ご訪問ありがとうございます。

 

 

 

 

最近、発売になった「ミニチュアフード」シリーズ。

 

 

楽しませてもらっています。😊

 

 

 

作り始めてfacebookへ投稿すると、

友達から「このシリーズ大変だよね〜」のコメントが。

 

 

 

ええ、そうですとも。

昔、娘のために「アーサー君」シリーズ(骸骨の人体模型)を

夫婦、じーちゃん、ばーちゃんで買い続けた過去がありますから❗️

よ〜くわかっていますとも❗️(笑)

 

 

 

一回の値段は安いんですけど、

シリーズで続けていくと...‼️

 

 

 

よく考えられている販売システムですよね〜!

 

 

 

私も手を出しす前、

何回も迷いましたよ❗️

 

 

 

で、最終的には、

続けなくてもいっか〜

となり、始めました。

 

 

 

実際のところ、週一で発売されるらしく、

値段的には月一習い事に行ったら、かかる金額くらいだと思うのでOKですが、

そのハイペースで作るほどの情熱はどうかしらん?といったところ。(笑)

 

 

 

なので、作りたい物の時に買って、作りたい時に作ればよいかと思ってます。

 

 





買う前に悩んだこととか、

友達のコメントとかで、

 

コレって日本人にありがちな罠だな〜って思いました。

 

 

 

何事も「続けることが良いこと」って刷り込まれてますよね。

 

 

 

始めたら、続けなきゃいけないって。

 

 

 

このシリーズの場合、

売る側がシリーズにしている時点でそれを狙っているから余計ですよね。

 

シリーズで続けると手に入るおまけもあるし。

 

 

 

 

でも、物事ってやってみないと

面白いかどうかもわからないし、

それが好きかどうかもわからない。

 

 

 

それを続けなきゃいけないっていう視点で見て、

始める前に判断するなんて、苦しくて仕方ない。

 

 

 

わからないことを失敗しないように判断しなきゃいけないんだもの。

 

 

 

で、その判断が間違ってても、

「始めたら続けなきゃ」って、

二重に苦しむこともしばしば。

 

 

 

何のために始めるのかの目的を見失ってますよね。

 

 

 

このミニチュアフードシリーズは、

私は「ただ作ってみたい」という動機と

「楽しむため」という目的でした。

 

 

 

だから、別に続けなくていいやってなったんですよね。

それで始めることができた。

 

 

 

物事を始める時って、

そんな風に悩むことありますよね。

 

 

 

そういう時は一回、

「続けなきゃいけない」を外して、

何のためにやりたいのかを考えたら、

ハードル下がって始めやすいと思います。

 

 

 

 

 

ご自身で外しづらい思い込み外しのお手伝いしています。

 

 

 

 

 

 
 
 

思い込みを外し、人生を楽に楽しくするセッション

 
何を学びどう成長したのか?また、やりたいことはやったのか?
人生の振り返りのお手伝いをします。
「ただ話すだけで、癒され現実を動かす」
 
 

 

{C75181F6-1171-4986-829C-108FAFB4AFB3}

通常の糸かけ曼荼羅は、

48バージョン、64バージョンの

糸かけ曼荼羅が作れるようになります。
糸かけ曼荼羅WS詳細
 
 
 
 
お申し込み・お問い合わせ

メール w.soill40@gmail.com

 
返信がない場合、受信設定の可能性があります。
お手数ですが、@gmail.comから受信できるよう設定されて
再度お問い合わせください。