腰にカイロを貼らないで

テーマ:

人間は物を食べたり、身体を動かしたりすることで常に熱を生み出しています。

そして、発汗や呼吸、排便や排尿等で過剰な熱を捨て去ることにより、一定の体温を保っています。

 

また、静脈は皮膚の直下をうねうねと走り回り、水冷式冷却装置として体温を下げる役割も担っています。

お風呂に入ると身体が温まり、全身の血行が良くなりますが、水冷式冷却装置がフル稼働して上がり過ぎた体温を下げている状態です。

 

極論すると人体は発熱機関であり、排熱機関であると言えます。

 

何かの理由で熱が捨てられないと体温が過剰に上昇し、死の転帰をとることにもなりかねません。

 

また、局所的であっても、鬱熱状態が長引くのはあまり良い状況ではありません。周辺の蛋白組織が熱変性を始めてしまうからです。

 

 

先日お見えになった女性(40代)は20年ほど前に初めてぎっくり腰を経験し、その後は1~2年に1度の頻度でぎっくり腰を繰り返してきたそうです。

毎年夏に発症するので、夏前にお見えになったみたいです。

 

他の整体院に長く通われた方ですが、骨盤はめちゃくちゃでした。なんとか整復し、痛みの具合を確認しましたが、

「まったく変わらない」

とのことでした。

腰周辺がひどく鬱熱しているので、ご自宅でのアイシングをご指導させて頂きました。

要は、患部をビニール袋に入れた氷で冷やすのですが、この方、今までずーっと温めていたそうです。

ぎっくり腰の強い痛みが無い時でも、常に痛みと違和感はあるので、仕事(デスクワーク)中は使い捨てカイロを腰に貼っているそうです。

 

患部を温めると、痛みを感じる神経が麻痺するので、温めている最中は痛みが緩和されるのですが、実際には蛋白組織を破壊し、排熱システムを破壊してしまうので患部はどんどん悪化してしまいます。

整形外科などで、赤外線治療器で温めているお年寄りの膝がどんどん悪化していくのが好例(悪例?)です。

 

この方の腰が異様に鬱熱していたのも使い捨てカイロが原因だと断言してもかまわないと思います。

 

今後アイシングを行っていけば、この方の場合徐々にですが、好転していくのが目に見えます。問題は180度の意識転換をしてくれるかです。

ずーっと温めてきたものを冷やすとなると心の中に抵抗感が出てきて当たり前だと思います。

 

それでも、信じて行なってくれればいいのですが・・・

 

 

 

吉川整体

http://www.yoshikawaseitai.com/

 

 

 

 

30代女性。

 

右股関節に引っかかる感じと痛みがあり、5~6年ちゃんと歩けない。

腰痛は子供のころからあり、中学生から複数箇所の整体院に通う。

肩こりは強度で、常に首、肩回りを動かして関節を鳴らしてないといられない。

 

という症状で来院されたのが2月の下旬でした。

 

 

顔を見た瞬間に分かるぐらい、左骨盤に緩みをお持ちの方。

しかし、検査をすると右の股関節がかなり前方にシフトしてしまっています。バランス的にあまり無いことです。

左の緩みを右の股関節で代償することは無くは無いのですが、でも、それとも違う。

恐らく、誰か人の手で引っ張られ、捻じられたのでしょう。

 

左骨盤と右股関節をそれぞれ整復。

引っかかる感じはその場で取れましたが、痛みは変わらず。

 

1週間に1回来てもらうことにして施術を続けました。

 

2回目にお見え頂いた時点で股関節の痛みはだいぶ軽快していたので、肩こりの治療に軸足を移します。

 

頚椎と胸椎の境目、頚胸移行部にガタツキあるばかりでなく、頚椎・胸椎ともひとつひとつの関節が機能していません。これも関節に剪断力と牽引力が加速度をつけてかかったのでしょう、かなりひどい状態です。

 

一般の方はもとより、同業の中にも思い違いをしている人は多いのですが、肩こりは筋肉に問題があるのではありません。

筋肉に強いマッサージなどを施すと、それにより筋肉の組織を破壊し、筋肉に問題をつくってしまいます。

 

 

いつもよりじっくり時間をかけ、頚椎から胸椎にかけてを整えました。

 

回を重ねるごとに症状は軽快していき、先日、7回目の施術にお見えになった時には

「かなり歩けるようになりました。首もほとんど鳴らさないでもいられるようになりました」

とおっしゃて頂きました。

「どこに行っても治らなかったのに、嬉しいです」

とも。

 

治療家冥利に尽きますが、

「今まで受けてきた治療で壊されたんだよ」

とはご本人には言えませんでした。

 

 

吉川整体

http://www.yoshikawaseitai.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

頭痛

テーマ:

60代 女性。

10年ほど前から頭痛に悩む。

痛くない時間の方が短いとのこと。

痛む箇所は頭全体。

 

専門病院で治療を続けているが改善せず。

最近、痛み方が激しくなってきたとのことで来院。

 

骨盤整復の後、頚椎1番と2番の関節、特に環軸関節がほぼ癒着状態だったところを潤滑を回復させる。

 

その瞬間、

「頭痛が止まった」

と、嬉しそうな声。

 

「先生、すごいねぇ。すごいねぇ」

と繰り返しおっしゃって下さいます。

 

1週間後にお見え頂きましたが、この1週間、頭痛は一度も起こらなかったとのこと。

 

「もう何回か通院して下さいね」

と言ったのに、その後は音信不通になりました。

 

少し前の患者さんですが、少々心配しております。

 

痛みが取れるのと治るのは別の話ですよ。

 

 

 

吉川整体

http://www.yoshikawaseitai.com/

 

 

猫背

テーマ:

極度の猫背も骨盤の整復で劇的に改善するケースがあります。

 

高校1年男子。

いわゆる猫背。誰が見ても猫背。小学生の頃からの猫背。

自分で正しても持続は不可。

正した状態でも首は前に落ちてしまう。

本人もかなり気にしていた模様。

 

 

スクリーニング検査では右の仙腸関節が大きく緩んでいるのがとても気になりました。

 

骨盤整復、脊椎の潤滑回復の施術を行うと、その場で明らかに改善しました。

 

2週間後にお見え頂きましたが、仙腸関節は良い状態を保っており、家族や友達から「背が高くなった」と言われたそうです。

 

そのまた2週間後髪型も変え、男っぽくなった彼は見違えるようでした。

 

 

吉川整体

http://www.yoshikawaseitai.com/

 

 

 

 

 

めまい

テーマ:

身体のバランスを診る時、骨盤以外にも何か所か重要な部位があります。

 

頭蓋骨と頚椎の境目(頭頚移行部)

頚椎と胸椎の境目(頚胸移行部)

胸椎と腰椎の境目(胸腰移行部)

腰椎と仙骨の境目(腰仙移行部)

などです。

 

24個ある背骨は上位から

頚椎(7個)

胸椎(12個)

腰椎(5個)

に分けられますが、上述の各移行部は動きが変換する箇所です。

各移行部のズレは概ね骨盤のズレ具合によって決まります。

皮膚と呼ばれる境界層により「閉じられた系」の中で絶妙にバランスを取り合っているのでズレ方がほぼ決まって来るのです。

 

ひどく大きくズレているケースでもセオリー通りにズレていれば大きな問題として捉えません。骨盤を整復すれば全てのズレが治まる場合が殆どだからです。

その反面、僅かなズレであってもセオリーから外れたズレであれば違和感を覚えるのです。

 

セオリーから外れたズレを惹き起こす原因としては

 

外傷(新鮮例)

不適切な治療を何度も受けた

などが考えられます。

 

 

先日お見えになった女性(30代)はひと月前、就寝中にお子さんと頭同士をかなり強くぶつけて以来、めまいに悩まされているということでした。

耳鼻科に行っても、脳神経の専門病院に行っても特に異常は見当たらず、行きつけの整体院に行ったら増悪したとのことでした。

 

そして、この方の頭頚移行部と頚胸移行部のズレがセオリー通りではなく、恐らくはそれがめまいの直接の原因だろうと判断しました。

 

新鮮例ではありませんが、頭をぶつけるという外傷ですし、行きつけの整体院があり、強いマッサージとスラスト処置(ぼきぼきと頚を捻る)を受けていることを考えれば納得出来ます。

 

 

骨盤を整復し、頚椎を整えると、幸いなことにめまいはその場で消失しましたが、お帰りになって数日後、調子がいいので久しぶりにヨガの教室に参加したら再びめまいが始まってしまったとのことで再度来院されました。

 

頚椎のバランスを拝見するとズレてはいますが、今度はセオリー通りのズレ方です。前回の判断は間違いだったことになりますが、とりあえず整えると、めまいは治まりました。

 

1週間後にお見え頂くと、めまいは消えたまま、さらに

「首がこんなに軽いものだと思っていませんでした」

とおっしゃって頂きました。

 

間抜けにもこの時初めて行きつけの整体院を持っている理由をお聞きしました。

 

数年前、寝ている所、お子さんが首に乗っかってしまって以来、首の痛みと肩こり、頭痛と吐き気に悩まされているとのことでした。

1週間、頭痛薬も吐き気止めも飲まずにいられたのは初めてのことだそうです。

 

セオリー云々以前に確かに「悪い頚」の人でした。

 

 

吉川整体

http://www.yoshikawaseitai.com/