昨日は、根本的な考え方をひっくり返すセミナーを聞いて来ました。
 
長年犬を飼って来て、これまで一度もトレーナーのお世話になった事もないし、犬の飼育は全くの我流です。
 
でもね、私にしたら、子育ても犬の飼育もさほど変わりない、いえ、全く同じなんです。
 
いつだって、子供の側に立つ、犬の気持ちになる。
出来るだけ沢山選択肢を作ってあげる。
そして選ぶ判断力を養う。・・・ここは犬はどうなのかな?犬も選んで判断して生きてると思うけど。
何よりも大切なのは、持っているものを見つけて伸ばしてあげる。
 
強要はしない、楽しんでるかどうかが判断基準。
 
 
 
人間と犬をごっちゃにしたままで今までなんとなくやって来ましたが、人間と犬が根本的に違う点があるのをうやむやにして来たのは否めません。
 
 

 

セミナーでは、行動変化の仕組みを捉え、正の強化による楽しみながらの学習方法を的確に解説していただきました。

 

これによって、ふぐや蝶までも学習させてしまえると知り、驚愕しています。

素晴らしい!

 

学んだ事を即実践できるわけではありません。

これから沢山の試行錯誤を繰り返すしていくことになりそうです。

 

しっかり頭に留めておかなくてはいけない事

失敗は情報である事。粗相をしたり、威嚇したり、いたずらをしたりは「問題行動」ではなく、何が問題であるかを紐解く「情報」なのです。

 

そう考えると、シャーロットは私に沢山の情報を提示してくれている。

それをどう解釈するかは、私の力量にかかっている。

 

 

今日も見事なヘソ天ガールのシャーロット。

 

 
 
 
 
もう一つ、別の角度から。どの方向から見ても見事です(笑)

 

 
限りない可能性を秘めているこの小さな生き物に関われる幸せをひしひし感じます。