鍼灸治療とリラックス

テーマ:

“鍼灸”と聞くと鍼灸治療を受けられたことのない方は

この言葉とリラックスとは結びつきにくいと思いますが

鍼灸治療は心地のよいものです。


鍼灸治療を受けた際、脳にどのような変化がおこるのか調べた研究によると


心地よい鍼刺激を受けることで

大脳皮質全体からα帯域(α波)が現れます。

この波形は十分にリラックスした時にみられる脳の波形です。(1


さらに鍼刺激を加えることで

セロトニンの分泌量が増加するという

報告もされています(2


このセロトニンという物質はストレスの緩和や

気持ちを落ち着かせる効果があり

セロトニンの量が不足すると、抑うつ状態に

落ち込んでしまうとされています。


鍼灸治療を受けると「身体が軽くなった!」、「スッキリした!」といった

声が聞かれるのは、こうした鍼灸治療の作用によるものと考えられます。



参考文献


1)矢野 忠ら:鍼通電、TENS によるEEG トポグラムの変化、明治鍼灸医学 創刊号;1985:55-64.

2)Yoshimoto k et al:Acupuncture stimulates the release of serotonin, but not dopamine,
in the rat nucleus accumbens. Tohoku J Exp Med,2006:208:321-326.