飛騨路を巡ってきました【五】飛騨高山温泉 | 札幌発 B級グルメ放浪記

札幌発 B級グルメ放浪記

札幌のB級グルメを食べ歩きしながら、まちの魅力を再発見

 

鬼嫁が早く行きたがっていた二日目のお宿へ。

飛騨古川から車で30分もかからずに、到着しましたニコ

 

高山の中心街から少し離れた閑静なエリアに、こじんまり。

 

 

 

さんざん動き回ったので、ゆっくりしてくださいな。

 

 

玄関で靴を脱ぐと、 「さるぼぼ」 とご対面猿

さるの赤ちゃんは、安産や無病息災のお守りなんだとか。

 

 

 

広々とした落ち着きのあるロビーで、チェックインの

手続きをしている間、ウェルカムドリンクのおもてなしニコニコ

 

 

 

チョイスした生姜湯は、あったまりますね~

手作りの栗きんとんも、栗そのものが持つ甘さがやさしい栗

 

 

 

案内された純和風の部屋は、木のぬくもり&床暖。

バリアフリーなので、お風呂に行くのもはだしのままでOK

 

 

高山では数少ない自家源泉の温泉は、

滑らかなとろみがあって、肌になじむ感じウインク

 

 

 

 

 

いよいよ、お待ちかねの夕食タイムナイフとフォーク

 

 

夕食は部屋食ではなく、こちらの個室でゆっくりとキラキラ

名札で分かりましたが、別の個室には外国の方々も。

 

 

 

食前酒もスタンバイ状態だったけど…

 

 

 

まずは、ビールで乾杯生ビール

一時期はどうなるかと思ったけど、予定どおり回れたね。

 

 

 

見た目も美しい前菜の数々ベル

 

 

 

松茸の土瓶蒸しは、香り松茸と言われるとおり…

 

出汁の香りが最高で、松茸もコリッコリ☆

 

 

 

富山から仕入れているという新鮮なお造りグッ

とろけるような中トロ、歯応えがすごいヒラメとハマチ。

 

 

 

…とくれば、やっぱり日本酒をいただきましょうか。

 

 

仲居さんがすすめてくれた 「山車 純米上澄」

飛騨古川の地酒もありましたが、やっぱり高山の蔵元ですね。

 

辛口だけど、芳醇な口あたり☆

 

 

 

飛騨牛ローストビーフに、山葵ソースが合うびっくり

 

 

 

鰆の蓮蒸しって、料理人の技が際立ちますね筋肉

 

 

 

そして、いよいよ 「飛騨牛ステーキ」!!

昨日の朴葉味噌焼きと被らなくて、よかったー。

 

 

 

自分好みの焼き加減で…

 

ひと口噛めば、ジュワ~ッ☆

 

厳選された飛騨牛には、山葵もいいけど、

やっぱり、粗塩の方が肉の甘みが引き立つかもニコニコ

 

 

 

子持鮎炭火焼きは、ソースに付けずともそのままでOK

あまりのおいしさに、頭も骨もいただいちゃいました。

 

 

 

フルーツで口を整えた後は…

 

 

 

飛騨こしひかりのご飯が美味いもぐもぐ

「赤かぶら漬」 は、飛騨の名産なんだそう。

 

 

 

豆腐のレアチーズ、これがまた絶妙拍手

 

 

仲居さんとの語らいもあって、

2時間かけてゆっくりと食事を楽しむことができましたラブ

 

鬼嫁は、少し酔いが回ったようですが…

 

 

 

日中とは違う夜の雰囲気もいいんだなぁ照れ

鯉を見ながら足湯に入っているカップルもいて…

 

 

 

 

 

翌日も、朝風呂の後、夕食と同じ場所でナイフとフォーク

 

 

わーい、朝からゴージャスグラサン

 

 

 

地元の豆腐を使った湯豆腐もアツアツだしチュー

 

 

 

「朴葉味噌」 でご飯をお代わりしちゃいました爆笑

 

 

 

囲炉裏といい、調度品といい、

YOUたちにも人気の宿というのが分かりますキョロキョロ

 

 

 

ロビーでコーヒーもいただいてピンクハート

 

 

 

すっかり、お世話になりました。

あまりの心地よさに、ちょっとのんびりしすぎたかもアセアセ

 

 

夜になって再び降り出した雨も上がったようだし、

最終日の目的地に向けて、出発進行車

 

 

 

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いしますお願い
人気ブログランキング