長い歴史とともにたぐるすすきののおそば屋さん | 札幌発 B級グルメ放浪記

札幌発 B級グルメ放浪記

札幌のB級グルメを食べ歩きしながら、まちの魅力を再発見


テーマ:

 

宴会がお開きになったけど、まだ物足りないような…

ラーメンもいいけど、たまには、そばで〆るのもいいかも 三 (/ ^^)/

 

 

「豊水すすきの駅」1番出口からすぐ。

地下鉄南北線「すすきの駅」から、徒歩3分ほど。

 

 

何度もこの前を通り過ぎたことはありますが、

ラズベリーさんのローテーション店だし、本店ですからチョキ

 

 

 

江戸文字のメニューが目を引きますねキラキラ

反対側のショーケースには、日本酒もズラリと並んでいます。

 

 

 

間もなく閉店時間を迎える店内は静かで、ジャズがルンルン

 

対面式のカウンター席やテーブル席、それに、

小上がり席もあるみたいで、先客が1組だけいました。

 

 

「まだ、大丈夫ですか?」

店員さんに一応声を掛けて、テーブル席に (*^o^*)

 

 

 

メニューは、定番ものや季節限定など種類豊富ビックリマーク

一番人気は、意外にも「ざるそば」なんですね~

 

 

 

自信作の「かきあげそば」「牡蠣そば」なども

気になりますが、〆なのでリーズナブルなものでお願い

 

 

 

それにしても、随分と歴史のある店なんですね叫び

 

 

 

奥の厨房を黙々と切り盛りしているのが、

三代目のご主人なんでしょうね、きっと (〃∇〃)

 

 

 

 

まさに、一日の〆にふさわしい一杯じゃありませんかベル

 

 

「とじそば」 680円。

同じ値段の「月見そば」より、好きかもドキドキ

一面黄色く覆われ、そばの姿は全く見えません。

 

ちなみに、温かいそばにも、そば湯が供されます。

 

 

 

シンプルなそばだけに、火加減が決め手OK

玉子が半熟すぎても、硬すぎてもダメなんですよね。

 

 

 

こんなとこにも、時代を感じますひらめき電球

 

 

 

あっさりしたつゆは、ほんのりとした甘みラブラブ

 

玉子はふわっふわ (・ω・)b

 

絶妙玉子がつゆをまろやかにして、胃にやさしい。

 

 

 

そばは、二八の更科みたいグッ

コシはさほど強くないけど、途中で切れるほどヤワじゃない。

 

 

 

あとは一味を掛けて、一気にズルズルッと (^∇^)

 

 

 

そば湯はさらっとタイプ (≧∇≦)

 

 

 

体の中から、あったまりましたクラッカー

 

 

後から、2人組と、1人が入ってきました。

閉店間際でも、蕎麦酒を楽しむ人がいるんですね (*^.^*)

 

 

 

1949年(昭和24年)のオープン。

大正8年創業の長い歴史のある老舗の風格を残しつつ、

庶民的な雰囲気を併せ持つおそば屋さんです\(^_^)/

 

 

 

 

札幌市中央区南4西1

  そば処 東家本店

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いします (*^▽^*)
人気ブログランキング

 

クリームスイカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス