カキフライ探検隊シーズン3⑪ カレーライス大盛&国産カキフライ@羽曳野食堂 | いろいろアウトな日々

いろいろアウトな日々

ただ、一さいは過ぎて行きます。

 
2020年も僕だ!(爆)
 
どもども、僕ですよ、「カキフライ探検隊」、2020年も隊長は僕です、全国20人くらいの隊員の皆さん(増えた笑)、今年もカキフライ探検隊と隊長をよろしく、ゆうても、カキフライシーズンもいよいよ終盤ですね、しみじみとそんなことを考えていたら、まだ記事アップしていないネタがあったのを思い出しました、馬鹿です、なので、急いで記事を書いて上げようと思います、温泉・国内旅行の公式ジャンルとは異なる食べ物記事ばかりが続いて、アメブロから怒られちゃいそうですが、これはまあしゃあない、なぜなら俺は隊長だからだ、そうです、今年も僕が隊長です、あけおめことよろです、僕です、どもども!
 
てなわけで、
忘れていたお店は……
 
 
 

『ごはんや 羽曳野食堂』です。
 
早い話が全国チェーンの
「まいどおおきに食堂」ですね。
 
訪問日は2019年12月3日の
午後2時20分頃。
 
ほんまいつの話やねん!(爆)
 
 
 
 
そう!これね!
冬季限定メニュー?の
「国産カキフライ」です。
 
ただし、
訪問は去年の12月初旬ですので、
まだあるのかどうか俺は知らん!(笑)
 
 
 
あった、あった、カキフライ!
 
おかずは全種類1皿ずつ
陳列されているように
僕には見受けられました。
 
午後2時半ちょっと前という
中途半端な時間帯だったため、
たくさんつくって並べておく
というわけにもいかないのでしょう。
 
1皿売れたら、また1皿つくるのかな?
知らんけど(笑)。
 
 
 
ご飯はカレーライスをチョイス。
 
まいどおおきにのカレーを
一度食べてみたかったんだよね~。
 
大盛もできるようでしたので、
もちろん大盛でお願いしました。
 
 
 
調味料コーナー。
 
マヨネーズやドレッシング類に加え、
タルタルまでかけ放題なのが
うれしいですね!
 
 
 
卓上にも味変要員がスタンバイ。
食べ放題の壷漬けもあります。
 
 
 
はい、
「カレーライス」440円、
「大盛」50円、
「国産カキフライ」418円、
合計908円です。
 
今回は玉子焼きをはじめ、
いろいろおかずを取るのを
ガマンしましたから、
何とか1000円以内に
おさめることができました。
 
まいどおおきにではたいてい
おかずを取りすぎることが多く、
1000円超えちゃうんですよね~(笑)。
 
 
 
カキフライは1皿4個。
 
4個で418円ということは
1個当たり104.5円の計算になり、
国産の牡蠣を使った
カキフライとしては
安いのではないでしょうかね?
 
牡蠣の大きさは
そこまで大粒というわけではなく、
まあ普通といったところでしょうか。
 
タルタルもあらかじめ
多めに取ってきましたよ!(笑)
 
 
 
カレーライス大盛。
 
 
 
こうやってみると
ご飯がてんこ盛りに見えますが、
そもそもこのカレー皿自体が
そんなに大きくないんだよね~(苦笑)。
 
まあでもプラス50円で
これだけの盛りになるのなら
アリなんじゃないかな、と。
 
 
 
まずはカキフライを
何もつけずにそのままで。
 
 
 
うん、思っていたよりおいしい!
 
揚げ置きでしたので
熱々とまではいきませんが、
それでもまだあたたたかくて
衣もサクサクでした。
 
牡蠣の味もなかなかうまい!
 
まいどおおきに食堂のカキフライ、
値段を考えるとコスパいいですよ!
 
 
 
タルタルを味見。
 
タマゴ感はそこまで強くなく、
また、酸味も抑えめで
どちらかと言うと
あっさりとした感じかな。
 
いや、
こういったタルタルも悪くはない。
 
それにかけ放題だし!(笑)
 
 
 
カキフライにタルタルを
たっぷりとまとわせて。
 
うまいねー、
やっぱりカキフライには
タルタル最強!
 
 
 

タルタルで食うカキフライには
やっぱ白飯でしょ!
 
個人的には
あっさりめのタルタルの方が
ご飯が進む気がします。
 
まいどおおきにのご飯は
ふっくらと炊けていて、かつ、
お米が粒立っていて
なかなかおいしいね。
 
こういった食堂は
白飯も売りでしょうから、
その辺りは抜かりない感じ。
 
で、カキフライとタルタルで
白飯を堪能した後は……
 
 
 
残り2個のカキフライを
カレーに乗せたら……
カキフライカレーだ!
 
 
 
ワニ?カエル?
何かの生き物に見えない?
 
かわいいですね(笑)。
 
 
 
くだらないこと言ってないで
カレーを食べるよー。
 
あっ!思てたんとちゃう!
 
実はね。
 
僕はまいどおおきにのカレーは、
そう、いわばオカンがつくったような
手づくり感のある家庭的な味を
勝手にイメージしてたんですよ。
 
これは家庭的と言うよりも、
むしろ工場的とでも言いますか、
業務用のカレーっぽい味なんです。
 
高速SAで食べるカレーがあるじゃない?
まさにあんな感じの味。
 
考えてみればそりゃあそうだよね、
各店舗でつくっているわけじゃなくて
セントラルキッチン、もしくは、
個包装されたレトルトなのかな?
 
いや、決して不味くはない。
 
だいたいさー、
こうした欧風?日本風?のカレーって
そもそもそんなに不味いのなんて
ないんじゃないの?
 
カレーに外れなし!(笑)
どこで食ってもおいしく食えるよね。
 
 
 
カキフライにカレールーを
まとわりつかせて。
 
うん、合う、合う!
 
 
 
さあ、ここで皆さん、
ウスターソースの出番ですよ。
 
 
 
カキフライにウスターソースを
たっぷりとしみこませ、
さらにはご飯の上にもウスターを
わざとこぼしてみる(笑)。
 
関西人なら
賛同してくれる方も多いでしょう、
カレーの味変といったら
やっぱりウスターだよね?
 
 
 
ウスターがしみこんだカキフライ、
カレールーに、白飯福神漬け添え。
 
こんなもんうまいに決まってる!
やってみ?(笑)
 
 
 
うまかったー、ごちそうさん。
 
まいどおおきに食堂、
カレーの味は
期待したものと少し違いましたが、
カキフライは思っていた以上で
なかなかうまかったです。