イタリア旅行10「キャンティクラシコワイナリーツアー(その1)」 | ヨシリンの広島悠々日記
2012年10月11日

イタリア旅行10「キャンティクラシコワイナリーツアー(その1)」

テーマ:2012年9月イタリア旅行

本日は、この旅行の1番のイベントとも言える「キャンティクラシコワイナリーツアー」です赤ワイン

これは、easyfirenze.comという日本人女性とイタリア人旦那さんで営まれている個人旅行サポート会社にガイドをお願いしました。



偶然見たブログで、こちらの会社を利用してすごく良かったと詳しく書いてあって、すぐにワイナリーツアーを申し込んだのです。

ちょっとお高めではありますが、個人ツアーだし、車での送迎、ランチ付き、市川さんの丁寧な説明付きなので、納得の価格です。

興味のある方はこちらをご覧ください→ (easyfirenze.comのHP)



まずは、腹ごしらえ。

きゃ~キャー

美しく、品数多く、予想以上の素敵な朝食ブッフェです。


ヨシリンの広島悠々日記






こちらは、冷たい料理だけではなく、温野菜やスクランブルエッグ、焼いたベーコンなどの温かい料理もあり。

しかも、飲み物は、スパークリングワインまでワインクーラーに冷やされていました。


ヨシリンの広島悠々日記









テーブルには、数種類のジャムの瓶が。


ヨシリンの広島悠々日記








もちろん、飲み物は、スタッフの方が希望を聞きにきて持ってきてくれます。

美味しかったカプチーノうえ


ヨシリンの広島悠々日記





たっぷりと美味しい朝食をいただいた後は、さっそくお出かけ。




高台へ登ってきました。

ヨシリンの広島悠々日記







葡萄畑が広がります。


ヨシリンの広島悠々日記










午前中は、こちらのワイナリーへ。

キャンティクラシコのカステラーレです。

韓国のレストランで飲んだことがあります。

この日は日曜だったので、開いてないワイナリーもあるようでした。

行くなら作業の様子も見れる平日がいいようです。


ヨシリンの広島悠々日記






そこまで?と思うほど、ワイナリーの方が詳しく説明してくれました。


ヨシリンの広島悠々日記






暗過ぎて変な写りですが、古いワインたち。


ヨシリンの広島悠々日記








畑には、まだ少し収穫を待つ葡萄が残っていました。

カベルネソーヴィニヨン。

ちょっと食べましたが、その甘さにびっくり。


ヨシリンの広島悠々日記








デザートワイン用に陰干し中の葡萄。

すごく綺麗です。


ヨシリンの広島悠々日記









説明を聞きながら3本試飲。

ガッチリした骨太ワイン。

たっぷり注いでくれるので、ちょっと酔っ払いました(笑)


ヨシリンの広島悠々日記






驚くほど丁寧な説明をたった私たちだけのためにしてくれて、感動ですキラキラ

そして、市川さんの通訳も完璧で、わかりやすく。


記念に1本買って帰りました。




では、2軒目へ自転車

ヨシリンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス