除外承認における国保組合と年金事務所の情報のやり取りが全て紙ベースで、3往復ぐらい必要。令和時代に文通のレベル、

社労士的には物凄く迷惑。

 

ということで久々に高松まで申請のために移動。

来週は新規適応の手続きで東かがわ市まで行かないといけない様子。

 

5月に社保、雇用、労災フルセットの新規適応手続きが2件。

どちらも多分以後の顧問契約に至らないという残念な案件。

連休もなくなりそう。お金もなくなりそう。

 

参考にすべき意見を確実に参考に出来る人はすごいが、よりすごいのは

無視すべき意見を確実に無視できる人。