さて、続いては第2試合のレポートです。
なでしこリーグを戦いながら力を付けた吉備国際大Lと、インカレ男女アベック優勝の可能性がある大阪体育大Lの試合になりました。
早速、レポートです。


全日本大学女子サッカー選手権大会準決勝 吉備国際大学L2-0大阪体育大学L(西が丘)
得点:倉員 高塚
主審:山下良美(1)

試合は、吉備国際大Lのペースになります。
そうすると、吉備国際大Lは左から倉員が突破してうまく決めて先制します。
さらに吉備国際大Lは倉員や杉田を中心に攻めていく流れになります。
大阪体育大Lは吉備国際大Lの攻撃を何とか防ぎながら、三橋や本多にボールを集めます。
前半は、吉備国際大Lが1点リードして折り返し。
後半になると、大阪体育大Lも何とか点を取ろうとしますがうまくいかず。
吉備国際大Lは畳み掛けますが、なかなか大阪体育大Lの守備を崩せません。
それでも吉備国際大Lは、左からのクロスをうまく菅原がスルーして走り込んだ高塚が決めて追加点。
大阪体育大Lも戎を入れて何とかしようとしますが、最後までうまくいかず。
結果、吉備国際大Lが2-0で大阪体育大Lに勝利し、決勝進出を決めました。


というわけで、両チームの指針へ。

まずは、ホームの吉備国際大L。
勝つには勝ちましたが、厳しい試合になりました。
倉員があっかり決めて、これはラッシュになるかなと思いましたがうまくいかず。
ここから大阪体育大Lの守備に苦しめられる結果となりました。
なでしこリーグの時は大学院生もメンバーに入れられますが、
この大会では入れられないのも苦しい試合になる要因だったかもしれません。
それでも前半は倉員が大活躍。
後半途中から交代で入った菅原もいいスルーを見せてくれました。
守備に関しては、大阪体育大L相手にしっかりと守ることに成功しました。
ただ、選手はまだまだこんなもんじゃないと思っているでしょう。
次の試合も楽しみですね。

一方、アウェイの大阪体育大L。
守備に関しては、1点取られてからは落ち着いて身体を張っていたと思います。
ゴール前で何人も防ぐシーンもありましたしね。
ただ、逆に攻撃に人数をかけられなかったですね。
本多や三橋が奮闘はしましたが、もう1人ぐらい前で頑張れる選手がほしかったなと思います。
後半はセットプレーから岡本に合いそうな惜しいシーンもあったんですけどね。
ただ、関西のチームも強いんだよというところは見せてくれたと思います。
次のシーズンもいいチームを作ってほしいですね。


吉備国際大L、順当に決勝進出も内容には消化不良も。
大阪体育大Lの守備が頑張るも、点が取れなかったのが痛かった。
そんな試合でした。
140117_100654.jpg