週末は武蔵野音楽大学入間音楽教室の体験教室へ。
音楽教室入室前の児童・生徒を対象としたレッスン体験がありました。
{9AA023CE-D4C6-4E01-BC67-29B26015898A}

娘のこの日一番の目的はピアノ!
音大管轄のグランドピアノ。良い音〜♪♪
娘はドの探し方とピアノを弾く手の形を教わり、一生懸命再現していました。
{D9759082-9E96-4ADF-B4AE-C380C3E6BCA4}

事前に予約したレッスンがない時間でも「先生たちに空きがあれば当日でも受付ます〜」とのことで、ピアノの後は声楽へ。
ソルフェージュの導入のようなことをやり、後半は歌を歌いました。
娘は同じ歳の子と一緒にレッスンを。こちらも楽しかった〜!
先生の本気の歌が聴いてみたくなりました^^
{110C8D0C-80F6-4620-89BD-4EFE11474559}

声楽のあとは「オルフ・メソード」というレッスンへ。
みんなで合奏したり木琴・太鼓・シンバルのような打楽器体験をしたり音楽に合わせて踊ったり。
確立されたメソードに基づいてみんなで何かをしたり作り上げることは楽しいだろうなぁと。
{9E7E3E09-13FB-4189-8822-BCC87DBAD6DB}

最後は事前予約はしていなかったけど娘の希望でバイオリンのレッスンへ。
「自由に楽しく弾きましょう♪」というスタイルの先生だったので娘は調子に乗ってうんと楽しんでいました!先生も乗せ上手で^^;
娘の次はレッスン生がいなかったので、私も色々話を聞いたりバイオリンを弾かせてもらったり←難しい( ̄▽ ̄)
{76109CA9-1EF7-4717-9D02-8915024A1696}
娘のバイオリンに対して先生からは「音感が良くて感情豊かで、指も長いし音もキレイ。バイオリン、やればいいのに。きっと何か持ってるわ」と言われて本人はすっかりやる気に^^;;
リップサービスがあるにせよ嬉しい講評でした♪

本人は「バイオリンも楽しかったけど、ピアノも楽しかった!」と。
引き続きバイオリンもピアノもやりたいようで。
どちらもレッスンを受けるのはどうだろう。
うん、もう少し考えよう。入間に通ってもいいし(入室試験あるけど)
毎日音楽に触れる…というか音楽にあふれた生活をしているので少し日数が経ってもその想いは色褪せることはないかと(・・;)

娘の性格を考えて申込をした音大管轄音楽教室の「本校以外」の場所はまさにピッタリでした!

個人的な意見ですが↓
本校(武蔵野音大なら江古田、桐朋なら仙川etc.)は比較的カチッとしていて指導方針のルートも一直線!遊びが少なく、親御さんもそのスタイルを望んでいる方が多い気がします。
本校以外は上昇志向が強くなくどこか楽しくのびのびと、でも方針と信念と先生の質はしっかり担保されているかなと。
ブログタイトルの"本校を外す"にはそんな想いがあります^^

そして、先生方の教え方が上手い!上手すぎる!
一回のレッスンで目から鱗のレッスン方法が次々と。
これを継続したら単に上手く弾けるようになるだけではなく、無駄な動きが少なくキレイな音が出せて、テクニカルなことも無理なくできるようになり、楽器演奏が嫌いにならないのでは?と思いました。
先生方は成功体験を作り出すのが上手くて多分練習も嫌いにならないだろうなと。

指導力のある先生以外のフツーの町中個人レッスンや大手音楽教室とは段違いの指導方法でした。素晴らしい(≧∀≦)

ちなみに、レッスン時間は大手音楽教室の倍、月謝は3倍程度です_φ(・_・

将来演奏家にならなくても&親にその気がなくても「質の高いレッスンを」と思われている方は是非音大管轄の音楽教室の体験レッスンへ。オススメです☆

後日、桐朋の「子供のための音楽教室」へ。
この音楽教室の一期生には小澤征爾さんや中村紘子さんが、卒業生にはのだめカンタービレの千秋先輩やコウノドリでの演奏を手がけるピアニスト・清塚信也さんやショパンコンクールの本選で入賞した私の大好きなピアニスト・小林愛実さん等々、世界の第一線で活躍する演奏家が多数^^
年少組ではどんなことするのか…今からとっても楽しみです♪♪

(娘・3y0m23d)