弁護士吉成安友のブログ

弁護士吉成安友のブログ

荒川区西日暮里に事務所を構える弁護士。
大分県豊後高田市の若宮八幡神社の宮司を900年務める家に生まれ,神職資格を持つ。
Rockな魂と仕事への情熱であらゆる分野で最強を目指し日々研鑽しています!


テーマ:
 来週は,月曜が祝日ですが,研修受講のため,火,水も事務所におりません。

 ご迷惑をおかけしますが,ご容赦頂ければと思います。

 さて,昨日は,一月遅れで,誕生祝いをして頂きました。

 六本木瀬里奈!

 今回はコースでした。



 土瓶蒸し!



 あと,色々!(笑)




 





 メインはステーキ!



 先日,テレビで,某タレントさんが名前をせりなと間違えられたとき,「それ,しゃぶしゃぶ屋さんやん」と突っ込んでいましたが,私は多分ここでしゃぶしゃぶは食べたことない気がします。

 選択の際,しゃぶしゃぶは自分で作業をしないといけないけど,ステーキはやってくれるという意見が出ましたが,まさに言い得て妙!(笑)

 締め(食事)は,例によってガーリックライス!



 そんなわけで(?),来週も頑張ります!



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングでの「弁護士吉成のブログ」の順位のチェックはこちら!!

人気ブログランキングへ

↑↑↑こちらも!!


吉成安友著「くたびれない離婚」ワニブックスより好評発売中!


法律問題、企業顧問なら、MYパートナーズ法律事務所にお任せ下さい!!↓↓↓
MYパートナーズ法律事務所HP

弁護士吉成安友の企業法務ブログ
弁護士吉成安友の離婚ブログ

テーマ:
 もしかしたらご覧になった方もいるかもしれませんが,昨日,テレ朝で夕方にやっている「スーパーJチャンネル」という番組で,私のコメントが写真付きで放送されました。

 某区議が自分の銀行のカードを送ったところ,振り込め詐欺グループに使われてしまったという事件のからみで,一般論として,通帳やカードを人に譲ったような場合に罪に問われるのかという話。

 細かいと伝わりづらいということで,ざっくり,犯罪に使われると知らなかったとしても,通帳やカードを渡せば罪に問われる(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)可能性があるというようなコメントになりました。

 これ細かくいうと,無償の場合と有償の場合でちょっと変わってきます。

 まず,無償の場合は,犯罪による収益の移転防止に関する法律28条2項前段に次のように規定されています。
 

相手方に前項前段の目的があることの情を知って、その者に預貯金通帳等を譲り渡し、交付し、又は提供した者も、同項と同様(*1年以下の懲役または100万円以下の罰金)とする。

ここでの前項前段の目的というのは,



他人になりすまして特定事業者との間における預貯金契約に係る役務の提供を受けること又はこれを第三者にさせることを目的として

というものです。

 要は,通帳を渡した相手が,その口座を使うあるいは第三者に使わせる目的であることを知って,渡しちゃった場合は,罪に問われるということです。

 一方,有償の場合は,後段で次のように規定さています。

通常の商取引又は金融取引として行われるものであることその他の正当な理由がないのに、有償で、預貯金通帳等を譲り渡し、交付し、又は提供した者も、同様とする。

 相手からお金をもらうなどして渡した場合,相手の目的とかを知っていたか知らないかは関係なくて,通常の商取引といえるような場合など正当な理由がない限り,罪に問われるということになります。

 有償で他人に通帳やカードを渡すのに正当な理由がある場合なんてそんなないと思うので,有償の場合は大体罪に問われうるということになってくるかと思います。

 ちなみに,詐欺に使われることを認識していたような場合は,詐欺罪の幇助犯になる可能性もあります。

 さらに,一番重いケースとしては,他人に使わせるために,口座を開設したような場合で,これはその行為自体が銀行に対する詐欺になります。

 いずれにしても,通帳やカードはくれぐれも安易に他人に渡さないようにしましょう。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングでの「弁護士吉成のブログ」の順位のチェックはこちら!!

人気ブログランキングへ

↑↑↑こちらも!!


吉成安友著「くたびれない離婚」ワニブックスより好評発売中!


法律問題、企業顧問なら、MYパートナーズ法律事務所にお任せ下さい!!↓↓↓
MYパートナーズ法律事務所HP

弁護士吉成安友の企業法務ブログ
弁護士吉成安友の離婚ブログ

テーマ:
 これまで,何度か,子供を勘当したいという相談を受けたことがあります。

 ほんと馬鹿息子で愛想も尽きたから,勘当したいんですが・・・と。

 残念ながら,現在は,勘当という制度はありません。

 ただ,養子縁組をした親子の場合は,離縁という制度があります。

 離縁をした場合,子は,原則として,縁組み前の名字に戻ります。

 ただ,縁組していた期間が長期に亘り,ずっと養親の名字で生活していたから今さら戻すのは困る・・・という場合もあります。

 ここで,離婚において,3ヶ月以内に届け出れば,婚姻中の名字を使える制度があることは割と知られているかと思います。

 実は,離縁の場合にも,同様の制度があります。

 ただし,離縁の場合には,養子縁組から7年が経過していることが必要となります。

 養子縁組から7年が経過してから離縁する場合に,3ヶ月以内に届出をすれば,縁組中の名字を使えるわけです。



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングでの「弁護士吉成のブログ」の順位のチェックはこちら!!

人気ブログランキングへ

↑↑↑こちらも!!


吉成安友著「くたびれない離婚」ワニブックスより好評発売中!


法律問題、企業顧問なら、MYパートナーズ法律事務所にお任せ下さい!!↓↓↓
MYパートナーズ法律事務所HP

弁護士吉成安友の企業法務ブログ
弁護士吉成安友の離婚ブログ
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス