ドッグトレーニングにおいて「慣らす」というトレーニングは存在しません。

 

怖いもの

嫌いなもの

過剰に反応してしまうもの

 

平気になるまで徐々に慣らしていきましょう・・・なんて言っている人がいたら、あなたの嫌いな食べ物は何ですか?と聞いて、毎日それを差し入れてあげてくださいねウインク

 

image

 

私は牡蛎が嫌いです。食べようとするとおえっ~ってなって咀嚼できないのです。慣れると大丈夫、練習しておきましょうって毎日食べさせられたら、生きているのが辛くなってしまうかも滝汗

 

どうしても私に牡蛎を食べさせたいのなら、食べさせる必要があるのなら、私がめちゃくちゃ喜ぶ美味しい牡蛎料理を持ってきてくださいよ。

 

慣れさせるという行為は、苦痛にたいして無反応にさせるという事。そこには多大な忍耐が強いられ、結果、危険(不快)を回避できない無防備な個体を作り出してしまう。

 

誤ったトレーニングを受けて従順に見える犬は沢山います。

魂抜けてしまって、みすぼらしく、活気もない。それは「しっかりトレーニングされている」とは言いません。

ドッグトレーナは、結果だけを追い求めるだけでなく、学習のシステムをしっかり理解している人を選びたいものです。

 

 

 

いつもご愛読ありがとうございます。
訪問の印にポチッ下矢印とお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

 

美味しいワインをお探しならオ・ヌワージュで!

 

お好きな色で注文できるハーネスリード製作しています

 

 


ジャック・ラッセル・テリアランキング