鍼灸と不妊症

テーマ:

当院では不妊症の治療をおこなうにあたって、産婦人科の治療と

並行しておこなうことが望ましいと考えています。


“不妊症の原因が何によるのか?”ということが

とても大切だからです。


不妊症は一般不妊検査で器質性不妊と機能性不妊の

2つに分類されます。


器質性不妊とは、炎症や手術などの癒着などによって

卵管の動きが悪くなってしまうなどの構造的・形状的な

原因がある状態をいいます。


機能性不妊とは、検査では特定の原因がなく

妊娠に至らない状態をいいます。

考えられる理由としては


・子宮への血流量が少ない


・子宮内膜が薄い


・ストレス


などが挙げられます。


鍼灸治療ではこうした機能性不妊に対して効果が期待できます 


その理由は次回に