Endless-Merry@吉埜由利子

Endless-Merry@吉埜由利子

ピアノ弾き語りfrom山口県

【2018年ライブ出演情報】

●10/20(土) 水道橋Words ツーマン

●12/16(日) 赤坂グラフィティ 1stワンマンライブ

詳細は最新ブログ記事に掲載。ご予約はyoshinon_ticket☆yahoo.co.jp まで。
※☆を@に変えて送信して下さい。
Amebaでブログを始めよう!
おつこん!


7月の高円寺ウーハ
9月の船橋ミリタリーバー


ご来場誠にありがとうございました。


リアルタイムな心境はツイッターに書いたので割愛します。



まずは7月のウーハ。
敬愛する小浜田知子さんのお力により出演させて頂くことができました。
多分そうでもしなきゃ私は永遠に出演出来なかった箱でしょう。
ありがとうございます。

久々のミヤザキナオコさん。
恥ずかしながらステージ観ながら泣いてしまった。
声質とか歌詞とか曲調がっ…てそこの話ではなくて理屈抜きに持って行かれることがある。
生き様を堂々と歌うお姿がとてもカッコよかった。ああなりたい。

初めましての竹内亜紗子さん。
声を楽器として使う方でした。
フルートみたいな歌声。
ピアノのアレンジも凄かったです。隙間なく埋めてるかと思いきや音を抜くセンスが素晴らしかった。あれくらい丁寧にならないと行けないなと思いました。譜面を拝見したかった。


お店は秘密基地みたいな感じでとても素敵だった!私は秘密基地のような場所が大好きです。
店長さんもかなりこちらに対して気を遣ってる…というか過ごしやすくしようと接して下さってるのが伝わってきて、ああ、本当にこーゆー場所はありがたいなと思いました。
こんな得体の知れないどこにでもいそうな粗悪品にチャンスを下さりありがとうございました。
あと音の感じも好きです。生感といえばチープに聞こえますが、小細工無しです!って感じが◎


ウーハさんには11/26と12/19も呼んでいただきました!
好きになってしまったのでこれからもよろしくお願い申し上げます(ホラー感)




そして9/1は 船橋ミリタリーバーにて「誰だって良いのに 祝ってくれれば良いのに」を開催いたしました。

誕生日イベント。
ずっとやるかやらないかを迷っていて気がついたら8月半ばで…恥を承知で決断致しました。
ほぼ2週間前の告知にもかかわらず無理矢理予定を合わせてきてくださった方々本当にありがとうございました。
関東近郊は勿論、静岡からお2人、愛知からお1人、駆けつけて下さいました。
本当に凄いことです。地方だから行けない、という言葉はよく聞くけど私のリスナーさんにはそれをいう方が割と少なくて逆にこちらが心配になるくらいです。頭が上がりません。
というか距離にかかわらず無理矢理予定空けてくださった方本当にありがとうございます。
稼ぎを止めたばかりか投げ銭貢がせて本当にすみません。

やるかやらないかを迷っていたと先に書いていましたが、自分にこんなイベント開催&運営できるのか?とビビっていたのが本音です。
今までファンイベントというかオフ会みたいなことをしてこなかった(そんなこと誰にも求められてないと思っていたし、この性格では仕切れないと思っていた。)から開催にはかなりの不安があったんです。

しかーし!やってみて良かったです。
ミリバーだからヒゲさんのいる場所だから出来たイベントでした。
ミリバーでの昼ライブは初めての開催とのことでしたがそんなこと感じさせないヒゲさんの接客!
私の手の届かないところまでだけでなく全体に対してヒゲさん(膨大な量の知識と、トークスキルを所持)が話しを振って下さっていたお陰様で孤独そうなお客様が1人もいなかったように思います。
これはコミュ力と気遣いがゴミレベルの私としては本当にありがたかったです。
結び目になってくれたハルちゃんもありがとう!!

タイスケ含めあり得ないほどのゆっるゆるガッバガバイベントで我ながらおいおいて感じでしたが、終演後のお客様の感想は心なしかいつもより好感触だった気がします。
私の好きな場所を皆さんにも気に入って頂けたのがとても嬉しいです。


てかさ!自分の食べる分だけで良いって言ったのに結局お菓子持ち寄ってシェアしてる人がいて…その姿が微笑ましかった( ´ ▽ ` )笑
私はお土産品のコースターだけの用意で見事に何も分けあえる食べ物持ってこなかったから心の中で「くそう、これが陽キャと陰キャの差なのか…」と下唇を噛んでいましたよ…ええ。

ステージに関しては特には書きません。
観に来て下さった方が観て感じたことが全てです。
 
(ここからいきなり宙を見て語り始めますが…)
好きで始めたはずの芝居の世界でストレスが溜まりまくってた時にサークルのノリで始めた弾き語りのライブ活動。そこには芝居をしていた時の何倍も表現の自由がありました。
今まで芝居してたのはこの為だったんだ、人と上手くやれないのも失敗して来たことも別に悪いことではなかったのだと思えました。
音楽始めたら始めたでここにもしったかマウントエセ業界人や同業者はもちろんクソ客もそこかしこにいたけどそんなこと帳消しになるくらいの幸福度でした。
rabbitはそんな自由な場所で披露した初めてのオリジナル曲です。とても寂しい救いのない曲です。
「クソがぁああああ!でも周りがクソな時はもれなく自分もクソなんだあああ!ちくしょうがああああ!!こんなのは嫌だあ!こんなのは嫌なんだああああああ!早く何処かに行きたいんだ!」
と同族嫌悪を感じながら歌っていた時の事は今でも忘れられません。
今も売れっ子なわけでは到底ありませんが、尊敬できる人に沢山出会えたので昔に比べたら遥かにマシというか幸せだと思います。

この曲をこんな幸せな日の軸に出来たことを心から嬉しく思います。




あとね!ミリバーの店長のヒゲさんがね!終わった後にね!!

「本当に良いお客さんばっかりだね!」

って何回も言ってくれてたんです。

私はそれが自分の曲についてあれこれ言われるよりとてもとても嬉しかったんです。

初めて言われたよ。
初めてお客様を直接褒められた。
いままでの全てが報われた気がしたよ。

「そんなこと言って客に媚びてるだけだろ」「身内盛り上がりだろ」とかそーゆー低いレベルの話ではないんだよ。
というか分かり易い話でもありまして…
厨二病MAXの楽曲をバンバーンと弾き語っていてさ、その上私がクッソ面倒くさい性格で度々SNSとかでリスナーと言い合いとかしててさ、何人かには「もうライブこないでくれ」とも言っててさ…
それを横目で見ながらも未だにライブに通い続けてくれてるって事はだよ…私達が作るものを愛してくれてる上に理解してくれてる優しい人が残ってるわけなんですよ。

今まで客層にまで目を向けてそこに感想落とされる事はなかった。
多分ライブハウスのスタッフさんが客層に感想落とせるほど初見のお客様と関わる事は憶測ですが滅多に無いんじゃないかと思う。ディスってるわけではなくて多分業務でそれどころじゃないと思う。
職業柄とはいえ毎日一人一人との会話を大切にしている積極のプロのヒゲさんにそーやって言われたらワシは…ワシは……


。・゚・(*ノД`*)・゚・。


上手いこと言うつもりはないのですが、本当にそれが一番嬉しい誕生日プレゼントでした。
皆様最高のプレゼントをありがとうございました。
お客様がご来店のたびに拍手が起きる流れが自然発生した時はステージ前だったけど正直泣きそうだったよ。
別にお一人お一人が全員と面識あるわけではないし、むしろ吉埜のリスナーはなんとなくですが1人行動がお好きな方が多いと思うんですよ。ライブにも一人で来る方が多いし。私もそうだし。
それなのに拍手が!なんだこれは!なにかの忘年会なのか?!と思うような光景でした。

人に恵まれたよ。本当に。

自分勝手に作った歌を聴いてもらえる、笑ってもらえる、好きだと言ってもらえる、拍手をもらえる、続けてくれといってもらえる。
そんな温かさを与えてくれて本当に本当にありがとうありがとう。


全然選べる立場ではないのだけどさ、客層に恵まれてるからこそもう安易なブッキングには出ちゃダメだと思うし、良いと思った場所に自信を持ってリスナーを連れて行けるよう、なにより自分がやりたいことを自信をもって提供できるよう、これからも励まなければならないとおもう。
でもイキリな上に根本がダサいから多分また唐突にものすごい勢いでコケると思います。どうかご容赦ください。


余談ですが相方のKに「お客様宛にボイスレターとかもらえない?」って聞いたら、「結婚式のビデオレターみたいでダサいからやめたほうが良いよ」と言われました。
そう私根本がダサいんだよねwww
わかるわかるwwwwwwww


ダサいっていうな!


Kのプロ意識だね。
止めてくれてありがとうwwwww

あと川田さんは去年は32歳にちなんで32円分のamazonギフト券?みたいなのくれたのに、今年はおめでとうのラインもくれなかったから私から「おめでとうって言ってください!」と催促しました。そしたら「アイドルらしくお誕生日会も成功されたようですね!おめでとうございます〜」と返事が来ました。なんか腹が立ちましたので誕生日プレゼント代わりに10/12「陽のあたらない場所2」はノーギャラでサポートしてもらいます。嘘です。





以上。




またかきます。

多謝。



吉埜



こんばんは!

昼ですがこんばんは!


先日ブラタケシ#47@大塚 All in funにお邪魔して参りました。

お招き頂いた仏の世古さん、ご紹介して下さった天使の小浜田さん、ハリポタのようなカウンターにそこかしこオシャレな内装&ご飯やお酒も美味しい&優しいスタッフさんやオーナーさんなどなど至れり尽くせりな大塚 All in funさん、私の分まで動画を撮って下さった世古さんラバーな富樫さん、大変お世話になりました。

ありがとうございました!


いつものイケメン(イケてるメンタル)ズ。

Ba.川田達也氏

Perc.春里晋平氏

この日も安定の演奏をありがとうございました。



来れなかった人あの勿体なかったよ本当に

というのは冗談(皆様都合があるンゴ、わかってるンゴよ)ですが、ついそんな事を言っちゃいたくなるくらい凄い日でした。

本番中にうっかり「勉強になりました」とか言ってしまうくらい尊い日でした。

お忙しい中関東圏の方は勿論地方からも遠征して観に来てくださった方々、見届けて下さりありがとうございました。




世古武志さん



凄かった。

生意気に感想など申し上げますと、囁くような歌声がとてもお美しい。優しくグサグサ刺してくる感じ。

あと話してる時の声がエロい。


小浜田さんのお知り合いて本当にバケモノ(ここでのバケモノは決して悪口ではありません)だらけだー。


ステージを拝見しながら拙者の心中は非常に忙しかったでござる。


記録用の動画を観た相方のKの感想も交えながら記しますと



「世界最古の木造建築」で「ほ、法隆寺!?」と度肝を抜かれ、


「毘沙門天」の美しいファルセットに吹き(侮辱している訳ではありません。とても綺麗な声で毘沙門天と歌われてました)、


「風雷神門」のメロの切なさにとても可哀想な気持ちになり、


「絶対秘仏」の全然秘められてない主張の激しさに貫かれ、


言えるのは総じて尊いという事(合掌)



音楽の先輩の尊いステージを拝見し成仏してしまった悪霊吉埜は「凄い、凄過ぎる、世古さんは気持ち悪くない」とか「前髪で前が見えません系男性SSWの書く安易なキミを守りたいソングが」などとお粗末にも多方面を傷付けながら先輩のステージの感想を述べるというポンコツMCを披露する悪行を。

多方面へのディスが過ぎて残念過ぎました(南無)

いや冗談抜きに久々に酷いMCをした気がする。

嫌だー!

本当は誰にも嫌われずに生きていたいー!!

でも嫌なものは嫌だと口が!口があああ!!


これが真心ってやつですかね(違う)



お互いの楽曲をカバーするという条件があるこのご企画なのですが、世古さんはサマロマと太陽をカバーして下さいました。

サマロマは情熱を通り越して残念な感じになってる勘違いが過ぎる雄カマキリ(吉埜の知人がモデルごめんなさい)の歌なのですが

世古さんのような方にギターをジャカジャカかき鳴らしながら「食って食ってオレの極上フルボディ」「マジで虫の息だぜ」「照れ隠しするシャイなかわい子ちゃんだぜ」と歌われてみたいが為に「お願いします!」と私が押し付けてしまったのです。世古さんは自由に選ばせて下さったのに、私の方は欲塗れだった事を深くお詫び申し上げます。

世古さんのご趣味ではない曲だったかもしれないのにさぞ気持ち悪かったかもしれないのに心よく引き受けて下さり、そしてその才能の無駄遣いと言わざるを得ない程の素晴らしいカマキリギターアレンジとカマキリボーカルをありがとうございました。ギター凄すぎて変な声が出ました。

各サビ最後の「オレさぁ~」と下がる所と「ダンス」をやや「っデェア~ンス」と発音なさる所も性癖に響く所がありたまりませんでした(合掌)


そして太陽がもう昇天物でした。

あの5分強、改めて今度は確実に天に召しました。

ど頭終わりの間奏前のギターの「ぺぇええん」てメロ(この表記だとあの素晴らしさが全く伝わらない事はわかってるんですが「ぺぇええん」なんです)で拙者は「ぴぇええん」となりました(謝れ)

Aメロの囁き、サビ前の叫ぶように上がる所、そしてアウトロの美しくてでも膝から崩れ落ちて溶けて無くなりそうなフェイク。

転調来た時は口ポッカンでした。

オリジナルの中でもトップ3に入る大切な曲をあんなに素敵に歌われたものだから涙腺が危うかったです。

ハルちゃんの倍音タップリで触ったら壊れてしまいそうな切なく繊細な太陽も凄く好きだけど、世古さんの酸いも甘いも知り尽くした男の太陽もとっても好き!

宝物が増えました。

本当に本当にありがとうございました。




吉埜側でカバーさせて頂いたのは【河川敷】と【その猫ごと好きでした】の2曲。

相方のKから「吉埜さんがどんな仏の歌をカバーしてくれるのかと期待していたのにまさかの『普通の曲』の方だと?」と突っ込まれました。

そうですよね、普通仏ソングカバーしますよね。最初そのつもりだったんですよ。

密教について調べていた時に曼荼羅というワードも出て来たから、世古さんの【密教】と私の【曼陀羅の華】を立て続けに演ろうかと安易に考えましたが、密教での曼荼羅と【曼陀羅の華】の曼陀羅は別物だしこれはバチが当たりそうだ、と思いやめましたwww

あと、仏ソングというか世古さんのソロ曲は最後のセッションで2曲ほど一緒に演奏させて頂けるという事もあり「じゃあ、カバーは世古さんのユニット(SELLPICO、チーム・ほうれいせん)の楽曲をやってみよう!」となりました。

【河川敷】を書いたのが世古さんなのかユニットの相方様なのかは存じ上げませんが、初めて聴いた時に一番のサビで泣いてしまい「これを演る!」と即決しました。照れ臭くて柄じゃないから詳しくは書きたくはありませんが(どの口が言うとんじゃ)、実家にいた頃を思い出してしまいました。

https://youtu.be/J0g6N3X8g64

この曲を歌えて本当に良かったです。ただやってみてから気付いたんですが、音域広くて(特に下が)ゆりたん結構焦りました(汗)


【その猫ごと好きでした】は小浜田さんと世古さんのユニット「チーム・ほうれいせん」のライブで聴いた時にグッときた曲でして。

やりたみはかなりあったのですが、やるとなると春里さんをかなりこき使う事になる(男性がメインボーカル)なとも思い

だがしかし演りたみんが高みんだったので、遠慮がち(なフリをしながら)に春里さんにお伺いしたところ、イエローを通り越しもはや黄金色に光り輝く男気で引き受けて下さいました。ここにも仏が居た。

引き受けるどころか案も積極的に出して下さり本当にありがとうございました。

私が歌うとヒステリックで深刻な仕上がりになったろうし、川田さんが歌えば妙な生々しさが出てしまって別方向に仕上がってたんじゃないかと思います。

爽やかな春里さんのお陰様でどこまでも一途で健気な青年の切ないラブソングへと仕上がりました。

本家の動画だと世古さんが凄まじいまでの色気とまた違うベクトルの切なさで「その猫ごと好きでしたーあぁ~」と歌ってらっしゃいますのでこちらも是非。

https://youtu.be/USClS9WkHrg

色々と満たされます。作詞曲者である小浜田さんの美しい歌声も聞けます。小浜田さんに「私もその猫ごと好きでしたと言われたいです」と話したら『私もそう思いながら書いたのよー。』との事でした。

ですよねえええ!!

そんなこんなで重ね重ね満たされた拙者でした。ウヘヘ。


ちなみにベース兼MCサポートの川田さんは誰がどれだけスポットライト浴びようが、強い御心でそれはもう絶妙なタイミングで程よい笑いをブッ込んで来てくださいます。こちらも本当にありがたく思っております。

このタイミングで書くとまた「はぁ、とってつけたようにありがとうございますー」と言われそうですが、このタイミングで書かせて頂きます。グフ。

Kは「ちょ、イエローが歌っとるー!!!!イエロー関係ない歌歌っとるー!!!!まさか川田さんがこんなに霞む日が来ようとは!」と大変滾っている様子でした。


仏セッションでは世古さんの【大仏さん】と【阿修羅】を。

https://youtu.be/Lq9CqDCIzbA

https://youtu.be/kwkrMSvjLYE

当日に合わせたんですが「素晴らしい!豪華!」とまさに仏のような懐の深さで受け入れて下さりありがたみが深みでした。

【大仏さん】も【阿修羅】も一回聴いたら忘れられないキャッチーなメロでとても楽しかったです。

てか動画見たら春里さんが口ずさみながらカホン叩いてた!いいなー!!いいなああああー!!!

ワシも!ワシも演者につい口ずさまれるような曲書きたいいーー!!くえええええええええ!!!


さて(キリッ)


自分のステージでは新曲「花と散り行く」の初披露でした。ちゃんとやれて良かった。

か、感想がなくて少しさ、さ、寂しかったりなんかしないんだからね!!!

アラサーのキモいツンデレはさておき、またいつかこの曲も歌わせて下さい。笑

なんかアルバムの8曲目に入ってて飛ばされがち風な曲になってしまったなー、もはやこれは8曲目と呼ぼうwKは話していたんですが、最近そーゆー曲がなかったから私は逆に良いと思ってる。てか私にとって良い曲だからこの先どんな評価されても私は歌う!

彼女の言葉や字が大好きです。

子どもの頃からそれは変わらないです。

そんな身に馴染む言葉達を30過ぎてもこうして歌えてること、誰かに聴いて貰えるかもしれないことは本当に幸せなことです。



長くて脱線してドヤ顔の身内愛で私欲塗れのレポが終わるという安定のキモ運転ですが、素晴らしい機会を下さりそして出会って下さった先輩方と会場、一緒に演奏して下さる心強い味方、目撃して下さった方々、来れずとも曲を愛して下さってる数少ないリスナーの方々、本当にありがとうございます。


こんな気持ちになれる日があるならどんだけ人生破綻してても、もう少し音楽続けてもいいかもしれないと思えました。



音楽やっててよかったー!!




次回の吉埜さんは8/1(木)高円寺U-ha






合掌(--)

花と散り行く

作詞:K   作曲:K&Y   編曲:Y


最後の夜を祝う様に花は散り行く
水面に浮かぶ月を幾ら飲めど酔えない
降っては積もる花に沈む身体を寄せて
滲んだ熱が溶かす闇のしじまに二人

こんな結末は微塵も望んでいなかったけれど
もし叶うとして何を望んだら良かったのだろう

『またね』と一言 横顔で告げて事も無げに笑った
上手い嘘を吐くその人が吐いた下手な嘘は此れ切り
「じゃあね」と一言 返すべきだった
その先互いの邪魔になり得ると理解していても尚
あの時互いを支える為には必要だったこの手
選んだ報いに後悔はしない


流れる髪に花が戯れる淡い風景
替えの利かない平凡さを極める許り

思い出と呼べる殊更際立つ記憶等はなく
只そこにあった何でもない日を憶えているだけ

『またね』と一言 横顔に乗せて普段通り笑った
上手い嘘を吐くその人の嘘を見抜いたのは此れ切り
「じゃあね」と一言 何故言えなかった
何時かもきっとも永久にもずっとも守れない約束も
全て要らないと言い聞かせたのは信じそうだったから
泡沫の夢をもう観たくはない


『またね』と一言 横顔で告げて事も無げに笑った
上手い嘘を吐くその人が吐いた下手な嘘は此れ切り
「またね」と一言 返せば良かった

譲れない物は比べたところで譲ることは出来ない
貫く理想と捧げる犠牲を掛けた秤は振れて
たった一言も返せない侭に
咲いて咲き乱れ咲いて咲き誇りそして花と散り行く
それでも変わらずその人は酷く満足気に笑った
決して散らない一言を置いて


最初の夜を祝う様に花は散り行く
水面に揺れる月を幾ら飲めど酔えない
降っては積もる花に沈み瞳を閉じて
失くした熱が溶けた闇のしじまに一人


□■□■□■□■□■□■□■□■
2019年7月20日発表
※歌詞の二次使用は御遠慮下さい。








吉埜由利子3rdCD収録曲の「見果てる夢」がTokyoFMでオンエアされることになりましたのでお知らせ致します。
既にRTで広めようとして下さっているリスナーさんや仲間の皆様本当にありがとうございます。ご恩は忘れません。



2019年5月18日(土)25:30〜26:00
「SHOWROOM主義」
周波数▷80.0MHz(23区、神奈川、千葉、埼玉)
              86.6MHz(東京多摩・武蔵野、埼玉南西部)
              ※以下の地域はこちらでもお聴き頂けます。
               84.3MHz(八丈島)
               76.7MHz(新島)
               83.6MHz(青梅)
               80.5MHz(八王子) 

その他ラジオ(スマホ、PC)の聴き方▷https://www.tfm.co.jp/listen/sp/index.html
【よさそうなアプリ】
WIZ RADIO:いつどこにいても全国のFM局を聴くことができます。(録画機能は無い模様)
radiko:東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木の1都6県の方はこちらで。タイムフリー機能(録画)もあります。


流れる時間は1分間程度だと思いますが、この機会に沢山の方に聞いて頂いて、楽曲の存在は勿論それに関わって下さった方々の事も知って頂けたら幸いです。


よろしくお願い申し上げます。
いつもありがとうございます。



吉埜由利子


           





おつこんです。


4/26の赤グラLast Fes'前夜祭に御来場頂いた皆様ありがとうございました。
今回はセトリと写真(ツイッターにはいくつかあげてます)は割愛させて頂きます。
個人的にワンマンに近いくらい思い入れのある日だったかも…?なので見届けて頂いたことが本当に嬉しかったです。
行きたかったけど無理だったって人のお気持ちも勿論察しておりますからね!

自己満足だし人数にだけ価値を見出しているわけではないけど、グラフィティのブッキングでは今までで1番沢山の方に足を運んで頂けました。
重ね重ね御礼申しあげます。



場所って人だ。人って場所だ。
そういう意味でもここでライブをする事はもう二度とない。
グラフィティは色んな悪循環(持ち時間15分のライブでろくに練習してなさそうなコピー曲をカラオケで披露する地下アイドル達に混じってrabbitを叫び語り、自分の在り方に違和感を覚えて悩んでいた時。お分かりだとは思うが上記は全ての地下アイドルさんを指しているわけではない。言葉尻掴んで攻撃してくる人がたまにいるので念のためにいっておく。「おまえなんか顔浮腫んでないか?生理前か?」と外部の私に信じられない態度で話しかけてきた地下アイドルの専属プロデューサー(自称)やそれと似たような態度で私に接してきた地下アイドルの事を言っているのだ。ちなみに今はそんな者共は周りに1人もいない。とても幸せである。)から脱するきっかけを下さったとてもありがたい場所でした。
宝物を沢山頂いた。
初めてミュージシャンとして接してもらえた気もした。
ミュージシャンとしてのステージでの悔しさも恥ずかしさも幸せもここで沢山味わった。
満足いくステージ出来たのなんて多分覚えてるだけでは1回だけだ。
集客が出来なさすぎて何度苦い顔をさせてしまっただろうか。
育てて頂いて(と勝手に私が思っている)、ご縁を繋いで頂いて、と与えられてばかりでした。
何かを自分が返せたとは一つも思えないです。

店長さんとお話しした時に「寂しくはあるけどね、これからが楽しみでもあるんだよ。なにができるんだろうってちょっとワクワクしてる。」と仰っていたのを聞いて、本当にここのスタッフさん達がより沢山の幸せに巡り会えたらいいなと思った。
幸せでいてほしいっ、て言葉にしてしまうのは結構余計なお世話だし私の勝手な願いでしかないけれども。
それでもそう思いました。

てかあれだ。
売れてないおまえに心配され願われるほど皆さん落ちぶれちゃいないぞ。
人のことばっか願ってないで私も頑張ろう。


赤坂グラフィティ。
沢山の始まりを本当にありがとうございました。


吉埜由利子



おつこんです。



4/16〜23showroomイベントについて。
応援して下さった皆様ありがとうございました。
厳しい戦いではありましたが、お陰様で二位を頂きました。
twitterでもしつこいくらいに言いましたが、これは私と言うよりは皆さまがとった2位です。
楽曲を愛して下さっている皆様、そしてその皆様が連れてきて下さった方々、私の楽曲をTOKYO FMで流す機会を作って下さり本当に本当にありがとうございます。
今の私1人では手にすることが出来ない機会です。
オンエアがいつになるかはまだわからないし、番組の構成によっては曲を流して頂ける時間は短いかもしれないそうですが、皆様から頂いたこの機会に1人でも多くの方にリアルタイムで耳にして頂けるよう、オンエア日程もガツガツ拡めて参ります。

1日3時間制限という事もあり25分刻みの配信が増え、それによって皆様のお時間をかなり拘束してしまいました。
また、競合ルームに比べると少なく(ざっとみても1位が90万弱、3位が10万円強)はありましたが課金額もトータルで5万円弱と当ルーム史上過去最高となりました。
楽曲を流すためにこんなにも沢山の労力とご支援を頂いた事、絶対に忘れません。

1日1曲みんなと曲作りは最後の2日間は余裕がなくて出来なかったので少し悔いが残りましたが、それまでに出来た曲はこれからも配信で歌っていこうと思います。

日を重ねるごとにリスナーさんが連れて来てくださるお友達が増えていき「○○さんに言われて来ました!応援します!」と星やカウントを恵んでいってくださる様は本当に心から血が出る思いでした。出るというか血流がよくなるというか。
最終日の最終枠なんてMOTHER2のラスボスとのバトルシーンの一部を思い出してしまうくらい感動していました。
人が人を呼んでつながっていく。
私はそれに本当に感動したのです。
配信者の方々もルーム全体で応援に来て下さったりと人に助けられて助けられて最後まで走り抜くことができました。
こんな見ず知らずの女の為に時間やお金を掛けて下さりありがとうございました。


私がお客様の事をファンと呼ばないのには理由があります。
私は一見かけはなれていて無駄(イベントの事ではないですよ)に思える事もやります。ここ数年でやるようになりました。昔からの私を知っている方ならお分かりかと思います。その全ての活動は最終的に私の音楽に辿り着いて欲しくてやっています。
それを間違ってるとか邪道だとかアイドルみたいな事するようになったねー(いや、これに関してはそもそもアイドルを馬鹿にしてんじゃねえぞお前って言いたいですが)って同業や通りすがりに笑われた事もあります。
でも成し遂げる為の正義は当事者である私とKにしかわからないのです。色々な事情もあります。
さらにキツい言葉を使うなら、憶測だけで…そのツールをよく知ろうともせずにこちらが傷付くような事を平気でいう方は相手にしていられません。しないでっていう事を何回言っても直さない人や自分の気持ち優先で傷付けてくる人とも関わりたくないです。私も人です。逆恨みはなるべく避けたいですが、関わりたくないのでニコニコしたり率直に苦言を呈して線引きします。
今私にご関心頂いている皆様はそんな遠回りな道の途中や道の先で出会いこの音楽に辿り着いて下さったとても奇跡的な方々なのです。
だから敬意を込めてリスナーと呼んでいます。
私とKの音楽を声をその芯の部分を聴いてくださる方々。リスナー。
リスナーさんには皆等しく感謝しています。

ですが、リスナーさんであってもshowroomに関してはみんな等しく、という訳にはいかないので貢献度(というか応援度ですよね)に応じてお礼のレベルに差をつけさせて頂きます。嫌な思いをする方もいるかもしれませんが、万単位の星やギフト支援と数百ポイントの支援を同等に扱うのは流石に前者に対して失礼過ぎます。お仕事やお休みの時間やその合間だったりになんとか時間とお金を捻り出して応援して下さった訳ですから。私は勿論この人達もかなりの覚悟で曲をTFMで流してもらおうと磨り減りながら8日間を走り抜けて下さったわけです。
申し訳ない気持ちもかなりあり心苦しくはありますが、showroomに関してはこのようにランク分けしてしまう事を何卒ご理解ご容赦の程よろしくお願い致します。

あと、応援に来れなかった方々はそれで引け目を感じる必要は全くないです。

CDを楽しみたい人。
LIVEを楽しみたい人。
路上を楽しみたい人。
showroomを楽しみたい人。
私達の音楽が広まり売れていく事を応援したい人。
その他…

それぞれの楽しみ方があります。
たった一個が該当する人がいれば、複数該当する方もいらっしゃいます。
あなたの求めてくださるコンテンツが私達の中に一つでも見つかれば嬉しいしありがたいし何よりだなと思います。
求めていないコンテンツに参加できなかった事を悔やむ必要はないし、それ以前に求めるコンテンツであったとしても時間やお金がどうしても都合つかない場合もあります。
だからどうぞ引け目を感じずにこれからもご都合に合わせてお気軽に吉埜由利子を楽しんで頂ければ幸いです。



争い事なのでどうしても比べる対象が他ルームになってしまいますが、結果と頂いたギフト量からしてもわかるとおり多分おつこん部屋はどのルームよりも星が集まりました。
皆様の積み上げて下さったこの星に誇りをもって私はこれからも活動していきます。



これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。








最後にしつこいですがもう一度言わせて下さい。
本当にありがとうございました。



吉埜由利子



P.S
私が終わった後に他ルームの違反に関してギャアギャア言ってたのは結果を変えて欲しかったからではないんですよ。私を一位にしろー!って言いたかったわけではない。
タワー30本はそのルームの才能であり実力だしショウルームではよくある事です。
ただ、本当に真面目に8日間走って来た身としては違反行為が容認されてるのがすごく頭に来たわけなんですよ!!
これ私1位とれてても同じことしてました。
正直者がバカをみる。
次から同じ事が起きないことを切に願います。
















大事な事についてはその都度書いていたようなのでそちらを読んで頂いた方が早いと思いました。



ので、書いてなかったことを、




11月半ばからshowroomというアプリを使って配信活動を始めてみました。

9月から路上ライブに行けなくなりその代わりに宣伝目的で始めたshowroomでしたが、思いの外いい出会いに恵まれ…とてもありがたいです。
2つのイベントに参加し、皆様のお陰様で1度目は8組(くらいだったかな?)中3位(それも棚からぼたもち的なね)、2度目は40ルーム中15位で終了。
皆さま沢山のエールを本当にありがとうございました。2度目の時は残念な結果で申し訳なかったです。

始める前までは正直な所配信ってものをナメてたんですよ。
ただボタン押して喋ったり歌うだけなら体力的には路上ライブより楽だろうと。
やってみて路上ライブよりしんどい事がわかりました。ツイキャスよりもshowroomの方が難易度高め。向き不向きってものを感じました。
そんなところも含めて面白いアプリなので2019年も出来るだけ配信していきたいです。


が、しばらく…できるだけしばらく…大人しくしようとも思っております。
というのが気管支炎自体は治っているはずなのに声だけ完全には元に戻っていなくて…ワンマンの時ほどではありませんが今も声がガサガサしていたり高音域が出にくくなっております。
歌声がCDと違うし、喋り声もなんか低くなった(笑)
気管支炎にかかった時にタイミング悪く2日連続ワンマンのリハだったことや声がバリバリの状態でワンマンを迎えた事や、「大丈夫でしょ!」と無理して歌ったり喋っていた事で治りが遅くなっているのかもしれません。
今だからネタとして話せますが実は夜に血痰(といっても咳が酷いと喉の粘膜が傷つきやすくなって誰でも出やすくなるらしいので大げさなものではありません。)がでるくらい咳き込んでいて眠れない日もありました。おそらくその咳も原因だったのかなと。咳止めの薬は副作用の関係で飲めないので麦冬門道にかなり助けられました。
上手くなりたいなら喉から血が出るまで歌えって聞いたことありますが…やっぱそれはダメだと思うェwww

こういう事を書くと「病院に行った方がいいよ!」「あれが効くよ!」と自分でも実行済みのアドバイスを皆様にさせてしまったり、ご心配をかけてしまうので書かない方が良いかとも思ったのですが、大人しくするなら話せる事は全て話しておいた方がいいかと思いました。サボってると思われるのも悲しいので。
あと。これは報告であって決して皆様の心配を煽りたくて書いてる訳ではない事をご理解頂ければ幸いです。


このガサガサの声でも歌えない訳ではないしむしろ楽曲にはこっちの方が似合っているかもしれませんが元の声の方がつっかえたり掠れがなくて歌い易いので戻れるよう努めます。


なんか書いてなかった事を…と思ったら暗めの内容になってしまいましたな…失礼しました(笑)





2019年は書き下ろし曲収録のCD作りたいのでそちらに集中しようと思います。



沢山のエールとご関心をありがとうございました!
皆様にとっても亥い年になりますように!!




吉埜由利子





















※リスナーさんのツイッターやブログの写真も拝借しながら綴って参ります。皆様頂戴致します。ありがとうございます。


吉埜由利子1stワンマンライブ
🔥甘い夢に火を放て🔥




いえ、

炎上1stワンマンLIVE!!


無事終了致しました(炎上したのに無事とは?)
この日のために予定を空けて下さった皆様!
誠にありがとうございました!!



《開演前SE》
・Pollyanna(I Believe In You)-Catherine Warwick(MOTHER)
・Snow Man-Nintendo(MOTHER)
・White Magic-After Graine(Heart)
・Fallin'Love,And-Nintendo(MOTHER)
・すべてへ-19(無限大)
・グッドフレンズ/バッドフレンズ~スマイルズアンドティアーズ-田中宏和・鈴木慶一(MOTHER2ギーグの逆襲)


🐓背鳥🐓
登壇SE-
Happy Yellow Time(春里晋平)/夕暮れマジック(Recorick)

-本編-

(キーボードトリオ編成)
1・花軍
2・非等身大
3・デリバリーラブ
4・ソドムのヴィーナス
5・曼陀羅の華

(Pf&UB編成)
6・リフレイン
7・Sun phobia

(Pf弾き語り)
8・rabbit(炎上ver.)

(Pf&Gt編成)
登壇SE-人魚の涙(ハル)
9・陽のあたらない場所

(キーボードトリオ編成)
10・アンチヒロイックRPG
11・紅掛かる空
12・プラスチックドリーム
13・祈りの両手を救いの片手に
14・少年と宝

(Pf弾き語り)
15・故郷と君に

(アンコール)
16・夕暮れマジック(Recorickカバー)
17・見果てる夢

《終演後SE》
・吉埜由利子CDから9曲
・Sun phobia(ハルver.)
・よくある話。(吉埜由利子ver.)






ステージで言い忘れた事が沢山ある。


まずこの日の限定ドリンク




・赤坂炎上(アルコール/カンパリクランベリー)
・無限のファンタジー(ノンアルコール/シンデレラ)
2,3日前に思いついて店長さんに相談したら快諾して下さり、御厚意で立派なメニュー表まで!!
無限のファンタジーはShowroom配信で話した迷惑メールのネタです。


あと、12月のグラフィティのLIVEスケジュールパンフレットに…






こんなありがたいピックアップ記事が!!
ちょっと泣きそうになりました。(泣かなかったけど)
与えられてばかりでいつになったらご恩返しできるんだろうか…
グラフィティの皆様本当にありがとうございます。



ステージ横の
大きなクリスマスツリーを見て「絶対燃やしてやる」と思いましたが出禁になりたくないのでやめておきました感動しました。




入り口付近には、




原画の素晴らしさをリスナーさんにも是非見て頂きたく3rdCDジャケットの原画「紅掛空色」を展示しました。chiko作のトールペイントです。生の絵に惚れ惚れした。



サポートは数年前の自主ブッキング企画の時と同じく、




Ba:川田達也
Dr:春里晋平

このお二方にお願い致しました。
川田さんにはもう5年くらい音源制作でもお力添えを頂いています。
私の好みをしっかり把握して下さっていて「あーして下さい、こーして下さい」っていう必要も
最近は特になく、いつも心がキュウッっとなるようなベースラインを敷いて下さいます。
我々の楽曲にはもうなくてはならない存在かも…しれ…なくもない?
Choパートがアクセントのリフレインでは(Baでやるの結構難しいと思うのですが)Choラインのメロディも織り交ぜながら低音ラインもしっかりと。
あとMCのサポート!
これはもうベース以上に助けて頂いているかもしれない。

(川田さんが喋り終わるのを待つ私と春里さんの図)

川田さんが喋って下さると会場の雰囲気が和やかになります!


Happy Yellowな春里さんとは二回目のステージ。
お願いする曲数が途中ですごく増えたのに「500曲でもw」などと頼もしい限りでした。
Recorickのサポートドラマーのとーるさんも仰ってましたが私の状態をちゃんと見て下さっていて楽曲の解釈もお早い。かつ臨機応変。
我は結構前のめりになりがちなんですが、それをなだめるように安定したビートを刻んでくださいます。同い年なのに黄色いのに私より落ち着いてる!(ディスではありません)
曲間の繋ぎに関しても積極的にご提案下さり…yellowの底知れないパワーを思い知りました!!



ゲストには、




長い付き合いのハルちゃん。
CDをお持ちの方は気づいたかもですが、共作した「陽のあたらない場所(作詞:ハル、作曲:吉埜)」をCDとは違う構成でお届け致しました。
この一年の半分はハルちゃんと音楽してきたようなものだったから「陽のあたらない場所」は絶対に歌いたかった。ハルちゃんの清潔で温かみのある強い歌声が好きです。
物販の補助もありがとう。





背鳥に関しては10月20日と被る曲も結構あったんですがやっぱり今歌いたいものを聴いて頂きたいなと。特に「祈りの両手を救いの片手に」。これは一生歌っていける曲だと改めて思いました。

炎上な場面もありましたが皆様のお蔭様で鎮火にたどり着けました。
燃やすのばかり得意ですみませんよ…あとは任せた(よせ、もう喋るな)
ちょっと泣きそうになった場面もあったのですが光熱費(冬場は高いよね!)の支払いの事を考えて涙を引っ込めました。ジャリジャリの声で上ずったらもう鎮火できないからね。
リスナーさんがたの顔をじっくりみるのはとても危険である。。。


物販では…



やっとこさの再販CD「お色直し」が発売となりました。
ご購入ありがとうございます。
2ndCD「紫紺」より4曲再録しております。
3rdCDまでずっとタイトルが色縛りだったので再販CDは「お色直し」と名づけました。

1・リフレイン(全部再REC、UB追加)
2・デリバリーラブ(全部再REC)
3・プラスチックドリーム(Pf、Voのみ再REC)
4・花軍(Voのみ再REC)



「紫紺」をそのまま再販したくなかったのは、

・歌声が紫紺の時と今とでは違いすぎる事
・ミックスとマスタリングをやり直したかった事

が主な理由です。


デリバリーはとてもいい方向に変わったと思います。
川田さんがとっても頑張ってくださいました。


10月20日との合同特典は、



「祈りの両手を救いの片手に」の弾き語りCD
自分で言うのもアレですが盤面気に入ってます。

どちらのCDも「陽のあたらない場所」と同じく、

Vocal REC:Studio KPPさん
ミックス&マスタリング:植木栄さん

にお願い致しました。

特典CDもちゃんとRECしてミックス&マスタリングしてあります。
お手に取って下さった方々、ありがとうございます。沢山聴いてください!!!



あと12月16日のご来場者様全員特典は、



ポストカード。

表:チラシの絵(白目を剥いた私&「甘い夢に火を放て」のロゴ)を描いてくれたsakikoのボツ画集。左上の「ドドドドド」と右下のサーカスみたいなのは送られてきた時に吹いた。

裏:我とKからのメッセージとサイン。Kの位置のクマはデリバリーの絵で私が着ているクマTの「KURO」ちゃんです。白熊だけどKUROです。

「お色直し」「祈りの両手を救いの片手に」もですがアイホンでデザインしてフォトショで仕上げました。便利な世の中になったなぁぁぁぁぁ!!作るの楽しかった!!!!


sakiko、私の性格まで理解した上でイベントにぴったりなチラシを作ってくれてありがとう!!


ちなみに、チラシの白目部分には…


ダルマの目を入れるように各々でお好きな目を書き入れて頂くのも一つの楽しみ方かもしれません。
(これはリスナーさんのお一人から頂いた写真ですw)










今回も自分から知り合いに「ライブに来て!」とは声をかけはしなかったのですが、自ら来て下さった関係者の方々、

新谷くん、たまさん、とーるさん、吉水先生、黒田さん

ありがとうございました。

今までとってもお世話になった方々ばかりです。
これから少しずつご恩を返して行けたらいいな。







ステージの事をもっと深く綴りたい気持ちはあるのですが…
正直ステージでの事って殆ど覚えていないので、そこでの事は昨日のステージを目撃してくださった皆様に覚えておいて頂ければ幸いです。それが一番だし全てです。
色んな予定やお仕事を休んで私の最初の一歩を見届けて下さり本当にありがとうございました。あなた方に出会えて辿り着けた昨日でした。
あなたの飽きが来る日まで、私が娯楽として機能出来なくなる日まで、昨日点けた火が消える日まで、どうぞこれからも…


よろしくお願い致します!!!









2018年12月16日(日)18時30分~
吉埜由利子1stワンマンライブ「甘い夢に火を放て」 in 赤坂グラフィティ

Pf&Vo&Produce by 吉埜由利子
Bass by 川田達也
Drums by 春里晋平

Guest Gt&Vo by ハル

Words by K
Music by Y

illustration by sakiko
Tole painting by chiko

Special thanks to Visitor&Listener






他者への圧倒的多謝。



吉埜由利子


この写真いつまででも見ていられます。
集合写真を撮ったのもアンコールをいただいたのも人生で初めて(それまでアンコールを嫌がってた)でした。


まず申し上げたい。
本当にありがとうございます。


遡るのは性に合わないのですが遡ります。




おそらくこの日、お客様の一声で企画がスタートしたイベント「陽のあたらない場所」
(多分この日だったような…あれ?違う?私の記憶なんてそんなものです←逃げ)


この時私は絶賛路上ライブ生活中でこの日もリボン結びのサポートピアノとしてハル氏のイベントに参加していました。
この日もハルちゃんは「いいじゃないですか、もう歌っちゃいましょうよ。由利子さんの歌を歌ってください。」とひたすらに優しい言葉をくれていましたがそれを私は頑なに断りました。


それから徐々に色々な事を積み重ねて昨日に至りました。





………。





そんな感じです。





短い遡りでしたが昨日お客様が感じ取ってくれたことがこのイベントの終着点だと思っています。
お客様と演者とスタッフの数だけ終着点が存在するのかなと。



ハルちゃんと組んでイベントを演れた事は代わりの効かないとても大きな財産になりました。
彼女はよく「私は誰かの結び目になりたい」と言っていて、その言葉の通り彼女は色々な人と私を結んでくれました。
そんな彼女の心の清潔さや穏やかな人柄は私が言うまでもなくステージをご覧下さった方々には伝わっていると思います。
あとハルちゃんの動画を見て珍しく相方のK(作詞担当の関西の女性会社員)が「タイプだ」と他人を褒めてました。羨ましい!私褒められた事ない!!笑

お互い今よりもっと未熟な頃に出会っていて、それぞれの道を歩いてまた再会したような…昨日はそんな気分でした。人と意見が衝突しやすい私なのでハルちゃんとじゃないと共同企画なんてできなかったと思う。言いたい事言えて、ハルちゃんも段々と気を使わなくなってくれていって…制作期間中に私がヘマやらかしてもずっと支えて励ましてくれて待ってくれていた。本当にありがとうございます。タイトル「ツーマン」にしなくて良かったと心底思うよ!笑


ハルバンドの一曲目が始まった時にちょっと後ろでノリノリになりながらも泣いてしまいました(←ただの不審者)
あの頃の自分達に観せたいなと。

別に売れてる訳でもないしこの道で食べていけてるわけでもないけど、間違いなくやりたい事をやり通せてやりきれていい人達にも恵まれてこんな幸せな事あるかな?
ハルバンドを観ながらそんな事を噛み締めていました。
仏ブラザーズの皆様も素敵だった!



自分のステージも今迄になく自由な状態(そりゃ多少の緊張はありますがね…川田さんはグレーの服なのに自分にファブリーズをかけ色ムラを増やし「あぁっ!」と言い、私は「何やってんですか!」と言いながら近くにあったハルバンドのカズマさんの伊右衛門を誤飲し「あぁっ!」となるくらいにはお互い緊張しておりました)で演れました。
路上やる前と今とでステージの立ち方が明らかに変わりました。色んな事がすごくよくみえる!
不自由さが全くない。…というのは勿論水道橋Wordsの環境のおかげ様でもあります。

諸々の事情で川田さんとのDuo編成でしたが、それを抜きにしても箱復帰の最初のステージは一番サポートしてきてもらってる川田さんとやりたかった。
あれこれ要望言いすぎて途中で川田さんが死んじゃうんじゃないかと不安にもなりましたが、持ち前のガッツと明るさと優しさとスキルで3人分くらいのお仕事を完遂して下さいました。
本当に本当にありがとうございました。


《吉埜由利子セトリ》

1.非等身大
2.リフレイン
3.真蛇竜を恋う
4.Sun phobia
5.紅掛かる空
6.プラスチックドリーム
7.祈りの両手を救いの片手に
8.見果てる夢


陽のあたらない場所というタイトルにちなんでこのセトリを組みました。太陽と紅掛か(オケ初披露)と祈り(こちらもオケ初披露)を川田さんとの編成でお届けしたのは初めてでした。
太陽と紅掛かなんて弾き語りでもあんまり演ってこなかったから自分でいうのもなんですが、レアだったかと思います。

見果てる夢の時に客席が照らされてお客様の表情が後ろの方まではっきりみえるようになって…それまで我慢してたのに本当に泣きそうになって声が詰まりかけて危なかった。心の中で「スタッフさん!なんて事を!セットリストの照明要望欄にあまり明るくしないでと書いたのに!」と慌てていました。笑
お客様の中には急な仕事が入って途中からだったり、チケット買ったのにご入院で来れなかったり、かなり遠方からこの約2時間を楽しみにいらして下さった方々もいらして…
会場の皆様の御顔を見ながら込み上げるものを押さえ込むのが大変でした。
前から知って下さってる方々も初めて知って下さった方々も本当にありがとうございました。
とても幸せな時間でした。

出ハケ考慮してハルバンド50分・吉埜45分でもともとタイムスケジュール組んでたのに、終わってみればそれが逆転していて…申し訳ない。
何言ってもお客様が笑ってくれるから私も川田さんも調子にのってしまいました…苦笑
でも川田さんいるとMCが楽しいのでそこも非常に助かってます。あの人のあのキャラは(いい意味で)ズルいよぉ〜〜…。


そして歌に夢中でMCで大事な告知をし忘れました。


私…




12/16に1stワンマンやるんです!!!
是非聴きに来てください!!



待ってまああああす!!





*撮影/がちゃさん


コラボステージでは「陽のあたらない場所」を初披露でした。

そしてこちらの新譜も発売!
何気にレコ発イベントでもありました。

1.Sun phobia(ハル氏による吉埜曲カバー)
2.よくある話。(吉埜によるハル曲カバー)
3.陽のあたらない場所(共同制作!新曲!)


作詞がハルたんで作曲が我です。
詞先で制作したのですが作曲に非常に時間がかかってしまいとても申し訳なかった…。


この新譜もイベント同様色んな方々のご協力を経て完成した曲です。



リハ場所▷船橋ミリタリーバー
ミックス&マスタリング▷植木栄
Vocal REC▷七誌(Studio KPP)
ジャケットやグッズ入稿仕上げ▷うるふん
1曲目ギター▷カズマ(仏ブラザーズ)


弾き語りやDuoのシンプルな構成ですがとても良いCDができたと思います!凄く満足!

ちなみにハルと吉埜2人のサイン付きCDは100枚中60枚だけです。吉埜の手元にはそのサイン付verはあと4枚ありますがご入院などでイベントに来れなかった方用(勿論有料ですが)に回したいと思います。


缶バッジはあと7個あります。
自分の顔の缶バッジです…き、き、きちょうですよ。(予想以上にお求め頂けて我は驚いております!ありがとうございます!)



御来場特典のささやかな長方形はポストカードの事でした。何気にKの初サインが入ってます。
配布して下さったカズマさんと川田さんありがとうございました!!


物販の時間が30分と短く全員とご挨拶出来なかったのが悔やまれますが、皆さまお許し頂きありがとうございます。
今回私のお客様でも私のライブを初めて観にいらっしゃる方々が8割くらいだったのでもっとお話ししたかったです…まだお顔とお名前が一致出来てない方が数名居ます…路上みたいに時間とれなくて本当にごめんなさい。でもステージを楽しんで頂けたならそれが何よりですし一番の幸いです。


あと開場の際に整列のお手伝いをして下さったり素晴らしい環境を提供して下さった水道橋Wordsスタッフさんの丁寧で誠実なご対応にもとても感謝しております。
私本当に算数が苦手なので終了後もとてもお時間頂いてしまい申し訳無かったです。


なんだかんだで振り返りまくりだし謝罪ばっかなレポになってしまいましたが、企画を決めてから昨日まで本当に一瞬でした。
終わった後にハルちゃんと2人で「こんな一瞬で終わるものなのか?!」とひたすら驚いていました。

待ってて下さったリスナーさん
新しいリスナーさん

聴いて頂けてとても幸せです。
一緒にイベントを作り上げて下さりありがとうございました。



ありがとうを言い始めたらきりがないのですが…






ありがとうございました!!


陽のあたらない場所を経て今度は燃えに行きます。



ワンマン観に来てください!(うるさい)








おわりんこ