《公式》ヨシックスおやじの「研修日誌」 <いつまでたっても日々研修や>

奥野さん(御年65歳)が、

7/31に定年退職を迎えられました!

 

毎日、PAスタッフからもらう若いパワーを原動力に9年間。

 あっという間の65歳。

 入社時からすると、店舗数も、一緒に働く仲間も増え、

 ここらで一旦一区切りかな?

最後の最後に一緒に働いた仲間からサプライズまでしてもらい

自分も少しは会社の成長に貢献できたんかな?(奥野談)

 

 明日からはのんびりと、

孫の子守り……… 仕事している方が楽だったりして(笑)

奥野さん本当に長い間お疲れさまでした!!

 

少しのんびりしたら、再入社お待ちしてます!!

60歳過ぎても現役バリバリスタッフ活躍してますから!

浜松で、挙式&結婚披露宴開催!

 

コロナ感染が拡大する中、

さらには、豪雨による新幹線ストップ。

 

嫌なことなら、変えてみよう!

変えられないなら、楽しもう!

 

こんな時だからこそ、

みんなで喜びを、リアルに分かち合いたい!

 

大きな声で叫んでやる・・・

「カッコいい平野さーん、

 可愛すぎる茅さーん、

 ご結構おーめーでーとうーございまーす!」

※お二人の新郎新婦姿は、

 「ちょっと恥ずかしい」ということで、アップしてませんラブラブ

 

PS:「乾杯の音頭」は藤澤担当部長・・・

  前回に続き、しっかり笑いをとってる。

  乾杯の天才や。乾杯に完敗(>_<)

 

 

■25才の新鋭!店責あつしさんの研修日誌より

 

店責のあつしです・・・

閉店間際のⅬ.O、いつも元気なPAみずほさんが、

「や台ずし4人前40貫。通っちゃいました。

 すみませ~ん(-_-;)」と申し訳なさそうに・・・

 

誰もが早く帰りたく、片付けモード中!

その瞬間、ハッと気づいた!

 

「すみませ~ん」ちゃう!逆にありがとうございます!やん。

それだけで約4000円の売上!

自分も含め無意識にⅬ.Oのお伺い時に、

「注文せんといてオーラ」が出てたんちゃうかと心配になった!

 

美味しそうにお寿司を召し上がってるお客様の顔を見て、

売上だけやない、もっと大切なことに気づかされた。

こっちまで何か幸せな気持ちになった・・・

 

■新卒2年目社員、19才女子、優花さんの研修日誌より

 

小学生から高校まで、バスケ部。

何が楽しいかって?

練習したことが、結果に結びついた、その瞬間。

みんなで顔をぐちゃぐちゃにして泣いた。

うれしくて、うれし過ぎて、何度も泣いた。

 

今日は、店責会議。各店舗の成績発表もある。

私の店舗がボロ負けしてた・・・

「頑張ろう」なんて思ってるだけでは、負け続ける。

私は、「負けたくない!」だ。

「何ゆってんねん」って、先輩は言うかな。

料理、接客、会社訪問、キャッチ、色んな事教えてもらったから、

だから、「負けたくない!」だ。

 

思うだけじゃ、何も変わらない。

日々の料理、おもてなし、会社訪問、キャッチ、

ひとつひとつ前進させて、結果に結びつけて、

もう一度、スタッフみんなで、泣いてみたい。

 

ひとつ前の八柱駅で降りて、「常盤平さくら通り」を歩き、

常盤平駅へ向かった。

 

この通り、4月には約600本の桜が咲き乱れる、

とても綺麗な並木道。

新京成線に並行して、八柱駅から常盤平駅、

そして、や台ずしのある五香駅へと続く。

 

「歩いてきたんですか?」と店頭に立つ菜々美さん。

「私、このさくら通り、大好きなんです。

 あいにく桜は咲いていないけど、

 緑に輝く木々を見ていると、

 みんなで相談して、来年に向けて、

 準備しているみたい。

 どんな風に綺麗な花を咲かせようかってね」

 

「ちょうど、私たちの新店の準備みたい。

 高校一年からバイトして、6年ちょっと。

 沢山のお客様、スタッフに恵まれて・・・

 一期一会、一つ一つの出会いが、私の大切な宝物。

 時々思い出すと、サプライズ!って心の花が咲く。

 そんな思い出の場所を作ってくれた店先で、

 なんだか腰に手を当てて、胸を張って空を見上げたい気分。

 さぁ、明日はオープンだ」

 


鳥栖駅に貼ってあった。
本当に「よか未来」が来ると思えてきた。
言葉の力、アートの力、
いろんな力が鳥栖には息づいている。

駅前に君臨するスタジアムの名前は、
「駅前不動産スタジアム」!
めちゃ力強くて最高!

新店「や台ずし鳥栖町」、店長は岩本さん。
応援の為、ご家族一同集結!
お孫さんの梨愛ちゃんが叫んだ。
「おじいちゃんの寿司は、よか握りたい!」


戦略会議後、さらに直営店で反省会。

各部長が集まる中、最後〆の挨拶は、

平成19年、20才で入社のH担当部長、35才。

 

「厳しい状況の中、一番大切なことは自分を見失わないこと。

何をさらに深化させてやり遂げるのか?

何を変えていかなければならないのか?

梅雨入り宣言がだされても、

梅雨入り坊やの発表は・・・まだない。

心の中までジメジメしないように。」

 

堂々と立派なこと言ってるなぁ。

逆境の中でも、笑いを忘れず、

やり続けてきた彼の人生が垣間見えた。

 

この顔、若かりし頃、色々あったんだろうなぁ

 

弊社、第36期経営指針書の112ページ・・

「ドリンクをお渡しする時、お客様の目を見て・・・

 すると、ありがとう!って言われることが多くて・・

 それが、私の活力です」

 

自画像がとてもかわいい彼女も、退職して一児の母に。

約10年前、高校で面接、即決!したことを思い出す。

 

にぱち多治見駅前町のレセにご家族で参加。

「今日、バンダナと制服持ってきたよ。

 なに座ってんの?仕事仕事って、

言われるかと思って。」

 

さすがにそれは無いでしょう・・・

小さな子供つれて、ご両親と一緒に参加して。

「お母さん、やっぱり彼女天然だね。」

でも、ホント。

天然だからこそ、余計にその気持ちうれしい!

 

リモートでは決して繋がらないシーンがあると思う。

それを大切にして、明日のオープンをむかえたい。

 

弊社として、今期初オープン!

鳥取2号店目、「や台ずし末広温泉町」!

 

開店前日、取引業者様をお招きして、

定例のレセプション。

 

スタッフの一挙手一投足に目を光らせ、

時間ごとの手洗い、換気がされないと、

安藤マネジャーの激が飛ぶ!

「こらぁ!こういう時期だからこそ、

 安心、安全、安藤なんじゃい!」

 

最後は三々七拍子で締めるのだが、

業者様から自然と沸き起こった安藤コール。

安心、安全、安藤、イェー!

タケル君9才からお便りが届きました。

 

や台ずし桑名駅前町、

営業再開直後にご来店して頂きまして、

誠にありがとうございます。

 

「うまい」と一言。さすが常連様!

そしてシンプルな似顔絵?

 

そりゃあ、自粛自粛って、

とても大切なことは、

わかっちゃいるけど、

文句のひとつも言いたいよね。

 

旨い寿司食べたら、

ムンクの「叫び」も「喜び」に変わったかな。

 

次回は手も書こうぜ! サンキュー!