さて、今日は埼玉の坂戸でまずはサッカー観戦でした。
今日は、東国大グで関東女子サッカーリーグの入れ替えトーナメントがありました。
まずは、第1試合のレポートです。


関東女子サッカーリーグ入れ替えトーナメント1回戦 東京国際大学L3-1つくばFCレディース(東国大グ)
得点:相沢 池上 庄 衣奈

試合はいきなり動きます。
東京国際大Lが相沢のミドルを決めて先制します。
さらに東京国際大Lは相沢や池上を中心に攻めていく流れに。
つくばLは徐々に落ち着いて流れを作っていきます。
しかし、東京国際大Lは左から相沢が突破してのパスを池上が押し込み追加点。
前半は東京国際大Lが2点リードして折り返し。
後半になると、相沢からのパスを庄が決めて追加点。
しかしつくばLは衣奈がうまく抜け出してゴールを決めて1点返します。
ここから流れは互角になりますが、なかなか得点を奪えない状況に。
つくばLは一気に3人替えて勝負に出ますが、最後まで追加点は奪えず。
結局、試合は東京国際大Lが3-1でつくばLを下し、2回戦に駒を進めました。


というわけて、両チームの指針へ。

まずは、ホームの東京国際大L。
今日も相沢は大活躍でしたね。
1得点2アシストの大活躍となりました。
また、今日は藤田が思った以上によくやっていたなという印象を受けました。
後半にあったり点を取ってからすぐに返されましたが、慌てなかったのもよかったですね。
また明日も試合があります。
どんな試合を見せてくれますか。

一方、アウェイのつくばL。
試合勘の差が出ましたかね。
前半も後半もいきなり点を取られる苦しい形に。
そこをうまく乗り切れていたら、また違った形になったかもしれません。
後半に衣奈がうまく抜け出して決めましたし、三輪や野尻が入ってから一気に畳み掛けようかという雰囲気はあったんですけどね。
最後まで追加点は奪えずにいましたかね。
また、県リーグで頑張ってほしいですね。


東京国際大Lがしっかりと強さを見せつけ2回戦進出。
つくばLはいきなり先制されたのが結果的に尾を引いた。
そんな試合でした。
140125_100708.jpg