アイデアも品揃えも豊富な新川のお餅屋さん | 札幌発 B級グルメ放浪記

札幌発 B級グルメ放浪記

札幌のB級グルメを食べ歩きしながら、まちの魅力を再発見

 

一気に雪が積もったので、近場で甘いもの探し。

といっても、何でもいいというわけにはいかないわけでニコ

 

 

 

新琴似通沿い。

JR新川駅から、徒歩15分ほど。

 

 

ログハウスっぽさがひときわ目を引く建物チョキ

その前のひときわ目を引く幟の絵が決め手になって、Uターン。

 

 

いつもは駐車場がいっぱいなんですけど、

午後3時を過ぎると、すんなり停めれるんですねウインク

 

 

 

おすすめの大福をチェックしつつ、中へあしあと

店内は、天井が高く、木のぬくもりにあふれています。

 

 

 

どら焼きやきんつばなど焼き菓子も揃うけど…

 

 

 

やっぱり、大きなショーケースの中キョロキョロ

おやつの時間を過ぎたとは思えないほどの品揃え。

 

 

定番から変わり種までが目白押しなんですよね流れ星

 

 

 

ショーケースの上にはおすすめもハッ

 

 

 

そろそろ、この季節ですよねベル

 

 

お目当ての大福はいちごの大きさで、

230円、700円、800円、そして、1000円もする超特大級まで!?

 

中はすべて 「あまおう」 なんですってまじかるクラウン

 

 

 

2011年(平成23年)元町で創業。

2013年に新琴似、2016年に再移転してからは定着。

アイデアも品揃えも豊富なので、全制覇はキビシイかも拍手

 

 

 

 

 

さて、甘いものでみやびなひとときをラブラブ

 

 

 

「豆大福」 145円 & 「黒豆きなこ大福」 160円。

一番人気の豆大福は、安定の美味しさラブ

豆の存在感もすごいけど、こしか粒かを選べるのもいい。

 

 

初めての黒豆きなこは、もうちょっと甘くてもいいんじゃない

と思うほど甘さ控えめなので、何個でもイケちゃうかもアセアセ

 

 

 

「桜餅」 130円。

粒感を残した桜餅は、葉の塩気で甘さが引き立ってOK

 

 

 

「特選いちご大福」 230円。

求肥のようにやわらかい生地にも、いちごの果汁入り!!

 

 

 

こしあんは餅といちごの間に薄っすらとチュー

ジューシーないちごの甘酸っぱさが、実にさわやか。

 

 

春の訪れを願わずにはいられません流れ星

 

 

 

 

札幌市北区新川4-6

 もち工房 みやび

 

 ←よかったらぽちっとお願いしますお願い
人気ブログランキング