ENJOY!よしかわで子育て!小中学生編♪BYよしよしねっと

ENJOY!よしかわで子育て!小中学生編♪BYよしよしねっと

埼玉県吉川市子ども・子育て応援サイト「よしよしねっと」の中の、
小中学生のお部屋です♫よしよしねっともよろしくね!http://yoshiyoshinet.com/

こんにちは!埼玉県吉川市子ども・子育て応援サイト「よしよしねっと」です!

小中学生編♪では、吉川市に住む小学生・中学生・高校生の親御さんに向けて、
気になる情報を発信しています♪

テーマから知りたい情報が選べます♪ぽちっと押して確認してみてくださいネ!
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

「お味噌汁がさめない距離。。。

 

とは、よく言ったものです(^^)/

 

どんなに素敵な両親でも、どんなに「わたし」が素敵な人でも

テンパると、ついいらない自分が出てきちゃうものだ

 

そこで おすすめなのが「近居」

適度な距離をとりながらも、頼りたいときに頼れる

 

そりゃ~カワイイ孫に会えるとなれば、適度な配慮さえあれば、かえって親孝行になることもある

感じ方、。人それぞれ。。。考えすぎるよりは、行動してみるべし(^_-)-☆

 

URさんでも、絶賛おススメ中らしいですよ~

https://www.ur-net.go.jp/chintai/whats/system/kinkyo/

 


テーマ:
こんにちは!

暖かくなってきて、空気の匂いも春めいてきましたね。
新しい一年がまた始まる!そんなワクワクな気持ちで心が弾む今日この頃のムクムクです。


先日吉川市で行われた、
『こどものまちのココがスゴイ!』
という地域子育て講演会に行ってきました。
この講演会、
とーーーーーーーっても!!面白かったんです!!

なのでご報告させてください。

講師は千葉県佐倉市で『ミニさくら』という『こどものまち』を運営されている中村桃子さん。

みなさん『こどものまち』ってご存知ですか?
『こどものまち』とは、子ども版の小さなまちです。
子どもが小さなまちの住人となって、まちのなかでお仕事をして、地域通貨を稼ぎます。
その通貨でまちにある食べ物や商品を買ったり、ネイルサロンなどのサービスが受けられるというもの。
もちろんその食べ物やサービスも、子ども達が作ったりスタッフとなって働いています。

こどものまちはドイツのミュンヘンで『ミニミュンヘン』として始まり、
30年以上にわたって開催されています。

中村さんはこのミニミュンヘンに参加し、
子ども達のキラキラして働く姿に感化され、ぜひ日本でもこどものまちをやりたい!!という熱意の元、
地元佐倉市でミニさくらを開催しました。
そして今では日本全国でこどものまちが開催されています。

中村さんのお話で、何が一番面白かったかというと、
こどものまちでは、子ども達は好きな事しかしていない!ということ。
それぞれ好きな仕事だけをして、まちが回っているという事。

自分に合わない仕事は、すぐやめちゃっていいんです!
好きな事だけして働きます。

大人の世界では、え??ってなりますよね。
それで世の中回っちゃうの??本当に?!ってなりますよね。

こどものまちではそれで社会が回ってしまうのです。

なんでそんなことができるのか。
その根本にあるのが、
子ども達の自主性、主体性を大切にしているから
なんです。

こどものまちでは、大人は口出ししてはいけません。
見守る
サポートする
それだけ。
こどもたちは大人の手を借りなくても、まして意見なんてもらわなくても、
ちゃんと自分たちで考えて、行動出来るんです!

自分の気持ちに正直に働く事が出来る、それってすごく楽しい人生だと思います。

子ども達にとって働く事は、キラキラしたものなんです。
私の息子も、早く大人になって働きたい!!
って、キラキラした目で言います。
息子は将来、お家をつくる人になりたいそうです。
お家をつくる人に憧れを持っています。
だから働く事は楽しい事だって思ってます。

そしてそれでお金がもらえるって、もう一石二鳥ですよね。
だからこどもたちは、こどものまちで働くことが楽しいんです。

そして同時に、働く事の意味についても学びます。
中村さんがミニミュンヘンで出会った、
昔ミニミュンヘンに参加していた学生からきいた言葉、
「ミニミュンヘンではプレッシャーなく、責任を学べる」

仕事は相手がいて成り立ちます。
相手に喜んでもらえなければ、仕事として成り立ちません。
仕事をすることは人とつながる事
自分のした事が、相手の喜びに変わる事
子どもたちはそれを体験を通して学びます。
子どものうちにそういう体験が出来るって、うらやましい限りです。

こどものまちは
まずは自分のやりたいこと、
それが相手とつながり、
それが社会をつくっていく
私たちが生きる社会の基本的な成り立ちを、自然と体験できる場なんです。

働く事に対して、みんながそれぞれの目的意識を持てば、
仕事はもっと、楽しくなる!
自分の仕事に誇りを持った大人が増えれば、
家族も、子どもも、自分の周りにいる人たちも、そして社会も、
もっともっと幸せになる!

人生楽しく生きたいですもんね。
楽しくするのは自分次第だな~と、こどものまちの子ども達の話を聞いて、
改めて実感しました。

働く事に対していろいろと考える今日この頃、
今回の講演は、もう「働く」を通り越して、「人生の楽しみ方」というような、
今の自分にも重なる、とっても興味深く面白い講演会でした。


そしてなんと、このこどものまち、吉川市でも開催予定です!

来年度、市になって20周年を迎える吉川市。
20周年事業として、『2016よしかわ★キッズタウン』を開催予定です。
ただいまこどもスタッフ、大人サポーター絶賛募集中です。

お問い合わせお申し込みは、『ふぁみりんぐ美南の風』にて行っています。

自分の人生も子どもの人生も、楽しくしたい!と思っている方、
ぜひ一緒にキッズタウン楽しんじゃいましょう!!!

テーマ:
 7月31日(金)は夏休み「寺子屋くるり」の最終日!フィナーレにふさわしく?「夏祭り」で大いに盛り上がりました!
 朝から猛暑にも拘わらず、元気な小学生達が20~30人位集まったでしょうか!外に張られたテントの下は子ども達でいっぱい!11:00~スイカ割りに始まり、流しそうめん、高学年の子ども達が主体となって水風船つりや綿あめ屋さんなど、賑やかで楽しいひとときでした
 ずっと活動されてきたスタッフやお手伝いの皆さんも、お疲れ様でした!

スイカ割り

【スイカ割り】
小さい子から順にトライ!なかなか簡単に割れませんでした!


流しそうめん

【流しそうめん】
流しそうめんは夏の醍醐味!早く流れてこないかな~!

お店屋さん

【お店屋さん】
手前にぶら下がっているのはお菓子の袋。
奥で子ども達が綿あめ作りに奮闘していました!


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス