生駒山上遊園地 PLAY PEAK ITADAKI にて水遊び、と近鉄奈良駅に新たな授乳室が! | よしのやの日常。3人暮らしの日々。

よしのやの日常。3人暮らしの日々。

2012年に結婚し、夫と長男との3人暮らし。
有益な情報発信はなく、妊活、片付け、子育てなどを ただぼやくだけのブログ。

顕微授精で妊娠することができました。
出産予定日を13日も超過し、2018年1月に長男が誕生しました。

こんばんは、よしのです。


本日も夫が出張の為、夜ご飯の準備をしなくていいという、いわゆる「サボりDay」だった今日。(最近こんなんばっかりで、ゆる〜い毎日を送っています。)



ボーネルンドがプロデュースする、生駒山上遊園地 PLAY PEAK ITADAKI に行ってきました。







こちらがITADAKIの建屋です。


猛暑が続く毎日で、お外遊びは無理があるなと。(ITADAKIもお外遊びなんですがね。そこはスルーで。なにせ水遊びなので。)




室内遊びと言えば、なんばパークスのコドモニアや、グランフロントのキドキド、天王寺や大阪城公園のプレイヴィルなど、

どれも室内で遊べるけれど、夏休みやし混んでそうやなと。


ATCあそびマーレや、東大阪にあるドリーム21、奈良健康ランドのはしゃきっズ、伏見のピュアキッズランドはこの間行ったところやなと。(結構遊びに連れ出してるのね、私。)


そして、どこもビミョーに交通費や使用料が掛かるなーなんて。(ケチくさくてすみません。)


そこで、思いついたのが生駒山上遊園地 に今年の7月にできたPLAY PEAK ITADAKI 。(プレオープンで15名も負傷者を出すという曰く付きですが……。)



ここなら、電車・ケーブル運賃合わせては片道660円。



そして、なんと、なんと、なななんと。(言い方が古い。)


入場料がたったの300円で、終日(10:00〜17:00)遊べるという、専業主婦に優しい金額。(子どもは2歳から入場料1,500円がかかります。息子は1歳なので無料でした。)




あ。

でも、本来は、保護者料金500円です。





と言いますのも、先述の曰く付きの為、


いくつかの遊具が使用禁止となっており(そりゃそーだ。)、その分、本来なら保護者は平日500円のところ、300円で入場できました。


しかも、次回300円引きになる割引券ももらえました。(めっちゃお得やーーーん。)




という、お財布に優しいITADAKIだったので、行ってみました。(内心、曰く付きなので敬遠していたのですが、もともと大型遊具では遊べる年齢ではないですし、水遊びくらいならいいかなと……。というか、盆地の奈良は暑すぎて、水遊びさせてあげたくてウズウズ!)




夏休み中ですが、大型遊具の使用ができない為、小学生以上のお子様の来場が殆ど無く、空いていました。



オープンの10時に合わせて行き、着いて早々に水遊び用パンツに着替えさせて遊びました。




入り口すぐの所にある噴水。




スロープを降りて、アドベンチャー・レイクエリアへ。




探検船がありました。




探検船の周りには、めっちゃ小さな噴水など。




ご覧の通り、めちゃめちゃ水深は浅いです。





なので、1歳半の息子でも遊ばせることができました。




滝の奥には、50cmほどの高さの噴水が。(このエリアでは、これが1番大きな噴水でした。)水深は相変わらず浅いですよ。大人のくるぶし程です。





プール?池?周りにあるウッドデッキには!ボーネルンドのおもちゃが!(これ以外にも、バケツやジョウロ、ウレタンブロックなどが沢山ありました。)





三輪車で1周回れるようにもなっていました。スタッフさんが一緒に遊んでくれてました。(暇やからかな?ひどい。)(息子は乗れないので、引っ張ったり押したりして遊んでました。)





各所に、自販機があり、飲み物はもちろん、セブンティーンのアイス自販機がありました。(これは嬉しい。価格は割高でしたけどね。500mlペットボトル飲料は200円です。)まぁ、山の上なので仕方ないです。




息子はお昼寝1時間を挟んで、次は室内遊びです。(お昼ご飯食べてくれずでした……。)




マウンテン・ハットAです。





ボールが転がっていく様が大好きな息子は、飽きずにずーっと転がし続けてました。





なんという名称か存じないのですが、このブロックも沢山ありました。
(息子は、難波の高島屋でこのブロックと出会っているので、壁にもくっつくものだと思っていたようです。)違うからーーー!!!!




飛行機や、消防車など、たくさんの車などもありました。





こちらは、マウンテン・ハットAから撮影した、アドベンチャー・レイクです。(ひとつのエリアで、この広さです。)





本日の息子は、アドベンチャー・レイクと、マウンテン・ハットAのみで、力尽きてしまいました。



他にも沢山エリアがあり、なんなら、ITADAKIは生駒山上遊園地内にあるのですから、丸一日遊べるスポットです。



息子が1歳で入場料が発生しないうちに、沢山行っておこうと思います。(大型遊具では遊べない年頃ですからね。)






ただ、ベビーカーに子どもを乗せてケーブルカーを利用する際は、当たり前ですがバリアフリーではないので、そこのところを心づもりなさってください。(ま、ホーム間での移動の時だけですけどね。)


お車があるなら、運転免許をお持ちなら、ぜひお車で行ったらいいと思います!

その方がかなり楽です!!!!

ただし、生駒スカイラインの金額720円と、駐車場代金1,200円(た…たぶん。)が発生しちゃいます。



山の上なんやし、あれだけ土地が余ってるんやから、駐車場代くらい無料でええやーーーん!って、思ってしまうのは、私だけやないはず。






それから。

お昼ご飯ですが、生駒山上遊園地のレストランでも食べられますが、まぁ至って普通のメニューです。(HPご参照ください。)リンクも貼らずにすみません。




なので、自分が美味しいと思う食料を持参するのが一番美味しいと思います。

で、ITADAKI内で食べるのなら、是非レジャーシートをご持参下さい。

ベンチもありますが、大多数が炎天下です。(建屋内での食事は不可。)



生駒山上遊園地で食べるのであれば、キッズドライブと同じ建屋にある、フリースペースで食べるのがオススメです。

冷暖房管理で過ごしやすいです。(確か昨年も、ここで長時間休憩してた気がします。授乳室もありますしね。)





そうそう。
授乳室ですが、


近鉄奈良駅に、試験期間で授乳室が設置されました。

写真は撮りそびれたのですが、改札入ってすぐの所に1室だけありました。

今日、息子のオムツ交換で使用してみましたが、空調も効いていて過ごしやすかったです。(オムツゴミは各自持ち帰りです。)

基本は授乳室という感じなので、オムツ交換のスペースとしては狭小でした。


でも、液晶画面が設置されていて、なんだか近代的な雰囲気を醸し出していました。(ま、使用してませんがね。清潔な場でオムツ交換ができりゃあ、それでいいんです。)


そして、ベビーカーごと入室することはできないので、それは いかがなもんかなーという感想を抱きました。(私はベビーカー盗難が不安だったので、お部屋の扉は閉めず、半開きでオムツ交換しました。)



ふぅ。
長々のすみません。

奈良県民(木津川市、もしくは、東大阪市在住の)1歳児をお連れの方は、ITADAKIに行くのもアリですよ、という日記でした。


ほんとオススメ!