いわて奥州きらめきマラソン2017~のどかな田園風景広がる酷暑マラソン~ | ようのブログ

ようのブログ

オレの墓標に名はいらぬ!! 死すなら ば戦い荒野で!! by ケンシロウ


テーマ:

 このブログを書いているのは、2017年9月中旬

 

時間もたっているわ

当日の記憶があやふやなので簡単に

 

しかし・・・今年の夏より、この日が最も暑かったのではないか

それぐら2017年の夏は夏らしくなかった

 

 

 

2017年5月20日(土)

岩手山登山を終えたあと

買い物して、そのまま親戚宅へ移動した

 

 

その夜は、ささやかな宴がひらかれた

 

 

 

ほぼ寝ずに移動して

朝早くから岩手山登ったこともあって

アルコールが少しでも入ると、遠い世界に飛びそうになる

 

なんとか現実世界にしがみつき

お互いの近況報告、岩手山登山などの話で盛り上がる

 

 

けど翌日も早いこともあって

早めのお開きとなった

 

 

気を使わせて申し訳ないですm(_ _)m

 

 

 

グッスリと寝て(意識を失い?)

5月21日(日)

第一回いわて奥州きらめきマラソンの当日を迎えた

 

 

ヤベー体がめっさダルい(笑)

 

 

 

けど走る分には問題ないかな

フルマラソンだし

 

 

朝御飯も用意すると声をかけてくれたが

お断りをさせていただき

いつも通り、簡単な朝飯にする

 

 

そう前日買っておいた

 

 

 フクダのコッペパン

本当は、店に行きたかったが

イオンで購入

 

 

1日たってるせいか、いまいち?

 

 

 

親戚宅からパンをかじりつつ車を走らせる

駐車場までは、すんなりと辿り着けた

 

 

 

スタートとゴールの会場となるのが

 

 

前沢いきいきスポーツランド

 

 

さすがは牛の街、ロゴは牛ちゃんだ

いきいきしてるような顔には感じないけど(´・ω・`)

 

 

驚いたことに

駐車場は、スタート地点真ん前

てことはレース終わるまで帰れないのだろうか?

ちっと不安になる

 

 

時間が、まだあるので

会場をフラフラ

 

 

おぉ!!けっこうな数の売店が出ている

参加賞に、グルメ券(500円分)がついていたので

帰りが楽しみ♪

 

 

ゴール後に何を食べるかを考えていたり

トイレとかにうろついていたら

 

 

開会式が始まる

この時点で既に暑い

 

予報では、30度越えなのだが

まだ午前8時なのに(TωT)

 

 

 

スタート時間が近づき

 

 

 スタート地点に並ぶ

周囲は田んぼと、山しか見当たらない

 

 

時刻は、午前8時30分

奥州きらめきマラソンはスタートした

 

 

スタート直後、広がる景色は田園風景

 

 

この、のどかさがたまらない

 

 

時おり、コース沿いまで椅子を持ってきて

応援してくれてる、じいちゃん・ばあちゃんに手を振りながら

 

 

淡々と進んでく

 

 

 な、なんか凄いのがいるんすけどΣ ゚Д゚≡( /)/エェッ!

 

 

これ、マジでビビった

 

 

 

 

最初の方にも書いたが

この日は・・・本当に暑かった

 

5月中旬で岩手は涼しいだろうと油断した結果が悲劇に繋がりそうな

嫌な予感を早くも感じていた

 

 

まだスタートしてから30分もたっていないのに

既に頭がボーーっとしてきてるのも原因の一つ

 

 

日陰になる場所もなく

ただひたすら、無になって進み続けるしかない

 

 

 

けど周囲を見渡せば

 

 

(多分)焼石連峰が水田に映りこんだ、素晴らしい景色が広がる

 

 

ホンマにのどかや

大都市を走る大会もにぎやかでええけど

自然に溢れてるマラソンルートってのも楽しいよねヽ(゜▽、゜)ノ

 

 

ちょうど道の駅みずさわを過ぎたあたりから

コースは、山沿いのルートへと入る

 

 

アップダウンは、ほぼない

ほとんど平坦だと言うこの大会

 

唯一、細かいアップダウンのあるエリアだった

 

 

これ、どの辺やろ

まさか岩手にまで来て、ふなっしーと会うとは(笑)

 

ちゃんと南部鉄器の茶瓶を頭に乗せてるのが和む

 

 

これ!!

この羊羮がすげー旨かった

ちょうど羊羮屋の目の前で出してるエイド

 

 

江刺総合支所で折り返し

ここでゆるキャラが応援してくれてるが

この日の気温での応援は、確実に死ぬレベルでないか?

 

 

田んぼの中だけでなく

幾度となく、町のなかも通る

 

その道中で

庭先からホースを引っ張って、水を掛けてくれる地元の方々の好意が非常にありがたい

 

 

 

26km過ぎで、水分が欲しくなった

気温があがる予想やったので、事前にある程度の緊急用の水を用意していたが

 

それも尽きた

 

 

町のなかを走ってるにもかかわらず

運悪くコンビニや自販機すら見当たらない

 

 

 

これはマズい(´□`。)

 

 

 

そんな中、目の前に現れたのが

ホースを持った地元のおとうさん

 

 

まさしくグッドタイミング

 

 

 

両手を大きく広げ、叫ぶ

『おもいっきり掛けてください!!!!!!!!』

 

 

『えっ!?いいの?』

 

 

おとうさん、ちょっと引いてたかな(笑)

 

 

それでも『大丈夫です!!!!!!!』と言ったら

頭からドバドバと水を掛けてくれた

 

 

 

体温が下がるのを感じる

それと同時に頭はクリアになり、体が一気に軽くなる

 

 

 

助かった

これは本当に助けられた

 

 

 

しかし、長続きはしない

1、2kmも進めば状況は悪化する

ペースをあげようとすれば、体温が上がり

頭がクラクラしてくるのだ

 

 

なので一定ペース

安全なペースを保ちつつ、進む

 

 

 

驚いたことに、このあと写真を撮ったつもりが

ほとんど残っていない

 

 

りんごジュースやりんごが出たエイドや

ケースの上でドロドロに溶けたチョコレート

いろんな事があって、写真を撮ったつもりなのに残っていない

 

 

 

暑さの幻だったのだろうか…

 

 

あの凄いエイドまで帰ってきた

この炎天下の中、この状態でずっと応援してくれていたのだろうか

 

凄すぎる

 

 

ほぼ日陰のないコース

ちょっとした建物の影など休めそうな場所ではランナーが倒れている

遠くでは、救急車のサイレンも聞こえてくる

 

いつかの日の第一回のアクアラインマラソンを思い出す

あの日も暑かったな~

 

 

ラスト5kmをきっているのだが

最後の最後に体調がまたまた悪くなり

ペースは一気にダウン

 

 

 

先に見えるスタートゲートがゴールかと

最初は思っていたが、距離があわない

 

 

それもそのはず

いきいきスポーツランドをグルっと回りこんで

ランド内のグランドがゴール地点

 

 

最後の悪あがき(ダッシュ)をして

 

 

ようやくゴール

タイムは、5時間22分37秒(ネットでは5時間21分ちょい)

 

これが精一杯っす

 

 

14時の時点で33.8℃

太陽に照らされっぱなしのアスファルトの上では体感温度、何℃やったのだろう 

 

 

売店でカレーを食べて、そそくさと撤収

 

 

 

食べたカレー

洋風レストランの味とか書いてあったが

当たり前だがレトルト(笑)

 

 

目の前で封を切ってるスタッフさんの姿を見て苦笑いしてしまった(笑)

 

 

 

 

 

一旦、親戚宅へ戻り

伯父と合流後、一緒に岩手県を北上

 

 

岩手ツアーの締めくくりの舞台である八幡平へ

 

 

この日は、麓のホテルに一泊

岩手山の上から見えていたホテル

 

 

当たり前だが

 

 

岩手山を一望できる

山好きにはたまらんな

 

 

ホテルの目の前には……桜?

よく分からんが花が満開で

 

 

何とか岩手山との2ショットを撮りたかったが

これが限界

 

 

 

ノンビリと温泉を満喫し

 

 

酒を呑みながらの、夕飯

一通り全メニューを食べたかな

 

隣の年配の夫婦によく食べると笑われたな( ´艸`)

 

 

日中は、倒れかけていたのに

この時はすっかり回復していた

 

 

その後、各自部屋に戻り

自分もダラダラとテレビを見ながら、気付いたら寝ていた

 

 

 

翌朝、6時前に起き出して朝風呂へGO

 

 

さっぱりしたら

 

 

展望ロビーのカフェへ

さっきも写真を載せたが

 

 

ここからの岩手山は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさしく絶景

サイコーの珈琲タイム

 

 

何人か、珈琲取りに来たが

珈琲を取ったあとは部屋に戻るので、独り占めやった 

つーか勿体なくない?

 

 

 

偶然、叔父が展望ロビーにやって来て

今日の行程を改めて打ち合わせた後

 

 

 朝ご飯

 

 

タップリと美味しく頂きましたm(_ _)m

 

 

ただ…昨日の夕飯といい

何だか岩手らしさと言うか、名産品が出てなかったような

唯一、あったのは小岩井牛乳ぐらい(笑)

 

 

部屋に再度戻り、準備を済ませて

ロビーで伯父と合流後、チェックアウトをして

岩手ツアー、最後の目的地へ向かった

 

 

 

 

 

 

最後は、ホテルの感想となっていたが

岩手ツアーのメインイベント『いわて奥州きらめきマラソン』

 

 

夏を思わせるかのような、暑さで

かなりヤられた

 

それでもトップランナーは駆け抜けてくのだから

やはり自分はレベルが足りないんだろうな

 

 

 

マラソンのルートは、ほぼ田園風景ばかりで

人によっては飽きるかもしれないが

のどかな、ほんわかとした景色は

自分は嫌いでない

 

 

さらに言えば

この風景に合わせて、地元の方々の雰囲気がまた良い味を出してくれるんだと思う

 

 

家から、椅子を出して応援してくれた方々

ホースを引っ張って水を掛けてくれた多くの方々

 

暑さに負けそうになっていたところを

大勢の地元の方々に背中を押してくれた

 

前に進む元気をくれた

 

 

 

それだけでない

炎天下の中、共に頑張ってくれたスタッフさんやボランティアの人達には頭が上がらない

 

 

ホンマに感謝です

口コミでは、エイドが足りないやら

いろいろ書かれてますが、自分から見れば充分過ぎるレベル

 

ただ気温がね(笑)

今回は異常すぎた

 

とっても良い大会で来年も参加したいのだが。。。

やっぱ岩手は遠いよね(´・ω・`)

 

 

最後に・・・

この暑いなか、ずっと応援してくれた親戚のおじとおば達に感謝いたします

事前に、市役所とかで交通規制の場所を聞きに行き

応援場所の相談をしに行ってたり

いろいろな応援グッズを用意してくれたり

 

東京マラソンに続いて

不甲斐ない結果になってしまったので

次回、また応援に来てくれる機会があれば颯爽と走る姿を見せたいぁ~~と思うが、結局道中遊んで同じになりそうである(笑)

 

ようさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス