さて、続いては第2試合のレポートです。
女子インカレの決勝が行われました。
早速、レポートです。


全日本大学女子サッカー選手権大会決勝 筑波大学L1(延長戦0-1)2吉備国際大学L(西が丘)
得点:鎌田 伊藤 高野(延長)
主審:坊園真琴(1)

試合は、ほぼ互角の流れになります。
吉備国際大Lは倉員や杉田を中心に攻めていく流れに。
筑波大Lは大友や山守を中心に攻めていく流れになります。
試合はほぼ互角のまま進んでいきます。
先制は吉備国際大L。
右CKから鎌田がうまく合わせて先制します。
さらに吉備国際大Lは攻めていく流れに持ち込みます。
前半は、吉備国際大Lが1点リードして折り返し。
後半になると、風上の筑波大Lもうまく展開していく流れになります。吉備国際大Lは何とか守りながらカウンターに持ち込む展開に。
そうすると、筑波大Lは右CKからのこぼれ球を最後は伊藤が押し込んで同点に。
試合は1-1のまま終了し、延長戦に。
延長戦になると、吉備国際大Lがリズムをつかみます。
さうすると、吉備国際大Lは延長前半の終了間際に右から高野がうまく突破してゴールを決めて勝ち越し。
延長後半になると筑波大Lも大友を中心に攻め上がりますが、吉備国際大Lの守備を崩せず。
結果、試合は吉備国際大Lが2-1で筑波大Lに勝利。
インカレ初優勝となりました。


というわけで、両チームの指針へ。

まずは、ホームの筑波大L。
今日は横山を出場停止で欠く中、よく頑張ったと思います。
攻撃では山守が存在感。
前によく展開してチャンスを作ってましたね。
また、大友も頑張っていたと思います。
守備ではGK國香でしょう。
3~4点ぐらいは止めて大活躍でしたね。
また、男子部員を含めた応援も見事だったと思います。
すごく後押ししてたなと思いました。
試合には確かに負けはしましたが、胸を張ってほしいですね。
次のシーズンも楽しみです。

一方、アウェイの吉備国際大L。
まずは初優勝、おめでとうございます。
今シーズンはなでしこリーグに何とか残留という苦しいシーズンでしたが、最後に結果が出たように感じます。
今日は倉員はなかなか活躍出来ませんでしたが、杉田が積極的にシュートを打ってましたね。
また、高野の勝ち越しはお見事でした。
守備は筑波大Lに相当苦しめられはしましたが、何とか守り切りました。
こうやって厳しいシーズンを戦った上での優勝は、嬉しいと思いますね。
3月からのなでしこリーグに切り替えてほしいです。


吉備国際大L、ついに念願の初優勝。
筑波大Lは吉備国際大L相手に大善戦も、最後に力尽きた。
そんな試合でした。
140119_100347.jpg