毎年この時期90歳近くなった、

叔父叔母のようすを見に、

大阪まで出かけている。

今年取れた米や餅米、

さつま芋、叔父さんの好きな鶴首カボチャ、

前日掘った里芋、

お餅、ジャム、干し柿、栗の渋皮煮など、

車に積み込んで叔父さんの家に行った。

 

 

叔父さんは元気で過ごしていて、

体調の良くない叔母さんの世話をしていて、

今年も変わりなく安心した。

長時間居ると負担になるので、

毎回1時間ほどで、

兵庫の友達のところに行くと、

叔父さんの家を後にする。

 

 

お昼は新名神のサービスエリア

 

雨の平日なのにサービスエリアは、

車でいっぱい駐車スペススはあまりなかった。

 

 

加古川まで移動して、

神戸の工場に通っていたときの、

6歳年上の先輩の家にお邪魔した。

品質管理の仕事で、

化学分析を一緒にした仲間、

早朝から家の回りを散歩して、

毎日フェースブックに投稿、

元気に活躍している。

元気なことを確認して、

夕方明石大橋を渡り、

淡路を通って徳島に帰ってきた。

 

 

 

鳴門海峡は風が強く、

風に吹かれて車が大揺れ、

通行車両が少ないので、

安心して走行できた。

 

 

鳴門海峡は大荒れ、

白波を立てて流れていて、

船は一隻も見当たらなかった。

 

 

 

 

夜は何時もの魚大将で、

広島の牡蠣を使った、

牡蠣フライ定食を食べた。

今年も叔父さんと夫婦と先輩、

元気な事を確認できた。ニコニコ拍手