あれから

テーマ:

前回アップした記事について、やっぱりちょっと後悔してます。


いや、でもホント、私ちゃんと客観視出来てるんで、まだ大丈夫…なんじゃないかなーとか。

端から見たら私ってもうおかしいのかなー?


あれだな、酔っ払いが『大丈夫大丈夫!まっすぐ歩けるよー!』とか言うのと同じ感じか?






因みにあれからも男の人は現れて、その人が坊主頭である事を確認した。


目を開けられないから触れた感覚でしかないけど。


あぁでもこのブログに書いてから現れたのは一度きりで。


あれ以来離脱もなし。



あ、というか金縛り自体ガクンと減った気がする。


金縛り一歩手前くらいにまではなるんだけど、そこからスーッと波が引く感じで金縛りにはならない。



うーん…。



多分思うに、これは私の妄想の産物なんだろなぁと。


私がその相手に感じるのは、恐怖感ではなく憐れみとか愛おしさなんだ。


変なの…。



一番近いのが例の死んだ恋人だ。


実際にその人は坊主頭(時にスキンヘッド)だった…と言っても、坊主頭の男なんてそこらじゅうにいるもんな…。



しかももう20年以上前の事だし、とっくに成仏してるだろうから、あの人が現れるなんて事はないだろうと思う。


これまで二人ほど、所謂視える人に視てもらったけど、一度目で除霊(浄霊?)してもらって(この時は憑いてたらしい)、二度目(これは別の人)はもう成仏してると言われたんだよなー。


そういう人達の言う事を100%信じてるワケじゃないけど…。


うーん…感覚的に多分成仏はしてるハズ。




今までで一番好きな相手だったから、あれからずっと胸に抱いていた『また会えたらいいのにな』って願望が、ああいう形になったのだろうなと。


まぁ本当にそれは脳の誤作動ってやつだ。


…。



まぁまぁ…。



今の私はその相手が現れる事で、少しばかりの贖罪の意味と、それによって少しばかりのパワーをもらえてる。


端から見たらおかしいのかも知れないけれど、多分更年期だとか不眠が解消したら自然と消えるんではないかなーと楽観視してたりする。





あとアップした記事を読み返していた時に思い出した事があったので、その辺りを。



実は金縛り&男の人現るの最中に、ヨタが来た事が一度だけあったんだ。




金縛り中だから私は動けなくて、その時にどんな姿勢だったのかあまり覚えてないんだけど、枕の上に置いた右手か左手か、どちらかの薬指の指先を、ヨタが一生懸命舐めていた。


舐め方で、あぁヨタだなって分かるんだ。


ヨタって本当にソフトタッチというか、舐め方がとても優しい猫だった。


色んな猫と接したけど、ヨタと同じ舐め方の猫っていなかったんだよなー。


ヨタが指先を舐めているのを感じた時、何となくヨタが私を起こそうとしてるんだなと思った。


何か訴えかけてるのは分かった。


だけど体が動かない。




その時の私は、ヨタが来た事が嬉しくて、だけど体が動かないワケで。


せっかく来てくれたのにゴメン!!

って心の中で叫んでた。



あれほど動かない体がもどかしかった事はない。





そんな感じで、ヨタが夢ではなく、私の元へ会いに来てくれた事ってその時が二度目だった。




一度目は、結構インパクトあって。



その時は右側を向いて横向きで私は寝ていて(…って事はまだ四十肩は始まってなかったんだな…)、やはり金縛りにあった。


だけどこの頃はまだ男の人も現れたりせず、単なる金縛りでしかなかった。



その金縛りにあってる時に、後頭部からうなじにかけての辺りに柔らかくてあたたかい動物がドサッとよっかかって来たんだ。


それはヨタがよくやる仕草だった。


私が寝ていると、ベッドに上って来て、そしてよっこらせっ!って感じで背中をドーンと預けて来る(猫飼いさんなら分かると思う)。



それは私の脇腹だったり、足と足の間だったり、場所はまちまちだったけど、ヨタはそういう事をよくやった。



で、やっぱりその時も私は動けなくて、ヨタとは後頭部でしか接することが出来なくて。



だけど心の中で、久々に会えたヨタに必死に語りかけた。





元気だった?とか、嬉しいよー!とか。




あと、


なんで夢に出て来てくれないのよ?って、ちょっと責めたりもした。


その頃はヨタ全然夢に出て来てくれなかったんだ。
(今は時々夢に現れるようになった)




そうしたら、ヨタの声が聞こえて来た…いや違うな、声とかでなく伝わって来たって感じかなぁ。



ヨタが応えたんだ。



それがなんか



思ってたのとちがーう!!!!な展開というかw



僕も会いたかった!とかいう展開であれば良かったんだけど。




ヨタはハァァ~~って溜め息をついてさ。



簡単に会いたいとか夢に出て来て欲しいとか言うけどさー


これ結構大変なんだよー?


って言ったんだw



すんごいウンザリした言い方だった。



その大変がどんな大変なのかは具体的には分からなかったけど、その時に私は



あぁぁぁ!?そうだったの!?


ゴメン!これからは安易に呼んだり頼んだりとか控えるよ!


本当にゴメン!!!!


と平謝りだったw




実際にその頃の私は、寝ても覚めてもヨタヨタヨタヨタ名前を呼んでばかりいた。



会いたい、寂しい、また抱っこしたい


それをもういないヨタに訴えてばかりいた。




ヨタの生前にそうだったように、私はちょっとツライ事があるとヨタに触れてはヨタ~助けて~って縋ってばかりの状態だった。



本当に依存していた。



私ホントへたれだから、ヨタからパワーとか勇気をもらってばかりいた。



ヨタが死んでからもずっとそれを続けてた。



対象がもういないのに。




だけどこの出来事を境に、私は呼ぶ事を止めた。



ヨタにとって負担である事が分かったから。



あぁでも100%止められたワケではないな。



本当の本当にキツイ時は謝りつつも名前を呼んでしまう事がある。




あれからヨタの言っていた『大変』を色々考えてみた。



あっちの世界の手続き上だったり?



飼い主に会いに行くとか夢に出るとかって、あちらの役所的なとこに申請を出したりするのかなーなんて。


んで許可が降りたり降りなかったり?


『調査の結果、あなたの飼い主はまだ精神的に不安定なので申請は却下されました』


なんて事もありそうだなーとか。



申請出すにはものすごい行列で長時間並ばなきゃならなかったり?



それか距離的な大変さとかかなー?



めちゃめちゃ疲れるとか?



まぁとにかく、本人が大変と言ってるのだから、それはきっと大変なんだろうなと。



って全てが私の脳の誤作動ってオチなのかも知れないけど、そうとも言い切れないよなーとも思ってる。



因みに私には霊感の『れ』の字もない。



母親と妹には少しあるみたいだけど、私には悲しいくらい全くない。



あぁでも最近、私が二階にいる時に、さっき階段を降りて来たでしょ?って母親に何度か聞かれるようになった。



こえぇんですけどw





そしてここからは現実的な切羽詰まった話。



最近急に涼しくなったので、『涼しくなったら荷物の運び出しをします』と元夫に約束をした手前、毎日が憂鬱でたまらない。


まだやってないんだよな。



やらなきゃならない事は分かっているし、迷惑だし、さっさと運び出して終わらせたい気持ちはやまやまなんだけど。



まずはやっぱり猫達の事がツライ。




考えると…というか、最近うまく考えられなくなってる。



猫達の事を考えようとしても頭の中でシャッターが降りて、考える事が出来ない。



あとあの家に近付く事が、前にも増して怖くなった。



前からあっちの家に行く時には勇気が必要で、そんな時はいつもヨタに触れてから『ヨシ!じゃあ頑張って行ってくる!!』とヨタから勇気をもらっていた。


でももうヨタはいない。




ただでさえ勇気が出せず行けないところに、あの例の元夫のハマった熱心な信仰心から私にブチギレた事で、恐怖心がパワーアップしてしまった。



この間、シミュレーションしてみようと、グーグルマップのストリートビューで近づいてみたけど、たったそれだけで心臓バクバクになったw


ストリートビューだよ!?w



どんだけ怖いんだよって自分に呆れる。




どうしよう…どうしよう…と、毎日胃が痛いしどんよりしている。



この悩みから不眠がまた酷くなった。



本当にどうしたらいいんだろう。



私が恐怖心に打ち勝つしかないんだろうけど、どうにもやれる気がしない。

イカレタ話

テーマ:

今回はイカレタ話をしようと思う。



のだけど、その前に近況を。




相変わらず、耳鳴りとめまいに悩まされる毎日がずっと続いている。


先日、とうとう耳鼻科の先生に言われて、紹介状もらって大きい病院で頭部のMRI検査を受けたけど、脳には異常なしという結果だった(検査代痛かったっす)。


ただ普通は耳の後ろ側にあるハズの空間?が私にはなく、その部分に水が溜まってるか、もしくは溜まった痕跡があるかって程度。

多分めまいの原因はそこなんだろうなーと思ってる。


MRI検査って初めて受けたんだけど、あれが私はとても苦手だった。


狭さは目を閉じてたから大丈夫。


ただ音がダメだった。

ギョンギョンギョンギョンギョンギョン!!!!!!!!!!!
ズダダダダダダダダダダダ!!!!!!!!!!!


ってあれ。

 

↓音参照w↓

 

 


装着されたヘッドホンから流れる環境音楽なんて、掻き消されてしまうほどのあの大音量。


大音量は割と大丈夫なハズ(若い頃はライブ行ってスピーカーの真ん前でも平気だったし)なんだけど、やっぱり耳の異常のせいなのか、やたらと頭に響いてマイった。


あと今はだいぶ良くなった四十肩(前に五十肩って言ったけど年齢によって呼び方違うの知らなかった)が、当時はまだヒドイ時で、仰向けでじっとしてる状態だと肩の痛みがマックスで耐えられなかった。


私の後にも予約の人がいたし、そんな痛みなんかで検査を中断するのが申し訳なくて、どうにか痛みに耐えたけど、本当にきつかった。



耳鳴りについてはなんかもうよく分からない。


とにかくこれはもう慣れるしかないのだろうなと思ってる。

うるさくて気が変になりそうだけど、どんな音であるかもきちんと伝えられない。


似てるのはニイニイゼミの鳴き声の高音部分。


あれが一番近い。

 

↓ニイニイゼミ↓

 

 

もちろんこれを書いてる(打ってる?)今も、頭の中で音が鳴り響いてる。







そしてここからが本題。



これ、書こうか書くまいか結構悩んだんだけど。


思い切って書いてみようかなと思ったので書いてみることにした。




…とか言って、もしかしたらやっぱり嫌になって後でコッソリ消すかも知れないけどw




実は最近、私には多分『幽体離脱』ってやつがおこるようになってしまってる。



…と思われる。


…言ってる事ヘンだよなー。


自分でも『あ~なんかおかしなこと言い出したよ~?』って思うし、その辺はしっかり分かってる。

だからこんな内容を書けばどう思われるかも分かってる。


だけど本当なんだ。


信じて欲しいとか思わない。


でも誰にも相談出来なくてモヤモヤしてるからここに吐き出す事にした。





事の始まりは『月イチ』で来ていたものが来なくなった辺りで。


それによって、やはり喪失感というか、あぁ終わったんだな私…というしょんぼり感で結構ダメージがでかかった。


女である時期が終わった気がした。


子供をもてる可能性もなくなった。


私は何にも残せなかったんだなーってドーンと来た。



これがかなりショックだったみたいで。


まぁ月イチでは来なくなったけど、忘れた頃にまたひょっこり来たりしていて、量もその時によってめちゃくちゃでとても不安定だ。


うーん…、私は昔恋人が死んだ時ですら周期が乱れる事もなく、きっちりきっちり来てたから。


メンタル面はかなり弱ったけど、なんか女性ホルモンとか?その辺かなり強いんだなーって思ってた。


なのにやっぱり歳には抗えず終わりは来るワケで。


なんか…私にとっては月イチで苦しめられる『にっくき相手(結構症状が重かったし)』だったけど、いなくなるとやっぱり寂しいもので。


ちょっとだけ解放感もあったけど、喪失感の方がでかかったのだと思う。



おかしな事が起こり出したのはこの辺りから。


頻繁に金縛りに合うようになった。


それまでは金縛りなんて、その恋人が死んだ時に数回体験したくらいしかなかった。



今の頻繁な金縛りは、起こり始めてからそろそろ一年くらい経つんじゃないかなー。


あぁでも金縛りが起こる時って限られた条件の時だけなんだ。


ヒドイ更年期の不眠から早朝覚醒があって、昼間ものすごい睡魔に襲われて短時間眠る時だけ。


だからこれは霊的にどうとかでなくて、単に脳の誤作動だと思ってる。


というか思いたいw



でも誤作動と分かってはいてもソレは確かに現れる。


男の人が現れるんだ。


毎回同じ人なのか、それとも違う人なのかはよく分からない。


金縛りに合うと少しして足元からベッドぎしぎしいわせて膝立ちでまたがった状態でにじりよって来る。


これは体重がかかってベッドのマットレスが凹むから感覚で分かる。



そしてひとしきり体を触りまくる。

こんなおばちゃんの体を、だよw


不思議と恐怖感はなくて、どちらかというと、その人に対して可哀想だなと感じてしまう。


何でだろうな。



こういうとこが、私の男見る目ナシなダメなところなのかも知れない。





その人の顔は見た事ない。


でも触れる事は出来る。


ちゃんと人肌で体温がある。



毎日ではないけど、そんな日々がしばらく続いた。



何でなんだと悩んだ。


でもことがことだけに誰にも言えない。


そうしたらある時、男の人が喋ったんだよな。



ちゃんと聞き取れなかったけど、多分、私が自ら呼んでるんだってことと、あと○○(聞き取れなかった)をしたら自分はいなくなる…みたいなことを言っていた。


さすがに喋った時は恐ろしくて(だって耳元で喋るんだよ)泣きそうになった。



だけど言われてみれば思い当たることはあるワケで、その喪失感みたいなものから、知らず知らずそういった類のものを呼んでしまっていたのかなーとかね。


で、まるで予言であるかのようにそういう事が続いた後には月のもの(月じゃなくなってるけど)が来たりした。



なんかホルモンレベルというか、本能的な部分で私はそういうものを求めてるんだろうかって余計に落ち込んだりもした。


そして次第に現れる回数も減り、月のものも減り。



今にいたる。



で終わればいいのだけど、これまた厄介な事態で。



少し前から金縛りに合うとまた別のおかしな事が起こり出した。


体が浮くんだよw



ふわ~~っとね。



目を開けられないから感覚的なものでしかないんだけど、多分50センチくらいは浮き上がってると思う。



寝た状態でただゆらりと宙に漂ってる。


仰向けの時もあれば横向きの時もある。


この浮いてる時の耳鳴りはものすごい。




でも感覚的にそれはまるで水の中のようで。


浮力で浮き上がるあの感じ。


とても心地いいんだ。




そんなふわっとした事が続くようになってしばらくした時、私は思い付いてしまった。


もしかしたら意識次第で動けるんじゃないかと。



次にそうなったら、それを覚えていて動いてみようと。



その時はすぐにやってきた。



ふわ~っと浮いてる時に、エイヤアッ!!!!と力を込めてみた。



やっぱり動けた。


おまけに勢いあまって部屋の西側の壁を抜けて外に出てしまった。


壁を抜けたんだよw


ありえないよなー。




西側には隣の家の畑があって、私はその上を自由に飛び回れた。



ネコバスみたいな、いま風になってる!的な感覚だった。


気持ち良かった。


そして、あ!今なら元夫に見られる事なく猫達に会いに行けるんだ!と気付いた。


もうなんというか瞬間移動ではないけど、すごい速さで移動できるからさ。



よし!会いに行こう!と思ったんだけど、その時にふと体の方が気になった。


そんな事態になったのは初めてだし、そもそも初めて外に出たワケだし、もしかしたら体から離れ過ぎて死ぬかも知れないって不安になった。


死ぬ事自体は構わないけど、なんかまだやり残した事(慰謝料の全額をもらうとか慰謝料の全額をもらうとか!!!!)や片付けなきゃならない事がある気がした。


戻ろうって思ったら目が覚めた。


夢だったのかなって思ったけど、この時から頻繁に幽体離脱を繰り返すようになった。



もうふわ~っと浮いたりはしなくて、抜けた瞬間、ドギューーーン!!!とロケットみたいに空に向かって飛んで行くw



ものすごい高さまで急激に上ったり距離を移動したりと、全く自由自在とはいかない。


全くコントロール出来ない。



行きたいところがあるのに、念じたら行けるなんて事はなくて、とにかく空まで行ってしまうから、上空から地図を見るように見当をつけてから降りるしかない。


しかも一度も成功してない。



多分最近のは半分夢に入ってるんだろうなと思う。


ちょっと楽しみ過ぎてるからw


もうあの初めての時のネコバス感もない。



でもやっぱり金縛りからの抜け出しは起こる。



最近は抜け出す直前にそれが分かるようにもなっちゃった。



私の金縛りは、飛行機のエンジン音?とかヘリのホバリング音?みたいな音と振動から起こる。

因みにその時はすごく苦しい。

 


ヘリで言えばプロペラ回り出してから離陸するまでみたいな、金縛りが始まってから抜け出すまでの音(感覚)のタイミングまで分かって来た。



昨日もそれは起こって、今回は戻って来たら男の人がくっついて来てた。


戻ってからも金縛り続行っていう新しいパターン。



やっぱりでも怖くないんだよなー。



あれは一体誰なんだろう。



そしてこのおかしな現象って一体何なんだろう。



ついこの間、妹夫婦と話した時に、義理の弟がおかしな話をしてたのも気になる。



私がまだ実家に戻って来てなかった頃に、この部屋に泊まった事があったらしくて、やっぱり金縛りに合って足元に男の人が立ってるのを見たと言うんだよね。


私のこの金縛り話は誰にもしてなかったから、心底ゾッとした。


ゾッとはしたけど、いざ現れると怖くない。


懐かしさすら覚える感じ。



うーん…。



考えても分からないかー。




またなんかおかしな事態になったらここに記そうかなと思ってる。



長々とすみません。



オワリ。

近況

テーマ:

久々の更新。




前回怒涛の更新をした例の出来事についてはその後、元夫の動きはなし。


いや、なくていいっていうかあったらもう真面目にシヌ。


未だに、深夜に鳴る携帯(全て迷惑メールとかヤフオクのアラート)には飛び上がるほどにビックリおののいている。

鳴らさなきゃいいだけの話なんだけどさ。



今はとにかくこの土地から離れたい。

私の生まれ育ったこの土地は、色々な思い出があって好きだし大切だったけど、もうビクつく事に疲れた。限界。


このブログも元夫に読まれる可能性が高いから、色々と怖くて限定記事ばかりになってたけど、そろそろ分割払いだった元夫からの慰謝料の支払いが終わるし。


そこを区切りとして、ここも限定にせずに更新していけたらなーと思う。


とか言って、ただいま私の体調、今までで一番ガッタガタな状態で。


あの日、電話越しに左耳から流し込まれた沢山の暴言のせいか、あれからほどなくして左耳から耳鳴りが始まった。


今は耳鳴りというより頭鳴りという感じで、頭の中で高音域の音がずーーーっと鳴り響く毎日。

朝目が覚めてから夜寝るまでずーーーーーっと鳴ってる。

 

これがかなりしんどくてマイってる。


当たり前だけど、耳を塞いでも中で鳴り響いてるからもうどうしようもない。


聴力もかなり落ちてしまってて、今や軽度の難聴状態らしい。

もちろん耳鼻科には通ってるけど、耳鳴りに関しては原因不明。


今度、脳の方の検査にまわされるようで。


検査になったらそれはそれで検査代かかるし、もし仮に脳に何か見つかったら…お金ないからどうにも出来ないし、だったら検査受けるだけムダじゃね?ってなってる。


このまま耳が聞こえなくなったら、好きな曲も聴けなくなるワケだし、それはヤダなぁと思う反面、あぁでも元夫のあのイヤでたまらない酷い暴言やキライな声自体を聞かなくて済むんだなって安堵感もあったりする。


まぁ…もう聞きたい声(鳴き声)もないから、いいっちゃーいいんだけど…。




年齢的にそろそろかなと思っていた更年期障害も、魔王クラスのが来ちゃって、もう本当、毎日がしんどい。


ホルモンバランス崩れる事がこんなにもキツイとは思わなかった。

ホットフラッシュもしんどいんだけど、一番ツライのは不眠だ。

 

不眠というか早朝覚醒というの?

 

おやすみなさーいって寝ても1時間とかでパキッと目が覚めてしまう。

 

眠剤飲んでるし、量も増えたのに、だ。

 

まとまった眠りがとれないせいで生活もガタガタ。


 

あとついてないことに五十肩まで始まってしまって、激痛に耐える毎日でもある。


医者に行ってレントゲン撮ったら頸椎のヘルニアまで見つかって、道理で首が痛いワケだーって納得した。


痛みって気力を奪われるなって実感してる。



なんか…最近本当、なんで生きてんのかなーってぼんやり考える事が増えた。


あぁ、そうだ、この間ヨタの幻をみたんだ。


いつもいたソファーから床にスタッと降りて2~3歩歩く姿(でもはっきり見えたのは前脚辺りのみ)を見たんだ。


共にこの家で過ごしたあの頃と何も変わらない、あのまんまの懐かしいリズムと動きだった。

脳が幻覚を見せたのかね?


よく分からないけど。



今の私にはお迎えであって欲しいなぁなんて密かに願ってる。


とにかく弱りに弱ってる真っ最中です。


今日も体のあちこちが痛くて、頭の中がものすごくうるさい。