みちのく深沢温泉〈八甲田山中で厳冬期も営業!ついに僕が数字の謎を解明!笑〉@青森市駒込深沢 | いろいろアウトな日々

いろいろアウトな日々

ただ、一さいは過ぎて行きます。

 
はい、じゃあ今日もまた
1年以上周回遅れで
お届けしております(笑)、
2017年5月16日~18日
2泊3日「青森・東北温泉巡り旅」、
その続きを進めていきます。

 

『酸ヶ湯温泉』を後にして

八甲田山をグルッと回るかのように

次なる温泉へと爆走!(笑)

 

やって来ましたのは……

 

 

 

看板があるので
すぐわかります!
 
青森・東北温泉巡り旅1日目、
2017年5月16日の4湯目は
これまた八甲田山中にある
一軒宿の『みちのく深沢温泉』です。
 
アドレスに「駒込」とか「深沢」とか
まるで東京の地名のような
文字が並んでいますが、
もちろんここは青森県。
 
前回記事の酸ヶ湯温泉は
八甲田山の南西麓でしたが、
みちのく深沢温泉は
八甲田山の北東麓に位置します。
 
ちょうど八甲田山をはさんで
対角線上にあるような感じですね。
 
 
 

ここが温泉???
 
ちゅか、
どこぞの工事現場の
プレハブ工事事務所にしか
見えへんのやけど!(大爆)
 
ブルドーザーなんかも
置いてあるし!(笑)
(雪かきのためなんでしょうね)
 
 
 
ここが入口。
 
なんですが……
 
実は入口はもうひとつあるんです。
 
どっちかが冬期の入口なんですが、
どっちがどっちだったのか
忘れちゃいました(苦笑)。
 
そう、みちのく深沢温泉は、
ここ、八甲田山の山の中、
アホみたいに雪が降る場所で(笑)
厳冬期も年中無休?だったかな、
とにかく通年営業してるんですよ!
 
てか、豪雪の中、客が来るのか?
 
遭難しないの???(笑)
 
でね。
 
上の写メの入口を入ったところが……
 
 
 

こんな感じ。
 
写メ左側に
大量の薪が置いてありました。
 
 
 
で、こっちが
さっきの入口の右側を行った先にある
もういっこの入口。
 
「よぐ来たねしぃ~」とか、
「大浴場露天風呂入口」とか
書いてありますし、
こちらの方が入口っぽいですね。
 
写メでは見えにくいですが、
大人400円 子供200円 と
日帰り入浴料も明記してあります。
(2017年5月現在)
 
こっちが冬期入口だったかな?
 
 
 

扉を開けて入ると
また扉がありまして、
二重になってるんですね。
 
「風呂入口」と書いてあります。
 
 
 
入浴時間をご確認ください。
(2017年5月現在)
 
 
 

で、中に入って行くと
お母さんが出迎えてくれました。
 
ここは何なんだろう?
宿泊者のための
ロビー兼食堂なんでしょうかね?
 
デーンと置かれた薪ストーブが
存在感ありますね!
 
にしても、
ごっちゃごちゃに汚い、
いや(笑)、かなり雑然としていて
何が何だかわからない
カオス感あふれる空間でして……
 
 
 
謎の動物!!!
 
もしやキタキツネか?
これがキタキツネなのか???
 
そういえば北海道だけでなく
青森にもキタキツネがいると
聞いたことがあります。
 
 
 

どこまでがパブリック空間で、
どこからがプライベート空間なのか、
その境界がわかりません!(爆)
 
何が売り物で、
どれが私物なのか?(大爆)
 
 
 
「おかし」とか「缶づめ」とか
アバウトにカテゴライズされた商品が
1つ150円で売られています(笑)。
 
 
 

お母さんはとっても愛想がよく、
ちょっとお茶目な感じもする方で、
記念撮影にも
快く応じてくださいました。
 
もうちょっとここで
遊んでいたい気もしましたが(笑)、
ゆうても俺は
風呂に入らねばならんのだ!
 
でさ。
 
お母さんに
浴場の場所を聞いたわけよ。
 
一生懸命説明してくれるんですが、
何言ってるのか
ぜんぜんわからん!(爆)
 
まあ何だ、
こんな八甲田山の山の中にいる
そこそこの年齢の方ですしねー。
 
失礼ながら
そんなに有名な温泉でもないので
マニア以外のお客さんなんて
地元の方ばかりでしょうし。
 
 
 
お母さんとの
言語による意思疎通を放棄し、
独力で浴場を探すことに(笑)。
 
おっ、
こっちに行けばいいんだな。
 
 
 

いい感じに鄙びた廊下です(笑)。
 
この廊下を進んでいきますと……
 
 
 
浴場への入口を発見!
 
てかさ。
 
この廊下には
いろんな貼紙が貼ってあるんですが、
それがやたらと味わい深いわけ。
 
 
 

「あるよ!」って。
 
なんでタメ口やねん!(爆)
 
「辛いぞ!」って(笑)。
 
そんなに辛いのなら
買うのやめとこう、
ってなるやん!(爆)
 
 
 
真冬も
営業してます
から!
 
「から!」って逆ギレか!(大爆)
 
いや、わかるよー、
クッソ雪だらけのこんな場所で
真冬に営業するのは
どれだけ大変なことか。
 
あと、
他の方もHPだかブログだかに
これとは別の貼紙を掲載して
書いておられましたが、
ここ温泉はやたらと
「アイスクリーム推し」のようです。
 
アイスクリームあります よ、
の「よ、」がいいよね~(笑)。
 
ちょっとゆがんでいるところも、
「、」で終わるところも!(笑)
 
あ、風呂上りに
アイスクリーム食べればよかった……
 
 
 

はい、皆さん、いい加減
お腹いっぱいかも知れませんが、
ここからがようやく
温泉レポの本編です(苦笑)。
 
脱衣場も
そこはかとなくぬくもりがあって
趣深いですよね~。
 
 
 
うわ!
 
誰もおらんと思ってたら、
ジジ様がひとりおるやん!
 
でね。
 
ジジ様が話しかけてきたわけよ、
「ここの湯は汗出るでぇ」ってね。
 
で、僕も尋ねたんです、
「よく来られるんですか?」と。
 
するとジジ様はニコニコしながら……
 
「ここの隠居です!」
 
オチがあるんかい!(爆)
 
吉本か?新喜劇なんですか?(笑)
 
この隠居ジジイ、なに客を装って
のんびりお湯につかっとんねん!
(まあ、それはええのか笑)
 
 
 

ゆうて、
隠居ジジイはほどなくして
さっさと上がっていきましたので、
その後は僕が独泉できました。
 
はい、ここからようやく
普通の温泉レポを始めるよ(笑)。
 
浴室の2面の壁は
天井まで窓になっていて、
そこからやわらかい陽光が差し込み
浴室を自然光で満たしています。
 
浴室には鉄っぽい匂いと
いわゆる石膏臭と言われる
土っぽい匂いが充満していました。
 
写メ正面左側の扉は
少し隙間が開いていますね?
 
あそこが露天風呂への入口です。
 
露天風呂については
後ほどご紹介します。
 
 
 

浴槽は2槽式です。
 
 
 
手前(左側)の浴槽の方が少し大きく
こちらに源泉が投入されており、
左側の浴槽のお湯が仕切りを越えて
奥側(右側)の小さめの浴槽に
流れ込む仕組みになっています。
 
当然のことながら
手前側の浴槽の方が
お湯が新鮮であり、
かつ、浴槽内温度も高い、
ということになります。
 
写メの左端真ん中辺りの
浴槽内をよく見てください。
 
お湯に小さな穴のようなものが
開いているのが
おわかりいただけますかね?
 
この穴は
後でまた出てきますから
覚えておいてください。
 
 
 

カランが並んでいますが、
シャワーはありません。
 
あと、カランからは
真水しか出てきませんので、
お湯が使いたければ
浴槽から洗面器で
汲むしかありません。
 
 
 

お湯の色は
少し白濁した緑がかった色。
 
笹濁り、うぐいす色とでも
言うのでしょうかね、
鉄分が多いお湯であることが
見て取れます。
 
源泉が投入されている
左側の浴槽の方が色が薄く、
右側の方が濃くなってますね。
 
これは左側の浴槽のお湯は
鉄分の酸化が右側より進んでいない、
すなわち、左側の浴槽のお湯の方が
より新鮮なお湯だということです。
 
 
 

かなりドバドバと勢いよく
源泉が投入されています。
 
源泉投入量は50ℓ/分以上だそうで、
贅沢な湯使いだと言えそうですね。
 
温泉分析書などが
見当たりませんでしたので
詳細はわからないんですが、
他の方が書かれているものなどを
調べてみたところ……
 
泉質:ナトリウム-カルシウム・硫酸塩泉
泉温:45.8℃
pH値:6.75
 
で間違いないようです。
 
あ、言わずもがなですが、
加水・加温・循環・消毒一切なしの
完全なる源泉かけ流しです。
 
わざわざ大阪から車に乗って
こんな八甲田山の山の中まで
循環・消毒のお湯に入りに来るような
馬鹿はいませんから!から!(爆)
 
で、
コップが置いてありましたので……
 
 
 

飲んでみますと
はっきりと金気臭・土臭が感じられ、
鉄味、土味、薄い出汁味。
 
塩っ気はほぼないですね。
 
 
 

お湯は浴槽の縁を越えて
ザンザンと川のように
オーバーフローしていきます。
 
いかにもお湯に鉄分が多そうな
赤褐色に沈着した床に寝そべって
トドる(笑)のにも
十分なオーバーフロー量ですね!
 
あとね、皆さん。
 
何か気になるところはないですか?
 
 
 

そう!
 
浴槽の縁の切れ込みに合わせて
1から10までの数字が
左から順に書いてあるんですよ!
 
こりゃあ一体何だ???
 
あのね。
 
みちのく深沢温泉は
一般的には
さほど知られてないんですが、
どこかマニアの心をくすぐる
魅力があるんでしょうね。
 
ここのことを記事にしたHPやブログが
意外なほどたくさんあるんです。
 
僕はそれらのHPやブログを
事前に片っ端から読んでみました。
 
ですが、どのHPやブログにも
この数字の真相が書かれていない、
みんな「謎だ」とか書いてある。
 
そこで、だ。
 
皆さん、覚えてますよね、
隠居ジジイですよ!(笑)
 
僕はここぞとばかりに
隠居ジジイに尋ねてみたんです、
「この数字には
どんな意味があるんですか?」と。
 
隠居ジジイが言うには
「意味なんてありゃあせん。
お客さんのイタズラ」
なんだそうです。
 
「風呂入りに来てヒマだからやった」
と(笑)。
 
なーんだ。
 
いやまあ確かに、風呂入ってると
ヒマっちゃあヒマだわなあ(苦笑)。
 
ちゅか、お客さんのイタズラで
こともなげに済ましてしまうところも
おおらかと言えばいいのか(笑)。
 
とにかくこの俺が
みちのく深沢温泉の数字の謎を
ついに解明したぞ!!!
 
ゆうて、
俺の不真面目なブログなんぞ
真面目な温泉マニアの方々は
ほとんど読んでいませんが!(爆)
 
あと、
覚えておいてくださいと先述した
浴槽内の穴があったでしょう?
 
 
 

これね。
 
実はこの鉄のパイプは
外の露天風呂へとつながっていて
浴槽内のお湯を
供給しているわけです。
 
いや、それだけなんだけどね。
 
 
 

左側の浴槽のお湯。
 
 
 

浴槽内温度は43℃強。
少し熱めですかね。
 
 
 
左側からお湯が流れ込む
右側の浴槽。
 
 
 

より緑色が濃いです。
 
 
 
温度は40℃弱。
まさに適温でしょう。
 
まあそれでも
新鮮な左側に入りますわな。
 
 
 

投入される源泉を
浴びるようにして入浴。
 
みちのく深沢温泉は位置的に
前回記事の酸ヶ湯温泉と
八甲田山をはさんで対角線上にある、
と先述しましたが、
お湯の浴感にしても
酸ヶ湯温泉とはまさに対照的で!
 
強酸性の酸ヶ湯温泉が
身体を軋ませるような
強烈な浴感であったのに対し、
みちのく深沢温泉のお湯には
硫酸塩泉らしい
やわらかく身体を包み込むような
やさしさがあります。
 
もちろん、
どちらも素晴らしい!
 
 
 
あー、いいお湯だなあ。
 
ほんと鮮度が良いですね、
ここのお湯は。
 
素朴。純粋。質実剛健。
 
豪雪をブルドーザーで搔き出して、
日々浴場の手入れを怠ることなく、
極寒の八甲田山中で
厳冬期も黙々と営業を続ける
勤勉さ。誠実さ。
 
僕には
このみちのく深沢温泉のお湯が、
この施設が醸しだす雰囲気、
そして、お母さん、
隠居ジジイの人柄と同じく、
やさしさとあたたかみに満ちた
飾らない真っ正直な
お湯のように感じられました。
 
 
 

さあ、露天に行くよー。
 
 
 

ほら!!!
 
どうよ、この露天の美しさは!
 
天然のタケカンバや
ブナ林といった
八甲田山の大自然が
目の前に迫ってきます!
 
これほどまでに豊かな、
これほどまでに贅沢なロケーションは
そう多くはないんじゃないかな?
 
 
 
浴槽は岩風呂風で、先述の
浴槽から引き込んだお湯に加え
新しい源泉も投入されています。
 
まあ泉質を味わうなら
内湯でええやん。
 
 
 

浴槽内温度は40℃。
ちょうどいい温度ですね!
 
 
 

うわー!!!
 
ちょっとこれ最高じゃない?
 
俺はここが好きだ。
いっぱつで大好きになった。
 
いつか絶対、また来よう。
できれば雪まみれの真冬に。
 
その時こそ
なんばんみそを買って、
アイスクリームを食べます、
から!(笑)