強殺警察官inさいたま地裁

テーマ:
12月1日  さいたま地裁 404号法廷10:00
第4刑事部 合議
佐々木直人裁判長
古玉正紀裁判官
片山嘉恵裁判官
裁判員 男3  女3 補充 男1 女1
検察官 男1 女1
弁護人 女1 男1

「住居侵入 強盗殺人 占有離脱物横領」

被告人  中野翔太 32歳  元浦和署警察官

この日は第4回目公判、仕事休みなので気合を入れて朝6時半に出発車

傍聴券の配布は9時30分から10分間のみびっくり
が限られている事を考え渋滞も考慮し早目に出発!!
しかーし浦和駅手前で渋滞車車車
ちょっとイラっとしながらも無事9時過ぎには到着ー照れ


B棟に入るとガラガラ〜ガーン
これはもしかすると...おねがいラブ笑い泣き
数名の列が出来はじめたので並びます。
34席に対して20人程しか並ばず定員割れ!



無事に傍聴券をGET笑い泣き笑い泣き笑い泣き
今回は警備法廷の為身体検査及び荷物預りなので面倒臭いから手荷物は車に置きメモと筆記具のみで法廷へ。
やはり最前列は白いカバーなんだね(¯―¯٥)
中野被告が刑務官に伴われ入廷。
スーツ姿に丸刈りでメガネ。驚いたのは肌の白さ!!真っ白です( •̀ㅁ•́;) ニュースなどで流れてる彼とは全く違う印象です!少しふっくらしてるし...囚われてると3食食べ取調べであまり動かないから太るのかなぁ〜?
いよいよ開廷です!
今日の予定は午前中は検察官証拠調べ
午後は証人尋問不倫相手Aさんに質問
(遮蔽板使用)を行う(裁判長声小さっ)

【検察官証拠調べ】
証拠24  平成27年の被告、妻、姉、AのLINEやり取りを検察官が其々の役になり読みあげる(さいたま地検結構アナログだね)
日付に分け読み上げたのですがメモが追いつかなくなるので省略しました。

被 : 子供認知してとか言われてる頭おかしくなりそう
妻 : やっぱりまだ連絡取ってたんだね!馬鹿じゃないの?慰謝料請求するって言えよ!
妻 : あんたら、馬鹿じゃないの!父親失格だよ!
被 : 父親失格だよね...
妻 : 少しは父親らしくなるんじゃないかと様子みてたけど本当に失望した!
被 : ごめんなさい
妻 : 何か...?
被 : 帰りたい
妻 : 今日はどうする?
被 : 帰りたい...
妻 : 不倫相手何か言ってるの?
被 : 子供置いて出て行った
被 : 本当に終わらせたい
妻 : 終わらせたってまた出て行くんじゃないの?
: 鑑定結果来たよ!開けるね。 
被 : いいよ。

被告姉と妻とのやり取り
妻 : 鑑定結果でたよ
姉 : えっ?じゃあゼロなの?
妻 : 左手の薬指に指輪してたんだけど!
姉 : そんな奴と一緒にいたくないよね..

妻 : 書類作成にはいるから!2人とも一生許さない!!
被 : これから帰るから
妻 : いや!許さない!
被 : もういなくならないからお願い!助けて...
妻 : 何回助けた!?バカにしすぎ!
被 : 別れるって言うと職場に行く言われるし..お願い助けて
妻 : 離婚しかないんじゃない!?
被 : 俺は父親だから2人を守って行く
被 : 職場に行くとか、何も出来ない、どうする事も出来なくて頭おかしくなる
妻 : 楽しんでるんじゃない?

被告人、被告人姉、妻とのLINE

姉→被 : 大丈夫?今どこおると?
被→姉 : 俺は帰りたい、帰りたくても帰れない
妻→姉 : 特に何も
被→妻 : 俺だけじゃどうする事も出来ない。今夜本当に終わりにする
妻→被 : それはもう聞き飽きた
被→姉 : とりあえず話し合って行こうと思ってるけど来れる?
姉→妻 : ○○ちゃん(妻)に報告しておくね、今翔太と相手と話し合ってるけど別れる方向で話ししてるけど中々別れられない。翔太に腹が立つ!
→姉 : あきれた!ディズニーとか行ってるんだよ。
姉→妻 : えっ?...本当にあり得ない
妻→姉 : やっぱりそんな感じなんだ..やっぱり離婚するしかないんだ!
被→妻 : 遅くなってゴメン。今度向こうの親と話してそれで終わりです。
妻→被 : マルイからまたヤバそうなの届いてるから!キャッシングとかしてないよね?
被→妻 : どうにもならなかった。どうにかなりそう...こっちに来て。
妻→被 : そんなんだったら離婚でしょ。
被→妻 : じゃあ明日会う?
妻→被 : 明日なら会える?ディズニーは行かないの?

#証拠25   被告人妻供述調書 H27.9.27

私は中野翔太の妻です。私は離婚する為、弁護士を通し話し合いをしています。
パパと呼んでいましたが、本書面では翔太と呼びます。平成17年に埼玉県警に拝命され、平成18年3月には浦和警察署に勤務となりました。その頃、浦和署で翔太と知り合いました。平成20年頃から交際。3月に翔太が結婚しようと言ってくれ平成20年12月に式を挙げ平成21年1月に入籍。私の実家の親は婿養子を求めていて翔太も受け入れてくれ翔太は中野姓になりました。平成21年に長男、平成22年12月に次男が産まれました。次男が産まれるまでは緑区内で生活していました。実家に引っ越さないかと相談し受け入れてくれました。平成22年9月に川越の実家に引っ越し4人は実家で暮らすようになりました。次男が産まれてから子供の面倒を見なくなり家事もやらなくなり不信感を抱くなるようになりました。翔太から何度か性交渉を求められたが拒み続けました。翔太とはこれまでセックスレスです。平成22年9月に職場復帰しました。実母の協力を得て家計を支えて来ました。翔太は給料日の21日には小遣いを渡してました。平成22年3月までは月4万、それ以降は月6万渡してました。
平成26年9月職場の飲み会で独身寮に泊まるなどと帰って来ない日が多くなりました。朝霞署勤務になり急に飲み会が増え泊まりが増えました。ひょっとすると不倫しているのでは?と漠然と思いました。平成26年10月、夜物音で目を覚ますと翔太は隣の部屋で荷物をまとめていた。何故か尋ねると「離婚して下さい」と言ってきました。理由を確認すると「家族を守る為だ」と家を出て行ってしまいました。全く納得が行かず数時間電話しました。「不倫しているのか?」平成26年6月頃から不倫していると打ち明けられました。平成26年6月刑事課のメンバーと居酒屋に呑みに行った時となりのメンバーのひとりが相手だと。「離婚する」「したくない」「不倫相手に別れる言うと警察に無理矢理性交渉させられたと訴えてやると脅された」翔太は不倫相手の家で生活していると思いました。離婚したかったが2人の子供育てられるか自信がなく踏み切れなかった。平成26年8月翔太から不倫相手が朝霞署に来たと打ち明けられ、不倫は警察署内部で出世に響きマズい事なので不倫を止めると思ったが翔太は戻ってきませんでした。これまで通り畑仕事、荷物を取りに来る程度、滞在は1時間程度でした。カーナビをチェックしたら所沢の住所が登録されていたので不倫相手の家は所沢にあると思いました。
今後どうするか、ハッキリしてほしいと言うと妻とは別れたくない、不倫相手は別れる言うと俺達の子供殺すと言っている。翔太は煮え切らない態度でした。不倫相手が妊娠していると聞いた時、本当に翔太の子?6月頃に性交渉したので自分の子かもしれないと言っていました。私は、DNA鑑定したら?と勧めました。翔太は平成27年3月に朝霞署刑事課から浦和署地域課へ異動になりました。不適切な行動が観察対象になったと翔太から聞かされました。上司に問い詰めると、翔太が不倫している事すら知らない返答でした。不倫相手が出産したことを聞かされました。私が聞いたから答えたのです。妻とは別れたくないAが別れてくれない。子供を認知すると言ってきました。私の子供と異母兄弟になるので避けなければと、DNA鑑定するようにとハッキリ伝えました。姉なら翔太に伝えてくれると思い連絡をとりました。翔太は婿養子になる事には納得してくれ肩身の狭い思いはさせてなかったとは思います。
自宅に居場所ないのでメッセージに反論してきました。「夫婦、中野家の家族としてやって行くのは無理と離婚を考えるようになった」と。
平成27年5月、子供の口の中の粘膜を翔太が取ってきてくれ民間施設にDNA親子鑑定を依頼しました。

パート②につづく...




AD