伊豆熱川温泉 たかみホテル〈お酒も飲める混浴露天風呂は温泉天国!〉@静岡県賀茂郡東伊豆町熱川 | いろいろアウトな日々

いろいろアウトな日々

ただ、一さいは過ぎて行きます。

 
2019年のお話です。
 
はい、それでは今日からまた
2019年3月26日(火)~3月28日(木)
2泊3日「伊豆 湯ヶ島・伊東・熱海」
温泉旅行シリーズ、
2日目2019年3月27日(水)の
続きを再開していきます。
 
さて、
1湯も入ることができなかった
「湯ヶ野温泉」を後にして、
よしのや号はいよいよ
伊豆半島東側の湾岸部へ。
 
海沿いの国道135号線を北上しながら
この日の宿泊地である
「伊東温泉」を目指すわけですが、
その道中でいくつか温泉に
立ち寄っていこうかな、と。
 
まずやって来ましたのは……
 
 
 

『伊豆熱川温泉 たかみホテル』です。
 
高台に建っており
全室オーシャンビューの客室が
人気の宿だとか。
 
 
 
玄関を入ってすぐ右手に
こんなものがありました。
 
 
 
 
たかみホテルの自家源泉を
自然乾燥させた
「湯の花」なんだそうです。
 
 
 
自由に持ち帰ってよいと
書かれていましたが、
宿泊者でもない立ち寄り入浴客が
持って帰るというのも
厚かましいような気がしましたので
僕は遠慮しておきました。
 
 
 
玄関を入ったところのロビー。
 
右手にフロントがあり
そこで受付をします。
 
立ち寄り入浴時間は9:00~17:00、
入浴料は700円だったと思います。
(要確認)
 
でさ。
 
ロビー正面に窓がありますよね?
 
 
 
窓の外はテラス。
 
太平洋を一望する
素晴らしい眺望がひろがります。
 
 
 
たかみホテルには
混浴露天風呂と
男女別の内湯「見晴風呂」とが
あるんですが、どの浴場にも
フロント右手にあるこの階段を
降りて向かうことになります。
 
 
 
男女別の「見晴風呂」より先に
まず混浴露天風呂に入ろうと思い、
表示に従ってさらに右の方へ。
 
 
 
こんな階段を降りていきます。
 
ちょっと書きにくいのですが、
立派な外観に比べて館内は
若干くたびれているような
印象を受けました。
 
 
 
脱衣場には棚とカゴがあるだけ。
 
ちなみに
この脱衣場も男女共用です。
 
女性には
ちょっとハードルが高いかも?(苦笑)
 
衝立がありますので
そこに隠れて着替えることは
できそうですが。
 
 
 
(社)日本温泉協会の
「温泉の成分、禁忌症、適応症」。
 
 
 
泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
泉温:97.6℃
pH値:8.1
 
その他の詳細は不明です。
 
 
 
混浴露天風呂の浴槽は岩風呂風で
20人サイズくらいの大きなもの。
 
 
 
写メ左下にご注目ください!
(切れてるけど笑)
 
 
 

とっくりを持ったタヌキがいて、
その下には
木製の小さな舟が……
 
 
 
そう!
たかみホテルの混浴露天風呂では
お酒を飲みながら入浴することが
できるんですよ!
 
あの小舟はお酒を乗せて
浴槽に浮かべるための
ものだったんですね。
 
 
 
浴槽の岩壁では
タヌキも寝そべって
お酒を飲んでいます(笑)。
 
 
 
温泉につかりながら
悠々とお酒を飲むなんて
この壁に書いてある通り
「温泉天国」じゃないですか!
 
ただ、入浴中の飲酒は
危険でもあるそうですから、
ほんとうの天国に逝ってしまわないよう
気をつけないとね!(爆)
 
あ、シャワーにカラン、
アメニティなどもありました。
 
 
 
源泉は浴槽壁面の
岩口から投入されています。
 
その横にホースが
突っ込んでありましたので
「もしかしたら加水されてるのかな?」
と思ったんですが……
 
 
 
ホースからは
何も出ていませんでした。
 
 
 
オーバーフローもザブザブと
川のように流れていきます。
 
加水の有無は不明ですが、
少なくとも加温・循環・消毒なしの
源泉かけ流しだと思われます。
 
 
 
お湯の色は無色透明。
 
 
 
浴槽内温度は40℃足らずと
かなりぬるめです。
 
 
 
浴感は
ごく軽いツルスベ感がありますが、
比較的あっさりした感じでしょうかね。
 
浴槽につかったままでは
植え込みが目隠しになって
視線の抜けはないのですが……
 
 
 
立ち上がると
青い海を見下ろす
開放的な眺望が得られます。
 
 
 
お酒も飲んでいないのに
タヌキのようなやつがいますね!(大爆)
 
 
 

いったん着替えて
今度は男女別の「見晴風呂」へ。
 
手前が女湯、奥が男湯です。
 
(社)日本温泉協会の
「温泉の成分、禁忌症、適応症」は
同じものが掲示されていましたので
ここでは割愛。
 
 
 
意外と広い脱衣場には
棚とカゴがあるだけ。
 
ソファが置いてありました。
 
 
 
内湯には大きな窓があり、
採光と開放性に優れています。
 
 
 
変形の浴槽が印象的です。
5~6人サイズくらいでしょうか。
 
浴室のフロアと浴槽の縁は石貼り、
浴槽の底は豆タイル貼りです。
 
 
 
洗い場も石とタイルを貼り分け、
重厚感がありますね。
 
 
 
湯口です。
 
 
 
源泉は木製の桶に
いったん溜められて、
桶から浴槽へと投入されていました。
 
僕の入浴時には
加水はされていませんでしたね。
 
 
 
源泉の蛇口には
イボイボの白い析出物が
びっしりとこびりついていて
ひと際目を引きます。
 
写メでは伝わらないんですが、
蛇口からは源泉が噴き出すように
コッ、コッコオオ、コオオオッ、と
音を立てています。
 
 
 
オーバーフローもしっかりとあり、
こちらも源泉かけ流しのようです。
 
 
 
お湯の色はやはり無色透明。
 
 
 
浴槽内温度は39℃半ばと
露天風呂と同じくかなりぬるめ。
 
 
 
浴槽内につかると
ちょうど視線の位置にある
小窓が開いていて……
 
 
 
見晴風呂の名前の通り
海への眺望がひろがります。
 
 
 
浴感は露天風呂よりも
ツルスベ感が強めに感じました。
 
そしてね。
 
露天風呂もこの見晴風呂も
ずっと独泉状態だったんですが、
とにかくこの見晴風呂が
静かなんですよ。
 
源泉が蛇口から
コオオオッと噴出する音と、
桶から浴槽へと
チロチロと流れ出す音だけが、
静かな浴槽内にしみ入るように
響いているんです。
 
それはそれは穏やかで、
心落ち着くひと時でした。
 
『熱川温泉 たかみホテル』、
混浴露天風呂が人気のようですが、
僕は個人的にこの見晴風呂の
まるで芭蕉の句のような
静寂を感じさせる空気感を
気に入ってしまったのでした。