動画の再生リストって、

不思議に思うことがあります。


AIが予想して興味のありそうな動画をセレクトしているのかな?


それにしたって、

なんでよ⁇

ってものも提示されるわけですね。



廃墟ツアーとか、廃村探訪とか、

全然心当たりがないんですけど、

時々現れるんですね〜



奈良の南部の廃村を訪れる動画なんてのは、

なかなか興味深いものがありますけどね。



最近では、

キリストにまつわる複数の福音書を著した動画が、

ハテナ❓ながらも惹きつけられるものがありした。



大昔に一応カトリックのミサで洗礼を受けはしましたけど、

自分がキリスト教徒だという自覚はほとんど無いし、

敬虔な教徒の方を思えば、

おこがましくて、とても言えません。



だからなのか、

あるいは別の警戒感からか、

再生リストに挙がっても、

素直に観るにはちょっと敷居の高い感じで、

すぐには観られない自分がいました。




そんな心の防壁を取っ払って、

観てみると、

良いんですよね。



いくつかのポイントがあって、

まず特定の宗教色が介在しないこと。


コレはイエスキリストという存在と教義を元に、

数多の派生した、あるいは多少歪められた宗教の、

プロパガンダに用いられる事を、

わたしはとても嫌うからです。



もう一つは、

説教臭くないこと。

魂的に知っている事を、

マウント取られてアタマに突っ込まれるのも、

反吐が出ますからな。



そして、

これらのファクターを俯瞰して、

ルカならルカの、

ヨハネならヨハネの視点から観た、

あるがままの事実を伝える。

それ以外の他意が、

極力介入していないこと。



そうしたことを踏まえて、

再生リストに挙がった福音書の映像は、

自然に心に染み入る仕上がりでした。



これもまたありがたい出会いですな。




星今日もご覧頂き、ありがとうございます。


良かったらポチッとお願いします。


ご質問や、フルフィルメント瞑想・ELM瞑想に関するお問い合わせは


までお願いします。

錦糸町駅近く

無料説明会、体験瞑想会、瞑想会、伝授、

ジャプーヒーリング、ヴァイオレットファイヤー ヒーリング、レイキヒーリング  随時受付中です。
どうぞお気軽にご相談ください。

前にも書いたかもしれませんが、

味覚って健康に直結します。



食事の時に、

いきなり強い味のものを口にすると、

そのあとに薄味のものを食べても、

物足りなく感じたり、正確な味わいを感じられなくなる。



コース料理などで、

少しずつ味を濃く、強くしていくように構成するのは、

とても合理的な理由があるのでしょう。



コース料理のような一度きりの食事よりも、

日常的に強い味に慣れることは、

はるかに危険です。



疲れすぎていたり、ストレスが溜まっていると、

濃い味や、強い塩分を求める傾向にあります。



日常、自炊をしてみると、

飲食店などの味付けが、いかに濃いものか、

明確にわかります。



一番強烈な印象なのは、

コンビニ弁当と、ラーメン屋。

あと、スナック菓子。



前者ははっきり言って、

食えたものじゃなかったです。



この時は自分で買ったのではなく、

周りに何もないような地方での公演で、

やむなくコンビニ弁当が用意されたのでした。



用意してもらいながら、申し訳ないけど、

いくら空腹でも、とても喉を通る代物ではなかったです。


ただただ塩と、舌を痺れさせる科学調味料の味しかしない。


食材の味なんて、まったくしないんですから。



アレを毎日のように食べるとしたら。。

想像するだけでおそろしいですわ。



そして、ラーメン。

ラーメン好きな人は大変多いし、

もちろんわたしも大好きです。



でも店では、まず食べない。


昔ながらのひなびた店なら、まだ足が向くかも。


けれど、気をてらったような店には、

自分からは絶対に行かない。



スーパーで生麺のラーメンを作ってみれば、わかります。


付属のスープが、いかに大量の塩を使っているかが。


それでもラーメン店の味よりは、

はるかにおとなしいものです。



付属のものでなく、

自分でラーメンスープを調合してみると、

塩や醤油などで、納得するような味をつけるには、

信じられないほど大量に入れなければならないのです。



極端に辛い味、

インパクトのある味には、

相応の理由がある。



ベトナムやタイなど、

東南アジアの麺料理は、

塩分中心の味付けではなく、

その他の香辛料や香菜を使うことで、

優しく奥行きのある味を出しています。



そこに込められた優しさは、

胃袋だけでなく、心も満たしてくれるでしょう。



砂糖も塩も、

過剰に摂れば、猛毒になる。



どうやら真実みたいです。




星今日もご覧頂き、ありがとうございます。


良かったらポチッとお願いします。


ご質問や、フルフィルメント瞑想・ELM瞑想に関するお問い合わせは


までお願いします。

錦糸町駅近く

無料説明会、体験瞑想会、瞑想会、伝授、

ジャプーヒーリング、ヴァイオレットファイヤー ヒーリング、レイキヒーリング  随時受付中です。
どうぞお気軽にご相談ください。




極めて初歩的なことなんですが、

アタマに電球がパッ灯された思いがしました。



食事を楽しむ

という言葉。



我々現代人はとりわけ、

日常に余裕がなくなってくると、

食べるという行為について、深く考えなくなり、

この行為が、単なる栄養補給の手段としてしか機能しなくなる。


そうした状態になりやすいんじゃないかと。


その最たる状況が、

戦争ではないでしょうか。



これについては、もはや説明の必要もないかと思いますが、

兵士たちの食事は、スナック的な乾き物が中心となり、

敵襲を常に警戒しながら食事をとる。


戦場に赴かなくても、物資が足りなくなり、

一般市民は粗食を余儀なくされる。



日本人には色々な意味で馴染み深い、

忍者🥷



忍者に関しては、様々な考察や研究もされていますが、

その一つとして、

食事があります。



つまり忍者は任務中、それ以外の日常、

どんなものを食べていたのか⁇



なかなか興味深いことです。



いずれにしても、

食事を楽しむ、という感覚は、

ほとんど無かっただろうと考えられますね。



あくまで状況的に、

仕方なく摂るような食事。


それは、とても悲しいことです。



なぜって、

食事を楽しむということは、

生きていることの実感でもあるのですから。


料理の彩りや香り、

歯応えや舌触り、

そして舌の上で味を感じ、

喉を通って、腑に落ちていく。



生きることの喜び、ありがたみを、

併せて噛み締める時間なのですよ。



それを否定することは、

命を、生きることを否定することになりうる。



食べない、食べられないことは痛ましく悲しいですが、

目の前にある食事を、

動物のようにガッついて、

かき込み、流し込む。


これもまた、非常に悲しいことです。



こうした食べ方が、

健康や美容に良くないことはもちろん、

その影響は、

もっともっと深いダメージになる。



とりあえず空腹を満たすことも大事だけど、

食材を用意して、

下ごしらえをし、

調理をし、

皿に盛ってテーブルに置き、

席について、

ようやく頂ける。



時間の無い時は別として、

こうしたプロセスを楽しめなくなっていくとしたら、

やはり何かを見直す時なんじゃないかと、

強く思いますね。




星今日もご覧頂き、ありがとうございます。


良かったらポチッとお願いします。


ご質問や、フルフィルメント瞑想・ELM瞑想に関するお問い合わせは


までお願いします。

錦糸町駅近く

無料説明会、体験瞑想会、瞑想会、伝授、

ジャプーヒーリング、ヴァイオレットファイヤー ヒーリング、レイキヒーリング  随時受付中です。
どうぞお気軽にご相談ください。