子どもを褒められない…そんな時は | ENJOY!よしかわで子育て!発達について編♪BYよしよしねっと

ENJOY!よしかわで子育て!発達について編♪BYよしよしねっと

こんにちは!埼玉県吉川市子ども・子育て応援サイト「よしよしねっと」です!

 みなさんこんにちは!ツボッちです。

 

 

前々回のブログで紹介した“ペアレントトレーニング”では

 

 

「子どもの良いところを見つけて褒めましょう!」とお伝えしました。

 

 

だけど・・・

 

 

子どもを褒めることが難しい時ってありませんか?

 

 

体調が優れていない時、疲れている時、あと、ホルモンのバランスとか・・・

 

 

そんな時はなかなか子どもの良いところも見つけることもできませんし、

褒めることもできません。

 

 

褒めるどころか、ついガミガミ叱っちゃったり、怒鳴ってしまったり・・・

 

 

そんな自分を「またやっちゃった・・・」って責めて、

 

 

すっかり罪悪感でいっぱいになり、子育てにまで自信をなくしてしまいます。

 

 

気持ちとっても分かります!

 

私にも何度とありますから!

 

 

「子どもを褒めないときがあっていいんだ!」

私はそう思うようにしています。

 

 

それはとても自然なこと。

 

 

ではそんな時、どうしたらいいのでしょう?

 

 

私は自分の状態に向き合うことが大事だと思っています。

 

 

落ち込んでいる時はとことん落ち込む

 

 

疲れている時は体を休ませる

 

 

お腹空いてイライラするときは美味しいものを食べる

 

 

一人の時間が必要なときはパパや両親に子どもを預けてみる

 

 

「ちょっと頑張りすぎたんだな」って自分を労わってあげてください。

 

 

 こうして、親が子どもから少し離れ、自分の状態に向き合っていると、

子どもはすぐさま親の変化に気付きます。

 

 

「お母さんどうしたんだろう・・・」

 

 

子どもはきっと不安になるでしょう

 

 

そして、顔を覗き込んできたり、

「どうしたの?」と聞いてきたり、

逆に余計気を引こうと困った行動をする子もいると思います。

 

 

その時に感じてあげてください

 

 

子どもがあなたに注目していることを

 

 

しかも、温かい眼差しで、愛溢れる心でママを見守っています。

 

 

そしてその時に気付くのです。

 

 

そんな子どもの眼差しは

 

 

“あなたが普段子どもにしていること”だということが。

 

 

子どももあなたの良いところをたくさん知っています。

 

 

きっと優しい言葉をかけてくれる子もいるでしょう。

 

 

そしてどうか我が子の愛に包まれてください。

 

 

子どもへの感謝の気持ちが湧いてきます。

 

 

気付くと子どもに「ありがとう」と言っている自分がそこにいると思います。

 

 

その「ありがとう」が子どもへの褒めポイントなのです。

 

 

子どもの「優しさ」=良いところを見つけて

自然に褒めることができました。

 

 

親と言えども私たちは人間です。

 

 

完ぺきではありません。

 

 

子育ては心が折れそうになる時も、

 

 

でも、そんな時こそ、力となるのは子どもの存在。

 

 

けして「褒めなくちゃ!」と力を入れ過ぎなくても大丈夫です。

 

 

ありのままのあなたでありのままの我が子を褒めてあげてください!

 

 

そして・・・

 

 

毎日子育て一生懸命なあなた・・・

 

 

そんなありのままの自分を

 

 

たくさん褒めてあげてください!

 

 

 

次回のビリーブの会開催日

3月10日(金) 10時~ オアシスにて

何か悩みを抱えている方、

不安を抱えている方、

話を聞いてほしい方、

情報を知りたい方・・・

などなど

どんなきっかけでも構いません!

ふらっと立ち寄っただけでもいいんです!

ぜひ、遊びに来てみてください!(^^)!