天然温泉 湯乃山〈琥珀色のモール泉。源泉タンクに最も近い家族湯でザッパ〜ン!〉@鹿児島市城山町 | いろいろアウトな日々

いろいろアウトな日々

ただ、一さいは過ぎて行きます。

 
みんな大好きモール泉!
 
2020年のお話です。
 
はい、それでは今日もまた、
「ヘタレと行く!」シリーズ第6弾、
2020年9月29日(火)~10月2日(金)

3泊4日「鹿児島」温泉旅行レポ、

3日目10月1日(木)の続きです。

 

「西郷隆盛洞窟」のすぐ目の前にある

『城山長寿泉』で「肩に穴が開く?」

すごい勢いのうたせ湯に打たれた後は、

この日のホテルにチェックインする前に

同じ鹿児島市城山町で最後の1湯。

 

やって来ましたのは……

 

 

 

『天然温泉 湯乃山』です。
 
ここ、俺、来たかったんだよね~。
 
 
 
駐車場は上の写メの
看板の横にあります。
 
ここにレンタカーを停めて……
 
 
 
看板の先へと歩いて向かいます。
 
 
 
左手に受付が見えてきました。
 
 
 
営業時間・定休日をご確認ください。
(2020年10月現在)
 
 
 
受付には管理人さん?がおられました。
 
入浴料金は大人1人500円。
(2020年10月現在)
 
でさ。
 
湯乃山には家族湯もあるんですが、
何と家族湯の料金も大浴場と同じ
大人1人500円なんですよ!
(2020年10月現在)
 
 
 
 
 
 
受付に分析書が掲示してありましたが、
光って文字が読めません!(爆)
 
なわけで、
以下、くまるさんの記事から
勝手に抜粋してコピペします(笑)
源泉名が「甲突川左岸8号」。

源泉温度42.9度、pH8.5のアルカリ性単純温泉。

成分総計は0.273g/kg。

ということのようです。

 

あ、あと、

加水・加温・循環・消毒一切なしの

完全な源泉かけ流しで

間違いないように思います。

 

でさ。

 

「同じ料金なら家族湯に入ろうかな?」

最初からそう思っていたんですが、

(受付の方にそうお断りしてから)

一応、大浴場?も覗いてみることに。

 

 

 

大浴場の名前は「初湯」。
しかもね……
 
 
 
男湯の名前が
「男性自由浴場」とは
なんともいいじゃないですか!(笑)
 
で、浴室を覗いてみると
先客が2~3人おられまして。
 
「これでは好き勝手に写メが
撮れないなあ」ということで、
当初の目論見通り
家族湯に入ることに。
 
受付に戻って管理人さんに
案内していただきました。
 
 
 
家族湯は下に2室と……
 
 
 
ちょっと高台になっているところに……
 
 
 

5室並んでいます。
 
僕らが案内されたのは
いちばん奥の浴室。
 
 
 
※写メは入浴後に撮影
 
「このいちばん奥にある浴室が
源泉タンクに最も近いんですよ」
管理人さんはそう言って、
「どうだ?お前らうれしいんだろ?」
とでも言わんばかりに、ニヤリ。
 
おお!!!
温泉好きの気持ちを
よくわかってるじゃないですか!
 
 
 
※写メは入浴後に撮影
 
あっ、確かに源泉タンクがある!
 
ゆうても、
タンクからの引き湯ですから
どの浴室のお湯も
そう変わらないのでしょうけども、
やっぱり源泉タンク=泉源に
少しでも近い方が
お湯の鮮度がいい気がするのは
温泉好きの気持ちというもので(笑)。
 
 
 
脱衣場は
シックなレンガ調タイル貼り。
 
棚とベンチがあるだけですので、
貴重品等は持ち込まないように。
 
 
 
浴室の壁もレンガ調タイル。
フロアはかわいらしい豆タイル。
 
浴槽の縁や源泉枡?にも
さまざまなタイルが用いられており、
小粋な印象がする浴室です。
 
 
 
右側にせいぜい2人サイズの浴槽。
左にはシャワーコーナーかな?
 
 
 
おお!!!
クリアな琥珀色のお湯!
 
これはモール泉ですね?
モール泉で間違いないですね!
 
ちなみに浴槽の底も
かわいらしい豆タイルでした。
 
 
 
シャワーコーナーはこんな感じ。
カランはなかったと思います。
 
 
 
タイル貼りの源泉枡?から浴槽内に
水色のホースが突っ込まれていて……
 
 
 
ホースから源泉が投入されています。
 
お客が勝手に投入量を
増やしたり減らしたりはできません。
 
 
 
投入されている源泉の温度は44.1℃。
 
 
 
モール泉特有の
アブラ臭を期待していたんですが、
ありませんでしたね、残念!
 
味は塩味。
ほんのり甘みとエグ味もあります。
 
 
 
もちろん投入分だけの
オーバーフローもしっかり。
 
 
 
浴槽内温度は42.6℃。
バッチリ適温ですね~。
 
この温度になるように
投入量を調節してるのかな、と。
 
 
 
ザッパ~ン動画をどうぞ~。
 
家族湯の小さな浴槽に
デブ2人が同時に入ったものだから、
お湯があたかも大洪水のように
豪快にあふれました!(爆)
 
 
 

お湯はとろっとした肌触り。
 
もちろんモール泉らしい
ツルツルスベスベの浴感。
 
俺、モール泉、大好きなんだよね、
気持ちいい~。
 
 
 
ホースから出る源泉を
直浴びしながら入浴。
 
 
 
ヘタレもモール泉は
数年前に覚えたので
わかるんですよ。
 
てか、
こいつはモール泉の浴室では
たいてい滑ってコケるんですが、
今回はコケませんでした、残念!