夢はもつものなのか 

テーマ:
目標

①5年以内に英語で体育を教えられるようになること
②※IB(インターナショナルバカロレア)カリキュラムの指導資格を取ること。
 http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/ib/" target="_blank
③2年以内にTOEIC800点以上とること

以上3つの目標をこの場で宣言し 自分を追い込みます





さて






よく学校の先生は「夢をもて」といいますね
しかし「夢をもて」と言われて 夢をもった人はいますか









なぜなら夢というものはもつものではなく
すでに存在しているものだからです







??








つまり








自分に嘘をつくことなく やりたいと思っていることを
素直に自信をもって実行すること










自分に正直に生きていれば そこに言い訳はできません
(自分で決めた道だから)








しかし 








誰かにやれと言われて選んだ道
社会のレールから外れることを恐れて選んだ道
ただなんとなく選んだ道








これらの場合は間違いなく 言い訳や後悔が生まれるでしょう








ではどうすれば 言い訳や後悔のない 正直な道を進むことができるのでしょう









それは リスクを冒して攻め続ける ことです










本来 守りの好きな人はいません 
しかし 攻めることは楽しい反面 失敗というリスクがあります
その失敗は時として 攻めたことを後悔することもあります
そして その失敗が続くと 守らなければ という心理が生まれ
失敗の少ない守備を好む人間が生まれてきます 最終的には 攻めることを恐れるようになります







こうなってしまうと苦しくなります
本人も楽しくない 観客(その人を取り巻く周りの人)も楽しませることはできません
何とかカウンターで点を取って喜んでいる程度でしょう
本来の攻めることが好きだった自分を完全に見失ってしまっています







しかし
失敗を繰り返しても 攻め続けている人は 最初のうちは多くの失敗を繰り返しますが
(中には成功し続ける人もいる) だんだんと負ける回数が減ってきます
なぜなら 今まで攻めてた人間が どんどん守備に回っていくからです
そして 攻め続けながら負けない術を身につけていきます
攻めるための守備です 
 







これが 夢をめざしている人とめざしていない人の違いではないしょうか








よく「夢をもて」いう大人  その人は夢をめざしていますか
めざしていない人こそ 「夢をもて」といっていませんか








以上のことから 子どもたちに夢について指導していくのであれば
夢をもて ではなく 自分に嘘をつくことなく正直に生きろ と言うべきなのではないでしょうか



 




では 夢をめざす子どもを育てるためには


①失敗が成長に繋がることを実感させる→失敗を恐れない子になる
②「これだ」決めたものには全力で取り組ませる(すべてのことに全力になる必要はない)
 →オールマイティーはいずれ潰れる
③人との「違い」を大切にし そこに自信をもたさる→周りがそれぞれの「違い」をリスペクトできるようになれば そこには個性や自己肯定感が生まれて素晴らしい集団となる







勝負は5年
まだ攻め続けます





 

 
 











































今中国にいます 

テーマ:
ご無沙汰しております。
このブログから大分遠ざかっていましたが
久々に更新する気分となりましたので 更新します





現在 僕は中国の蘇州という街に妻と昨年3月に生まれた娘と3人で暮らしています
(何の仕事をしているかは職業柄控えさせていただきます 決して怪しい仕事ではないのでご安心ください)






2013年4月に中国にきてもうすぐ2年が経ちます
充実した2年で 「もう2年か」 と思う程 時がすぎるのはあっという間です
きっと 生涯この仕事を極めていきたい と思う仕事に出会えたからだと思います





そして
平日は夜18時には家に帰り 家族揃って食事をする
休日はサッカーをしたり 買い物に行ったり 街探検をする







そんな平穏な毎日がとても幸せです






タイにいたときは オフの日でさえも サッカーのことが頭から離れませんでした
常にプレッシャーとの戦いでした





今でも忘れないある日の夢です





相手ゴール前 キーパーもかわし あとはゴールに転がすだけ という大チャンス
シュートを打とうと顔を上げると ゴールがどんどん離れていきます 
結局 逃げるゴールをドリブルで追いかけ続けましたが 点は取れませんでした 





悪夢です





朝起きると 隣で寝ていた彼女(現妻)が






「すごい歯ぎしりをしていたよ」と





そして 26歳にして お漏らしをしてしまったか・・・ 





と思うほど汗びっしょりでした





あのときの精神状態はギリギリでした







辛かった・・・






今はそんな夢を見ることはなくなりました






タイの年中暑くて自由な感じ 






オーストラリアの美しいビーチと町並み







日本の便利さ 







それぞれ羨ましいところはありますが
ここ蘇州の生活が最高です 






また気分が向いたら
ブログ更新しますね








再见!!




新たなステージへ

テーマ:
『リスクを冒して攻める その方が良い人生だと思いませんか』
by イビチャオシム(元サッカー日本代表監督)





お久しぶりです





桜の季節ですね







オーストラリアやタイにいた3年間は桜を見ることができず
寂しい思いをしていたことを思い出します





 
2011年11月に現役を引退して
日本に帰ってきてからは 昨年と今年と続けて桜を見れました







それは日本人であることを感じ 嬉しく思う反面
2年続けて桜が見れる程 長い間日本にいることを不思議に思ってしまいました







日本は本当に住みやすいし
生活をする上で不自由することはありませんでした







仕事にも恵まれ 待遇面だけではなく仕事内容を考えても
プロサッカー選手よりもやりがいや成長を感じるほどでした






しかし







『海外でチャレンジしたい』
その思いは ずっと頭の中から消えなく
オーストラリア・タイで刺激的な生活を経験してしまった僕は 
日本の生活には 満足することができませんでした






そして






2013年3月 仕事の契約満了を迎えたことを機に
『中国 蘇州日本人学校』の専任教諭として契約し 
2013年4月6日から 2年間赴任することになりました







また新たなステージへのチャレンジです







これから始まる中国での海外生活 多くのアクシデントがあるかとは思いますが
今回は妻という心強いパートナーと一緒です






二人で力を合わせて
頑張っていきたいと思います







突然の報告になってしまい申し訳ございません








来たる4月6日に日本を離れることになりますが
これからも無鉄砲な僕を暖かく見守ってください 












この先 中国での2年間は
このブログから 近況報告をしていきたいと思っております









facebookは中国では使用できないようなので
連絡は下記Emailからお願い致します







舘 







■Email■
y.malicia.y@gmail.com