さて、続きまして第2試合のレポートです。
関東王者の専修大に、同志社大が挑む形になりました。
早速、レポートです。


全日本大学サッカー選手権大会準々決勝 専修大4-1同志社大(夢の島)
得点:町田2 大西2 石津
主審:河合英治(3)

試合は、終始専修大のペースで進みました。
前半から攻撃陣が常に動き回り、同志社大を苦しめていきます。
しかし、チャンスをこどごとく外していき、専修大もあれ?という流れになります。
しかし、専修大は、ゴール前の混戦から町田が押し込んで先制。
さらに、右からのクロスに大西が頭で合わせ追加点。
同志社大も、前半終了間際に中央で粘ったボールを石津がうまく合わせ、1点返します。
前半は、専修大がリードして折り返し。
後半になると、同志社大も辻や村上を投入して、何とか追いつこうとします。
しかし、ペースは専修大に。
中央突破から町田が決めて3点目。
試合終了間際には、左からのクロスに大西が再び頭で合わせ、4点に。
結果、専修大が4-1と同志社大を圧倒し、ベスト4に駒を進めました。


というわけで、両チームの指針へ。

まずは、ホームの専修大。
4点取りましたが、まだまだこんなもんじゃないだろうという印象を受けました。
チャンスをしっかりモノにしていれば、多分7~8点は入ったんじゃないかなと思います。
今日も大西は大活躍でしたし、仲川、長澤、町田を中心とした攻撃陣がよく機能してましたね。
課題といえば、同志社大相手に結構守備は手こずっていたんじゃないかと思います。
次の相手は、第1試合で勝った中京大です。
したたかなチームを相手にどうしますかね。

一方、アウェイの同志社大。
春の練習試合での2-9よりは、まだマシな試合だったと思います。
しかしながら、それでも力負けでしょうね。
スタメンの辻と村上を温存したのが、裏目に出たように思います。
まぁ、今年の同志社大は、ここまでよく勝ち上がってくれたなぁと思ってます。
来年は4年生が結構抜けるので、また厳しいシーズンにはなるかと思います。
チームの地力に期待したいです。

専修大の評判通りの強さを見せ付けられた試合。
今年の専修大は、ホントに相当強いなと再認識した。
そんな試合でした。