鍼灸とアレルギー性鼻炎

テーマ:

今回は代表的な現代病のアレルギー性鼻炎についてとりあげます





まず、アレルギー性鼻炎についておさらいをしていきます




ハウスダストや花粉などのアレルギーの原因物質が粘膜に付着し

これをうけた免疫細胞の反応がアレルギー症状としてでてきます



なかでもIgE抗体とよばれる物質が鼻粘膜に作用し

くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった症状をひきおこします





こうしたアレルギー反応がくりかえしおこると


鼻粘膜は刺激に対して過敏になり

進行すると粘膜が分厚くなり、元の厚さにもどらなくなります






アレルギー性鼻炎への鍼灸治療の研究は世界中でおこなわれています

今回、その中から2つとりあげたいと思います





1つ目はオーストラリアの研究です₍1₎

研究の質が高いと評価されており、信頼性が高いと思われます






通年性のアレルギー性鼻炎80名をランダムに

偽物の鍼と本物の鍼にふりわけ

週に2回・8週間の治療を続けました




治療内容は、

体質に合わせて手・足・おなかのいずれかのツボに加え

鼻の横・眉間・首のうしろのツボを組み合わせて鍼をし

25分間の時間をおいたものです





そして、8週間の治療終了直後と

治療終了から12週間たってからの鼻炎の状態から

治療効果を調べました






その結果は、


鼻炎の症状は治療終了直後、偽物の鍼と比べ

あきらかな症状の改善がみられたそうです



さらに12週間後も、治療開始前と比べ

症状は改善されており、効果が持続されていたようです





2つ目のドイツでは₍2₎


5000人規模の研究がおこなわれました

鍼治療を受けた方と受けない方を比較したものです

この研究結果でも治療終了直後と治療終了3か月後とも

鍼治療をうけた方に鼻炎症状の改善が認められたそうです








では、なぜ鍼灸治療が効果があるのか?



鍼刺激が鼻粘膜の過敏な反応をおさえてくれることが

あきらかにされています₍3₎





そして、免疫細胞同士でもバランスというものがあります

初めにおさらいしましたIgE抗体をだす細胞と

その細胞の働きをおさえる免疫細胞が存在します


鍼灸治療はこれら免疫細胞同士のバランスを

調節する働きを助ける効果があるという

可能性が示されています₍4₎






以上から



鍼灸治療はアレルギーをおこす

免疫細胞のバランスを整え



アレルギーによって過敏になった

鼻粘膜を鎮めてくれる



といった作用があると考えられます







研究対象は通年性のアレルギー性鼻炎でしたが

その内容から、季節性の鼻炎にも

効果が期待できると思われます




季節性の方は、本格的なシーズンが来る前に

治療を始めると効果的かと思われます




鼻炎にわずらわされず快適に過ごせるように

生活習慣とあわせてがんばりましょう!








参考文献



₍1₎CCL Xue, X An, TP Cheung, C Da Costa…:Acupuncture for persistent allergic rhinitis: a randomised,  

  sham-controlled trial - Medical Journal of …, 2007 - mjainsight.com.au

  

₍2₎ B Brinkhaus, CM Witt, S Jena, B Liecker…:Acupuncture in patients with allergic rhinitis: a

  pragmatic randomized trial - Annals of Allergy, …, 2008 - Elsevier


₍3₎ 安藤文紀, 他:頸部交感神経幹近傍刺鍼に関する研究、  頭頸部自律神経 6():63-66, 1992.


₍4₎栗林恒一・他:鍼と免疫、全日本鍼灸学会雑誌、2005;55(22):114-122.