昨日までの3日間3時過ぎには連日防草シート張りをしていた。


新築予定地は元々大きな栗畑だった。

そこを父が亡くなった時に8区画に分けて兄妹で相続した。


年月が経ち姉たちが売りに出し今年の初めには私の土地を含めて並んだ4区画のみが残った。


今年になって我が家が家を建てる事になり相談の結果 整地ついでに

残っていた栗の木を全て伐採した。


三番目の姉の土地は数年前から不動産会社に依頼して売りに出していたが

栗の木がある状態だった為 なかなか売れないでいたが

不動産会社の紹介記事を整地した状態の画像に変更したら直ぐに売れて

あっという間に家が建った。


こうして畑だった4区画は 端から我が家の建設予定地、実家所有の畑、新築された家、長姉所有の畑地となり

新築された家は畑に挟まれたかたちとなった。


土地の形は道路に向かって間口が10メートル強 奥行きが20メートル強の長方形。

新築された家の境界のブロックとフェンスが奥行き二辺完成したので

早速ブロックに沿って防草シートを張った。


我が家が完成すればご近所さんとなるのでご近所トラブルの芽は摘んでおきたいからね❗

私はこの手の作業が大好きなので 一人で黙々とやりました🎵




姉の土地の方には金柑の木が一本あったのでその木を囲むように
道路側の間口の幅にもシートを張り巡らして完成(囲んでおかないと兄に除草剤まかれちゃう)。

我ながら頑張った(*^^*)

新築された家の外構工事をやっていたおじさんにも

「上手だぁ」(秋田弁)

と誉められ

息子位の年齢の子には

「この間小さい子ども連れて来てましたよね」

と聞かれ

「孫を連れて来てたんだよね」

と答えたら

「え、お孫さん❓️ いくつ何ですか❔」

「私、62才だよ」

「え〰️ 40代かと思ってた」

と お世辞でも嬉しい事を言われてご機嫌で帰って来たのでした🎵