のⅩⅢの捌き方がね。

 

P5とP7を絡めると、ネガティブ作用を致

 

します。

 

それと、ポジションリーディングのテッパン

 

P3→P6→P10の流れも、カードの意味

 

からすると、ポジティブリーディングが出来

 

ます。

 

が、カードの貫目と言うか、カードの種類を

 

見ると、大アルカナ→中アルカナ→小アルカナ

 

と、右肩下がりなのね。

 

で、最後のP10が、6ですねん。

 

6ってのは、数秘術なんかでは「調和」なの。

 

なので、イケイケどんどんな感じではないの

 

ですわ。

 

ワタシの深層で、「これはアカン」と言うの

 

あったんで、アドバイスカードを潜在意識的

 

に出さへんかったんかもしれんのです。

 

なので、このレイアウトでセッションを行う

 

場合、ポジネガ両面を用意してするのがええ

 

と思います。

 

 

 

大人になると、全てがルーティーンになって

 

しまいます。

 

当初より、それが原因で止まるかもと思って

 

たけどね。

 

まぁ気分一新して、なんとかやろんと。

 

ではでは。

祐飛の「あなたにより良き人生を!」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります