ヨシザワ想造建築 鳥海です。

 

相変わらず車の話です。

 

今回は、関西でお世話になっているカーショップさん主催の走行会に参加してきました。

 

会場は、日本を代表するサーキット「鈴鹿サーキット」にチャレンジ

 

1周 5.807kmで日本のサーキットの中では最も距離が長く、またグレード1というFIAの規格をクリアしているサーキットでもあります。(日本では、富士スピードウェイと鈴鹿サーキット)

 

毎年、モータースポーツの頂点であるF1日本GPが開催される唯一の場所でもあります。

 

 

 

当日は、天候良く路面もしっかりドライのコンディションで臨むことができました、数日前の天気予報では雨マークだったのですが、、、。

 

 

 

 

 

今回はレース用の4点式シートベルトを新たに導入致しました。

ガッチリホールドされるので、変に体が動かずドライビングに集中できます。(但し公道で使用はNGです)

 

各自、準備はピットで行いますが、周りはポルシェなどもいたり、中には日本のレースで実際にドライバーとして参加している方がいたりと、走る前はかなり緊張しました、、、。

 

 

 

 

 

主に行うのは、タイムアタックですが今回は初走行でもあるので、2'50.000台のタイムを目標に走りました。

 

実際に走ってみると当たり前ですが、コース幅は広く、レコードラインもどこを走ればいいのか全然わからない、、、ホームストレートやバックストレートでは、スピードメーターが今までに見たことない数字を指していましたし、ブレーキのポイントも含め午前中はかなり苦戦しました。

 

 

 

 

 

ですが、午後の走行では午前の反省を生かしつつ何とか目標のタイムを上回る2'48.476を記録することができました。

(その日のトップタイムの方は、2'25秒台、、、さすがプロのドライバーはすごい)

 

 

 

 

ともあれ車も自分にも何も起きず、無事に終了できたので良かったです。

鈴鹿サーキットを実際に走るというかなり良い経験にもなりました、年に何回も参加できることは難しい場所ではありますがまた機会があれば参加したいと思います。