細い路地に息をひそめる太平のレストラン | 札幌発 B級グルメ放浪記

札幌発 B級グルメ放浪記

札幌のB級グルメを食べ歩きしながら、まちの魅力を再発見

 

秋晴れの青空が鬼嫁の背中をポンと押したのか…

スープカレー以外は針に糸を通すくらい難しいのにニコ

 

 

 

創成川通と東8丁目篠路通に挟まれた住宅街。

 

 

偶然通りかかることなどあり得ない小道にひっそりチョキ

 

ずーっと、気になっていたんですよね。

緑に覆われた古民家の前には、駐車スペース3台分。

 

車が歩道にはみ出てしまうのは、やむを得えずタラー

 

 

 

ひょっとして、看板はこの黒板だけ!?

 

 

中から出てきたご主人が、

感染防止のため、手を消毒してくれて、

 

「利用は90分以内、水のサービスは最初の1杯だけ」

 

と丁寧なレクチャーを受けてから、中へあしあと

 

 

 

木のぬくもりを感じる店内は、

あちこちに緑をあしらい、少し暗めで落ち着いた雰囲気ニコニコ

 

 

 

天井が高く、2階もあるかと思ったら、

階段は、飾り棚として使われているみたいキョロキョロ

 

 

先客は、カップル1組。

後から、カップル2組と女性2人連れが…

 

やはり、知る人ぞ知る人気店なのかなアセアセ

 

 

 

女性店員が持ってきてくれたメニューをじっくり拝見ウインク

 

 

メニューは、760円からと思いのほかリーズナブル虫めがね

パスタは、トマトソース、ミートソース、あっさり系、クリーム系。

 

 

完売になったメニューも気になるけど、

店名の 「アウェーコ式」 が付いた料理も気になってうずまき

 

 

 

ピザ、ドリア、肉・魚料理と豊富なラインナップハッ

それに、おじやもあるとなれば、分かる人には分かりますよね。
 

奥様らしいお姉さんに相談しながら、ついにオーダーお願い

 

 

 

奥の厨房ではご主人が静かに調理キョロキョロ

どうやら、ご夫婦でやってらっしゃるみたいですね。

 

 

 

 

 

素敵な雰囲気を味わっていると、20分もあっという間ベル

 

 

「漁師風ドリア」 1080円。

見るからに美味しそうな焦げ目がしっかり!!

「怒った漁師風」 もありましたが、鬼嫁は意外にノーマルチョイス。

 

 

 

ホワイトソースは、アッツアツ炎ですが…

 

思いのほか、あっさりやさしい味わい☆

 

エビやムール貝、ホタテなど魚介がたっぷりOK

 

 

 

もっと濃厚な方が鬼嫁の好みらしいけど、

ボクならこれくらいの方が、最後まで飽きずに食べれそうもぐもぐ

 

 

 

 

「プッタネスカ・アウェーコ式」 910円。

ボクは、トマトソースベースのパスタからオリジナルを爆笑

 

ソースには、オリーブの実、ケーパー、アンチョビなどチュー

中にもチーズが使われているのに、粉チーズも添えられています。

 

 

 

パスタなんて、久しぶりだなぁ風船

 

 

 

ちょっと太めのパスタは、プリプリの弾力ラブラブ

 

唐辛子でピリ辛のトマトソースには、

オリーブの実がゴロゴロ、チーズがトローリラブ

 

終盤に、追いチーズで味変も楽しめましたヒヨコ

 

 

 

 

利用制限がなかったら、もっと長居したくなりますね。

今はどこへも出掛けられないけど、ちょっと旅した気分拍手

 

 

 

2008年(平成20年)オープン。

プー横丁出身の店主の実家を改装した隠れ家系レストラン。

店名は、宮古の方言で 「細い路地」 という意味なんだそう流れ星

 

 

 

 

札幌市北区太平4-4

 レストラン アウェーコ

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いしますお願い
人気ブログランキング