*お隣さんが近すぎ。を解決したもの* | *hacoral〜ハコラル〜*『北欧式・おうち時間』で心地いい日常を

*hacoral〜ハコラル〜*『北欧式・おうち時間』で心地いい日常を

おうち時間を大切にする北欧

日本に暮らすわたしたちにもできる
『北欧式・おうち時間』で
心地いい日常をわが家に呼び込もう

hacoral(ハコラル)とは…“haco room and love”
“happy colors room and love”
整理収納アドバイザー2級
ルームスタイリスト1級


テーマ:


おはようございます(^◇^)

ご訪問ありがとうございます心


年末に窓掃除をしていて
ふと思い出したことがあります。

すっかり忘れていましたが、
『この窓、最初は透明だったわ✨』
ということ。





10年ほど前、
引っ越してきてから気付いたのは、
『お隣さんが近すぎる汗
でした。


他の窓も、
カーテンも開けづらいくらい
近いところもあります。


そこで
【ガラスフィルム】を貼ってみました。


すりガラス風になって
目線が気にならなくなりました。

その時はホームセンターで買いましたが
ネットでもたくさん出ています。



水で貼るだけなので
とても簡単!

シワが入らないようにするのと
角を合わせるのが大変でしたが、
大人二人でやって
なんとかなりました。


気持〜ち、小さめにカットするのがコツです。
そうすると、わずかにずれても
枠にちゃんと収まります。


これならカーテンも堂々と開けられて
光は入りますし、
少し窓を開けても大丈夫。


お隣さんと近くて気まずい場合や、
おうちが道路に面してて
視線が気になる方にもオススメです。


貼った感じはとてもナチュラルなので、
貼ったことさえ忘れてました。


『景色を楽しむための窓』でなければ
貼るだけでプライバシーが守れて
オススメです✨


今は、
柄や種類もずいぶん増えてますね。


食器棚のガラスに貼ったら
スッキリするかしら🎵
とただいま妄想中です好



ha-co*四つ葉



hacoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス