9月17日、仙台空港着陸を前に、高度を下げた機体の窓から見た名勝松島は、高い上空から見るせいもあってか、津波被害を忘れさせる美しさでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その3日後、茨城、福島からの帰りに、仙台の「仙台市立荒浜小学校」と復興の進む名取川地区を案内してもらいました。

 

荒浜小学校とその周辺については、私の拙い文章で説明を加えるよりも、写真をご覧いただいた方が良いと思いますし、写真よりも自分の眼で見、歩いて肌で感じることの方が何倍も意味があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24日の新聞には、岩手県陸前高田市にも国営の追悼・記念施設がオープンし、これで岩手・宮城・福島各県の国営追悼施設が利用可能となったことを報じていました。

 

修学旅行では、外国を観光するだけでなく、こども達の将来のために、このような追悼施設の見学を組み込んだコースの選定があっても良いのではないでしょうか。