はい、そうなんです。

まさかの「ギタリストデビュー」です(笑)
 
経緯は聞かないでください(特に無いから)
 
先週の金曜日に「ギターやろうかな〜」と思って、土曜の晩に酒の勢いで注文してしまいました(by amazon)
 
で、今日火曜日に到着(さすがamazon、早いね)
 
これ
BLP-CST BK レスポールタイプ
Gibsonレスポールのコピーです。
 
Gibson社から出ている正規モデルしか「レスポール」と読んではいけないそうなので、あくまでも「レスポールタイプ」である。
 
本物は
ヘッドに「Gibson」のロゴが。
 
僕の買った格安ギターは
「Blitz」ですかね。
 
本物
 
僕の格安ギター
まあ、見た目は全然同じなので良いでしょう。
僕のスマホも「格安スマホ」だし、ギターも「格安ギター」でニヤニヤ
 
一般的に「レスポール」といえば
木目がきれいなオレンジ色の(サンバーストというのかな?)デザインが多いみたい。

僕が選んだのは真っ黒でシンプルなデザイン。
何故に真っ黒なデザインを選んだのかというと。
 
高校生時代に好きだった「JUN SKY WALKER(S)」のギタリスト「森純太」さんが使っていたから(笑)
懐かし~!
 
初めてギターに触ったのも黒のレスポールカスタムタイプ(たぶん)
高校生の時に仲の良かった同級生が持っていて、急遽参加することになった学際バンド用に貸してもらった。
あの時の印象が強く残っていたのか、ギター買うと決めたら黒のレスポール(タイプ)しか思いつかなかった。
 
しかし、玄人さん曰く「楽器にたったの10万円も出せないならやる資格はない」とか。
5万円以下のギターはオモチャ、ゴミらしい(悲)
音も弾く感覚も全然違うらしいが、音楽やるのってそんなに敷居が高いものなのですかね〜。
 
まあ、いつ「倉庫行」になるかもわからないし、僕はオモチャから始めたいと思います(笑)
奇跡的に5年ぐらい続ける事ができれば「本物」を…買うかも。
 
高校卒業後もしばらくギター続けていたのですが。
25年前の僕。

 

 

 

 

若いね〜!(この時使っていたのは、たしか「B.C.リッチ」というメーカーのギター)
美容師になって指が荒れたのでギターやめました。
 
現在
そんな変わんないでしょ滝汗
 
しかし25年ぶりにギターに触れてみて思った事。
「指がチョー痛え!」
とりあえず「ギターできる指」を作らないとね。
 
スポーツするなら体つくりから。
ギターするなら指つくりから。
忙しくなるね。
 
そんな訳で、そろそろ「サッカー」は引退かな〜?
これからは身体に優しい(指には優しくない?)ミュージシャン目指して奮闘…するかもウインク
 
38歳からサッカー始めれたのだから、45歳からでもギターできるでしょ(ちょっと違うか?)
 
 
「Gibson使っているヤツがそんなに偉いのか!」と言ってみる会へのアクセスはこちら
http://creek007.jimdo.com/
(うそです!ただの美容室です)
AD

コメント(5)