【「なかまほいく」を取材しました!】 | ENJOY!よしかわで子育て!楽しもう♪BYよしよしねっと

ENJOY!よしかわで子育て!楽しもう♪BYよしよしねっと

吉川市子ども・子育て応援サイト「よしよしねっと」チームによる、子育てを楽しむためのブログです♪
親子で過ごせる時間は、一生のうちのわずかです。楽しまなきゃもったいない!パパやママが子どもと毎日を楽しめる、そんなヒントになればと思います♪

「なかまほいく」とは・・・・地域の乳幼児親子が参加し、主体的に活動する預け合いを取り入れた

次世代型の子育てサークル活動です。

 

「子どもをちょっと預けて●●したい」

「ひとイキつきたいけど、”うちの子ちょっと見ていて”と気軽に預けられる人がいない」

「地域に知り合いがいないけど、一緒に子育てする仲間が欲しい」

子育て支援の現場でそのような声が聞こえる中、2011年NPO法人新座子育てネットワークさんで

「なかまほいく」が生まれたそうです。

 

吉川市でもやはりそのような声が聞かれ、NPO法人よしかわ子育てネットワークさんでも開始。

今年で4年目、そして今回が10回目の開催となりました。

 

「なかまほいく」は、毎週1回全10回の2か月間が1クールになります。

毎週なので、最初は慣れなかった子どもたちもだんだん慣れていき、

他のママのところにも普通に近寄っていって遊ぶように。

だっこされても、「知ってる」ママだから、泣かずにだっこされるようになっていきます。

もちろんママたちも最初は緊張していたけれど、だんだん打ち解けていって話に花が咲くようになります。

もちろんほとんどの話題は子育ての話。

そしていよいよ預け合い。

交互に預かってもらったり、預かったり。

今回はリピーターさんもいて、もう4回目の参加というママも。

他にも3回目、2回目と4組がリピータさんということもあり、

何をするかはママたち主導で企画していきます。

スクラップブッキングをしたり、カメラ

今回は参加ママにヨガのインストラクターの方がいたので

凝り固まったからだをヨガでリラックス❤

そして最後の預かりは

ジョナサンランチナイフとフォーク

たった1時間でも自分が好きなものを食べて大笑いして。

 

そんなママのリフレッシュしている間は、

自分の子ども以外も抱っこしたり

読み聞かせをしたり本

 

もちろん泣いちゃう子もいます。

でも、そこはママおねがい優しく慰めたり一緒に遊んだり。

次第に子どもたちも楽しくなったり寝ちゃったり。

 

そして戻って

きたら、子どもたちに最高のギューーーーーーラブ

 

今回は大人11名子ども12名の参加で始まりました。

そして取材当日は最終回。

最後はみんなで夏に向けてうちわを作りました。花火

子どもたちも頑張って作りましたよ!

そのあとはのんびりと子どもたちが遊ぶ姿を見守ります。

自分の子どもだけじゃなく、ほかの子どもたちもみんなかわいい子どもたち。

他の子どもがこけても「大丈夫大丈夫!」って言える仲に。

もちろんママ同志もチュー

バルーン遊びもしました。

そして最後の読み聞かせです。

 

全10回が終わりました。

参加したママさんたちの感想です。

 

ひらめき電球最初長いかなって思っていたのに、あっという間に10回が終わりました。

親も子も慣れていき、こうやって成長していくんだなって思いました。

ひらめき電球最初はとても不安でしたが、子どもも次第に平気になっていきました。

家にいる時よりのびのびとして楽しそうに感じました。

ひらめき電球自分の子より小さい子が成長していく姿を見れました。歩いてなかった子が歩いた!時は感動でした。

みんなで作っていった感じがあってとても達成感があります。

 

この「なかまほいく」のスタッフさんも、「なかまほいく」を開始した当初は、

やはり「じゃあこうしましょう」とか子どもを抱っこしてあげたりしてしまってたそうです。

でも回を重ねたり、またリピーターのママが増えてきたこともあり、

今回は初めてスタッフが口を出さず見守り、すべてママ主導で行ったそうです。

なので「やっぱりママはすごい!」ととてもママたちの力を感じたそうです。

 

昔は簡単に「ちょっと子ども預かって~」「いいよいいよ!」と言えてたのが、最近はなかなか言い出せず。

そして、そのもやもやにイライラしたり。パパにあたったり。そして時には子どもにあたってしまったり・・・

でも少しでもこんな時間がとっても大切で、ママの孤独感の解消やリフレッシュできたり。

またママの自信につながったり。

でも、子どもたちから離れてたってママは24時間子どもたちのことを考えてますおねがい

泣いたってわめいたって、やっぱりかわいいんですからチュー

子どもたちにとっても、月齢が違うので疑似兄弟体験ができたり、子ども同士の社会経験ができたり、

またママだけじゃなく色んな大人とも触れ合えます。

 

きっとママも子どもたちも素敵な成長をしましたねウインク

 

こういう活動を通して吉川市がとても子育てしやすい町になるといいですね!

 

第10期 なかまほいく 2019.7.25