第5戦の後、ブログ更新していませんでしたねスミマセン真顔

第5戦は端にも棒にも(橋にも?箸にも?日本語難しい滝汗)掛からず悲惨なレースでした。
もう忘れた!もやもや


第6戦鈴鹿はフリー走行で何やっても全然ダメだったので大幅にセットアップを変更しました。

セットアップも良くなったし、タイヤとコンディションが上手くマッチングしたことでプラクティスよりも2秒以上タイムを上げることができ、吉本が担当したQ1はBグループ4位。
Q2で駿佑も好タイムをマークするも他がもっとタイムを上げたこともあり13番手。今シーズンベストグリッドです。

フリー走行の時からは考えられないリザルトでした。

たかがQ1突破しただけでお祭り騒ぎ。喜びつつもなんだか寂しいですよねそんなんえーん

めちゃくちゃ天候に恵まれた第6戦。1周にわたって観客席やコースサイドには沢山のお客さんが戻ってきてくれていました。当たり前だった光景が暫くなかったから改めてありがたく感じましたビックリマークありがとう!!お帰りなさい!アップ

スタートは吉本が担当しました。ウォームアップが良いので1周目は出来るだけ多くを抜きたいと思っていました。結果3台をパス。

その後最初の5周位は悪くなかったのですが、徐々にタイヤがキツくなり10周目辺りになるとゲロ遅ペースに…チーン

遅すぎたせいで後ろから何度もプッシングされたり、接触で芝生に追いやられたりで身も心もズタボロです笑い泣き
これ↑芝生が髭みたいになって可愛らしいとかも言ってられない状態ね叫び

ラジエターに風が当たらないから水温が上がってしまいオーバーヒートしてましたハッ
が、ミニマムストップまではなんとか引っ張らないといけない注意
エンジンはなんとかそのミニマムストップまでもってくれました。

が、この芝生はブレーキダクトにも入り込んでいて、走っている時は大丈夫でしたが、ピットで止まった瞬間両方のブレーキの高温で燃えました。

鈴鹿のグラベル、焚火するときの種火にめちゃえぇ芝生してるやんニヤニヤ

メカさんらのミス&ロスの無い作業でタイムロスなく駿佑に交代。その後のSCのタイミングもあってポジションも戻して辛うじてシングルを走行していました。

前半スティントをミニマムで終えた為、しゅんきゅんの後半スティントはロングドライブ。タイヤは固い方を選んでいきましたが、後半スティントも症状は同じで最後の数周で完全に朽ち果てるました。
終盤無線から聞こえてくるしゅんきゅんの泣き出しそうなトーンの声は夢に出てくるのではないかと思うほど耳に残りますイヒ

予選での感触と決勝の最初の数周だけ一瞬兆しが見えたんですが、今回も残念ながらまともにレースが出来ませんでした。

依然辛い状況は続きますが、今は底だと思うんで前に進むしかありません。

第7戦、そして最終戦とすぐに訪れます。あっという間に過ぎ去る今シーズンですが、残りのその1周、1周を無駄にしないよう、熱い気持ちを切らさないよう、どんな時も全力で進みますメラメラ

今回も沢山の応援をありがとうございましたお願い


かかっていこや