皆さんご存知リタイヤでしたが軽くご報告…



の前に、HYが コーチ? エンジニア? 監督? イジり役?
をしているOTG MotorsportsなFIA F4三人衆な話から。

水曜から走行しタイラウンド以外は毎度長い長い長ぁ〜いレースウィークガーン こんなアホみたいに練習できる環境… 俺の頃にはなかったなぁ(笑)

環優光(たまきゆうこう)

庄司雄磨(しょうじゆうま)

菅波冬悟(すがなみとうご)

今回は冬悟がやっとトップ集団で走ってくれました。もともと決勝ではトップに近いタイムは出せていたので課題だった予選で前にいれたことが大きかったですね。まだツメの甘い部分はあるもののワークス勢に割って入り非常に面白いレース運びが作れていたので結果はついてきませんでしたが今後に向けて期待が持てるレースとなりました。


一方ではまっている優光と

雄磨ゲロー

毎セッション課題に対して少しづつ良くはなっているものの進歩のスピードが遅い。シーズン終わってしまうで。もともとのセンスがあるだけに何かキッカケさえあれば化けると信じているので次、元気の良い走りで早々に化けてもらいたいものですお願い

今年のGTの相方はまだギリ18歳。F4三人衆含めなんだかサーキットではもの凄くヤング達に囲まれています笑い泣き

雄磨は毎度自分のレース後、GTのメカサポートで残り、他の二人も勉強の為残り、昨夜は仲良く一緒に泊まっていたそうで…

なんや夜分に気持ち悪い動画が沢山送られてきたのでその断片的をここへ落としときますガーン

真顔

仲えぇのは分かったからはよ3人で表彰台独占してくれあせるあせるあせる(笑)



本題のSuper GT 富士500マイル

フリー走行ではなかりの重さを感じました… BoPで前回より25kg重くなっていることと、ポイントを重ねた分のウエイトハンデで結構な重量級になってきたRCF GT3子ちゃん。

そして何故かバランスが非常に悪く、セットにも頭を抱えました。

それでもなんとかQ1を突破するべく莉朋がアタックを試みましたがアタック2周目でセンサー系のトラブルからABSが機能しなくなりタイヤをロック。そのまま予選を終えました。23位やったかな?

結果的に周りのタイムからしてアタックできていたとしてもQ1突破は難しかったでしょうしこれが決勝で起こらなくて良かったと捉え、翌日の決勝戦略を練りました。

クッソ暑い中、沢山のお客さんにはピットウォークにも並んで頂きました。皆さん体調は大丈夫でしたかはてなマーク

そして決勝。@お馴染み後方グリッドもぉ嫌えーん

スタートは莉朋。

4回のピットストップ&ドライバー交代(5スティント)が義務付けされている今レース。

スタートは予選で使ったタイヤでしなければならないのですが、予選でのトラブルでフラットスポットが出来てしまっていたことと渋滞の無いフリースペースで走る戦略を実行すべくスタートから1周目でピットIN で莉朋→HY

フリースペースでは走れたものの期待していたバラスには出来ておらず、酷いオーバーステアに悩まされながら何とか耐え、労わりながらファーストスティントを熟していましたが…

突然ブレーキが抜けてしまいましたあせる

ヤバいビックリマークビックリマーク

まっすぐ突っ込むことだけは避けたかったんですがリアブレーキが少しだけ効いてくれたおかげでなんとかスピン状態に持ち込むことができたので減速出来たことと、サーキットの安全なランオフ&グラベルと、前に他車がいなかったことに助けられマシンを大破させることなくストップできて良かったです。これがあのコーナーで起こってたなら… と色々なコースの色々なコーナーを想像すると恐ろしいですガーン

順調にいってれば十分シングルに入れていた戦略だった中今回のノーポイントは正直かなりの痛手です。

ブレーキが抜けた原因は昨晩報告で聞いたし次からは確実に対策されるので次戦以降利子つきでしっかり貯金取り返しますグー

しかし前日の立川さんと道上さんのクラッシュの事もあったしほんまブッチギリ肝冷やしたわしかし…アセアセあせる


なんしかビックリ暑い長帳場なレース(俺らは短かったけどチーン)応援くださった皆様ありがとうございましたお願い


かかってこいや!