【運動学習支援教室エポック きよみ野教室】を取材しました! | ENJOY!よしかわで子育て!発達について編♪BYよしよしねっと

ENJOY!よしかわで子育て!発達について編♪BYよしよしねっと

こんにちは!埼玉県吉川市子ども・子育て応援サイト「よしよしねっと」です!


テーマ:

運動と学習を通じて、心と体を育てよう

 

 

 

2018年8月に開所された放課後等デイサービス運動学習支援教室エポックさんに取材に行きました!

エポックさんは、その名の通り、運動を通して学習支援をしています。

 

入り口を入ると、とーっても広いお部屋が。療育スペースだけでも約90㎡あるそうです。

取材当日は、スタッフの方が準備をしてくださっていましたが、

これらの準備はもちろん通所されている生徒さんが行います。

 

 

ここでは、まず運動から開始!

これが実は大切なんだとか。

先に運動することによって、気持ちを落ち着かせることができ、学習も集中してできるんだそうです。

運動は粗大運動(体を大きく動かす運動)と微細運動をうまく組み合わせることで、体の動かし方や体の基本を作っていきます。

取材にいった私もやらせていただきましたが、これがなかなか難しい笑い泣き

 

ケングーケングー❔

大人はどうしても頭で考えようとするからかしら??

しかも意外に体力がいる(笑)

でも、通い出すとできるようになるようです!

これ一つできるようになっても、自分に自信が付きますよねウインク

この運動によって、協調性や達成感が得られ、自己肯定感が増すそうです。

毎日頑張ってる!!そこからの成長が得られるわけですね。

もちろん苦手な子もいます。

そのような子はまず、苦手意識から入ってしまうそうです。

その子によって到達点は違っていても、その苦手意識から、一つの「できた!」で喜びに変わります。

 

一通りの運動が終わったら、また生徒さんたちの手で片付けをし、机をだし、学習に移ります。

学習では、音読や聞き取りは必ずするそうです。

 

 

もちろん学校の宿題もします。

先生方がその子に合った進め方で一緒にやり遂げます。

エポックさんの最終的な目標は、やはりコミュニケーション力を鍛えること。

例えばかるた遊び。

子どもたち同士でももちろんしますが、

先生とまずはやります。

そして手加減しません(笑)

それは負けることの大切さや自分だけのルールではないんだということを知るためです。

なるほど~。これは自分の子にも実践してみよう(笑)ニヤリ

そこから子どもたち同士でやったりします。

 

学習が終われば、また運動をして発散です!

跳び箱やトランポリン、なわとびやボール投げなど、より体を大きく動かします。

 

 

 
 

心も体もリフレッシュ❤️

これだけ動いたら、家に帰ってからのごはんカレーも、と~っても美味しくいただけちゃいますねウインク

 

エポックさんでは、学校の先生と連携をとり合っています。

また学校での教え方なども教えてもらい、子どもたちが戸惑わないようにしているそうです。

 

写真やイラストが部屋にはたくさんあり、生徒さんの視覚優位の特性も考慮されているようです。

 

エポックさんでは、最初に書いたとおり、運動療育に力をいれています。

毎月メインの種目をきめて、毎週内容を少し変えたりしています。

運動を得意になってほしいし、何より好きになって欲しいそうです。

そして「生きる力=コミュニケーション力」を身につけることを目的とし、そのたも運動や学習療育の時も、

他のお子さまと息を合わせたり、協力しあったりする場面を多く作っています。

 

エポックさんのスタッフさんは、第二のおかあちゃんで、お兄ちゃん!

スタッフの方も、自分の子どものように成長が見れるのが本当にうれしいんです❗と。

8月から開所なのに、すでに~ができるようになったよ!!と生徒さんが報告してくれ、喜びを感じます🎵とおっしゃってました。

スタッフの皆さん経験者で資格をもってらっしゃるとか。

温かく見守ってくれているのがとてもわかります。

 

 

所長さんですウインク
 
お忙しい中取材させていただきありがとうございました!

 

市内には何か所か放課後等デイサービスがあります。

所々特性があり、子どもにあったところを選べるのもいいですよね!

 

よしよしねっとでも、またご紹介していきたいと思います🎵

 

 

 

 

よしよしねっとすこやかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス